TOP > 競走馬 > 「ホウオウパフューム」順調に成長!脚質も東京向き【フローラS】
競走馬

「ホウオウパフューム」順調に成長!脚質も東京向き【フローラS】

強烈な末脚が武器のホウオウパフュームがフローラSに出走する。セレクトセールでは5200万円で取引されたハーツクライ産駒は、デビュー2戦目で初勝利を挙げると、前走の寒竹賞では道中最後方から大外一気のごぼう抜きを見せる快勝。一躍、クラシック有力候補に躍り出た。ゆったりとしたローテーションからオークスを目指す。そんなホウオウパフュームについてまとめてみた。
ホウオウパフューム

【新馬】しぶとい末脚を見せ3着

スタートは今ひとつだったが、気合をつけて5番手でレースを進める。直線に入るとしぶとく伸びを見せ、一度は先頭に躍り出たものの、ランガディアに内を突かれてかわされ3着でゴールした。
動画を見る
inyofu 3着 ホウオウパフューム(田辺裕信騎手) 「思ったような競馬は出来ました。ただ、勝ち馬がスムーズだったらもっと差がついていたと思います」

【未勝利】一瞬の反応鋭く初勝利!

大外15番枠からまずまずのスタートを切ると、中団につけて末脚を溜める。そして楽な手応えで直線を迎え、残り300mで追い出すと外から一気に突き抜け初勝利を挙げた。
動画を見る

【寒竹賞】目の覚める末脚で快勝!

5番枠からゆっくりスタートを切り、後ろから2頭目に控える。3コーナー手前で馬群が凝縮し最後方まで位置を下げたものの、最後の直線で大外に持ち出すと、上がり3ハロン34秒5の末脚で一気に突き抜け、アーザムブルーに2馬身差をつけ快勝した。
動画を見る
inyofu 1着 ホウオウパフューム(田辺裕信騎手) 「まだ成長段階の馬なので、あまりバチバチやらずに勝てたのは良かったと思います。余裕残しの状態で勝てて次につながるでしょう。素質は凄いものがある馬です」
inyofu (奥村武調教師) 「強い競馬で内容も良かったです。やはり夏の後、一息入れたのが良かったのでしょう。まだまだという感じなので伸びしろはあります。距離はもっとあってもいい馬です。桜花賞はあまり考えず、オークスを目標にしたいと思っています」

【フローラS】直前情報!調子上向くも師は冷静

inyofu ウッドチップコースで田辺騎手が騎乗し、僚馬を追走。直線で内に入り、最後は併入した。奥村武調教師は「先週しっかりやっているので、息を整える程度。ジョッキーは『息は良くなっている』と言っていた。十分過ぎるほどやっているので、体はできている」と納得の表情を見せた。
inyofu 今回は初めての重賞挑戦となるが「勝ちたいに決まっているけれど、まずは(オークス出走の)権利を取れれば」と冷静に意気込んだ。

フローラSの傾向!前走人気で勝利した馬に注目

inyofu さらに、“JRAの芝1600~2000m、かつ単勝1番人気だったレース”において優勝経験があった馬も、3着内率が34.0%に達している。まずは、「500万下から上のクラス」もしくは「単勝1番人気」という条件を満たした上で芝1600~2000mのレースを勝ったことがある馬に注目してみよう。

この馬を管理する奥村武調教師は3歳牝馬ライジングリーズンも管理しているが、調教助手時代に3冠馬アパパネを担当していた経験を持つ。この世代はハーツクライ産駒も好調で、ホウオウパフュームもこの流れに続けるか注目だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line