TOP > 競走馬 > 【POG】須貝厩舎2歳馬まとめ
競走馬

【POG】須貝厩舎2歳馬まとめ

2009年開業し、ゴールドシップを皮切りにローブティサージュ、ジャスタウェイ、レッドリヴェールなどのGI馬を輩出し、早期に結果を出してきた須貝尚介厩舎。今年も活躍馬を送り出すか!?
競走馬

ジャスタウェイに続くハーツクライ産駒!

今勢いのあるハーツクライ産駒が厩舎に4頭。
その中でも小倉大賞典を勝っているラストインパクトの半弟であるスペリオルラスターの評価が良い。

スペリオルラスターの血統データ

黄金配合再び!

レッドメアラスは父ステイゴールド、母父メジロマックイーンのゴールドシップと同じ黄金配合。
当然評価も良い。
inyofu 須貝厩舎のレッドメアラス(牝、父ステイゴールド、母セイランクイーン)。こちらは栗東近くにいる頃から、須貝調教師が「いいわ~」と笑顔を浮かべていたんですよね。そしてお母さんの父はメジロマックイーン。ステイ×母父マックイーンのいわゆる黄金配合ってヤツですよね。また、取材しておきますよ。

早期デビューの評判馬、エクシードリミッツ

外国産馬で、早期デビューからポイント加算が狙えそうな馬である。
inyofu そうそう、須貝厩舎っていえば、函館でデビュー予定のエクシードリミッツ(牝、父Exceed And Excel、母Welsh Diva)はホントに厩舎でも評判が高いですよ。

今年も開幕星!?ディープインパクト産駒のスマートアロー

去年新馬の開幕戦をレッドリヴェールで制した須貝尚介厩舎。 今年も開幕戦を勝ってそのままGIを制するか!?
inyofu 5月28日の1週前追い切りでは併走馬に半馬身遅れたが、軽快なフットワークで駆け上がった。1か月前から時計を出し始め、4週連続で併せ馬を行うなど実に意欲的な調整だ。「順調に乗り込んでいるし、素直で乗りやすい。調教量が豊富だし、初戦から楽しみ」と橋本助手。まずは開幕星を決めて、出世の足掛かりにしたい。

騎手の時代はあまり活躍出来なかった須貝尚介調教師だが、厩舎を開業するとゴールドシップを皮切りにここまで4頭のGI馬を送り出してきた。 現在もジャスタウェイやゴールドシップ、レッドリヴェールといったエース級の馬は存在するが、次世代のエースがまた生まれてきてもおかしくはないだろう。 近年勢いのある厩舎だけにPOGで1頭指名しても損はないだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line