TOP > 予想/馬券 > 前走3番人気以内が9勝中!?【第52回フローラステークス】予想まとめ
予想/馬券

前走3番人気以内が9勝中!?【第52回フローラステークス】予想まとめ

2017年4月23日(日)東京競馬場で行われるGI【第52回サンケイスポーツ賞フローラステークス】はオークスの優先出走権をかけたトライアルレースだ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu ・フローラS/人気データ
1番人気 (5-1-0-4)
2番人気 (2-3-1-4)
3番人気 (1-1-3-5)
4番人気 (1-2-1-6)
5番人気 (0-0-0-10)
6番人気 (0-2-0-8)
7~9人 (1-0-2-27)
10人以下(0-1-3-80)

・フローラS/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2007年/ 870円・ 1640円(1-4-3)
2008年/ 2820円・16710円(1-6-8)
2009年/ 1010円・ 2320円(2-3-4)
2010年/ 1070円・ 1660円(1-4-2)
2011年/103540円・179170円(9-15-3)
2012年/ 730円・47900円(1-2-18)
2013年/ 870円・ 6880円(1-2-9)
2014年/ 5970円・189600円(4-6-13)
2015年/ 1120円・ 1970円(2-1-3)
2016年/ 1920円・53680円(3-2-13)

・フローラS/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (2-0-0-0)
2.0~2.9倍 (1-0-0-1)
3.0~3.9倍 (1-1-0-2)
4.0~4.9台 (2-2-0-2)
5.0~6.9倍 (2-2-5-8)
7.0~9.9倍 (1-1-0-10)
10.0~14.9倍(0-2-0-11)
15.0~19.9倍(0-1-1-15)
20.0~29.9倍(1-0-1-15)
30.0~49.9倍(0-0-0-18)
50.0~99.9倍(0-0-2-31)
100倍以上  (0-1-1-31
inyofu ・フローラS/枠データ
1枠(2-1-1-16)
2枠(0-2-0-18)
3枠(2-3-4-10)
4枠(2-0-0-18)
5枠(0-2-1-17)
6枠(1-2-0-17)
7枠(0-0-3-23)
8枠(3-0-1-25)

・フローラS/馬番データ
1番 (0-1-1-8)
2番 (2-0-0-8)
3番 (0-1-0-9)
4番 (0-1-0-9)
5番 (1-2-2-5)
6番 (1-1-2-5)
7番 (0-0-0-10)
8番 (2-0-0-8)
9番 (0-0-0-10)
10番(0-2-1-7)
11番(0-1-0-9)
12番(1-1-0-8)
13番(0-0-0-10)
14番(0-0-2-8)
15番(1-0-1-8)
16番(1-0-0-9)
17番(0-0-1-8)
18番(1-0-0-5)

・フローラS/脚質データ
逃げ(0-2-1-7)
先行(4-3-3-22)
差し(4-5-6-67)
追込(2-0-0-48)
inyofu ・フローラS/前走データ
重賞(3-4-3-45)
├フラワーC(3-3-1-24)
├フィリーズR(0-0-0-3)
├チューリップ賞(0-0-0-8)
└桜花賞(0-0-1-1)

OP特別(1-0-0-17)
├アネモネS(1-0-0-5)
└忘れな草賞(0-0-0-8)

500万下(4-6-5-53)
├君子蘭賞(2-1-1-11)
└ミモザ賞(0-3-0-19)

未勝利(2-0-2-25)
新馬(0-0-0-4)

・フローラS/前走着順別データ
1着  (6-3-3-41)
2着  (2-2-2-17)
3着  (1-2-0-13)
4着  (1-0-0-14)
5着  (0-0-2-10)
6~9着(0-3-3-26)
10以下(0-0-0-23)

・フローラS/前走着差データ
勝ち0.0秒差(0-0-0-14)
負け1.0秒以上(0-0-3-23)

・フローラS/前走人気別データ
1番人気 (6-2-2-22)
2番人気 (2-2-1-22)
3番人気 (1-1-1-14)
4番人気 (0-0-1-16)
5番人気 (0-2-1-10)
6~9人 (1-2-3-33)
10人以下(0-1-1-27)
inyofu ・フローラS/前走距離データ
1400m  (0-0-0-10) 0.0% 0.0% 0.0%
1600m  (1-1-2-33) 2.7% 5.4% 10.8%
1700m  (0-0-0-2) 0.0% 0.0% 0.0%
1800m  (7-6-4-53)10.0% 18.6% 24.3%
2000m  (2-3-2-43) 4.0% 10.0% 14.0%
2200m以上(0-0-2-3) 0.0% 0.0% 40.0%
inyofu ・フローラS/前走馬場データ
前走芝(10-10-10-137)
前走ダート(0-0-0-7)
inyofu ・フローラS/間隔データ
連闘(0-0-0-0)
2週(0-0-1-19)
3週(1-1-0-11)
4週(2-5-2-42)
5週~9週(6-3-5-53)
10週~25週(1-1-2-17)
半年以上(0-0-0-2)
inyofu ×前走5着以内だった馬で当日10番人気以下
(0-0-0-46)
△前走重賞だった馬で当日7番人気以下
(0-0-1-27)
×前走10着以下
(0-0-0-23)
△前走着差負け1.0秒以上
(0-0-3-23)
×前走着差勝ち0.0秒
(0-0-0-14)
×前走1400m
(0-0-0-10)
×前走1700m以下だった馬で当日5番人気以下
(0-0-0-39)
×前走ダート
(0-0-0-7)
△間隔2週以内
(0-0-1-19)
inyofu 前走の単勝人気も重要なポイント

過去10年の3着以内馬30頭中18頭は、前走の単勝人気が「3番人気以内」だった。一方、「4番人気以下」だった馬は3着内率が12.2%にとどまっている上、優勝を果たしたのは2008年のレッドアゲートが最後、2着となったのは2012年のアイスフォーリスが最後である。臨戦過程を比較する際は、前走の着順だけでなく、そこでの単勝人気もチェックしておくべきだろう。

東京2000m騎手&種牡馬別成績(2012年以降)

inyofu 戸崎圭太(21-23-12-57)18.6% 38.9% 49.6%
蛯名正義(18-11-18-91)13.0% 21.0% 34.1%
内田博幸(15-13-9-83) 12.5% 23.3% 30.8%
田辺裕信(12-8-11-90) 9.9% 16.5% 25.6%
北村宏司(8-15-12-87) 6.6% 18.9% 28.7%

横山典弘(6-10-14-60) 6.7% 17.8% 33.3%
田中勝春(6-9-3-69)  6.9% 17.2% 20.7%
吉田豊 (6-4-6-90)  5.7% 9.4% 15.1%
岩田康誠(5-4-4-42)  9.1% 16.4% 23.6%
武士沢友(4-1-2-64)  5.6% 7.0% 9.9%

柴田善臣(3-6-5-71)  3.5% 10.6% 16.5%
大野拓弥(2-2-3-56)  3.2% 6.3% 11.1%
池添謙一(2-2-0-11)  13.3% 26.7% 26.7%
石川裕紀(1-2-3-31)  2.7% 8.1% 16.2%
和田竜二(1-1-0-8)  10.0% 20.0% 20.0%

国分恭介(0-0-0-2)   0.0% 0.0% 0.0%
荻野極 (0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%
木幡育也(0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ディープインパクト(33-31-21-137)14.9% 28.8% 38.3%
ステイゴールド  (19-19-12-162) 9.0% 17.9% 23.6%
ハーツクライ   (12-19-15-98) 8.3% 21.5% 31.9%
マンハッタンカフェ(8-9-6-77)   8.0% 17.0% 23.0%
ネオユニヴァース (7-5-5-66)   8.4% 14.5% 20.5%

ハービンジャー  (4-2-6-33)   8.9% 13.3% 26.7%
スズカマンボ   (4-0-4-6)   28.6% 28.6% 57.1%
ヴィクトワールピサ(3-9-3-9)   12.5% 50.0% 62.5%
ブラックタイド  (2-4-0-26)   6.3% 18.8% 18.8%
コンデュイット  (1-2-4-39)   2.2% 6.5% 15.2%

ダノンシャンティ (0-1-0-3)   0.0% 25.0% 25.0%
ルーラーシップ  (0-0-1-7)   0.0% 0.0% 12.5%
ディープブリランテ(0-0-0-2)   0.0% 0.0% 0.0%
エンパイアメーカー(0-0-0-8)   0.0% 0.0% 0.0%
ストリートセンス (0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%

上積み効果が期待できる フローレスマジック

inyofu ディープインパクト産駒。母の父Storm Cat。
ここまで4戦して未勝利を1勝のみではあるがアルテミスSで2着、デイリー杯クイーンCで3着の実績とエリザベス女王杯を優勝したラキシスを全姉にもつ血統背景から上位人気になることが推測される。前走のデイリー杯クイーンCでが18キロ馬体重が増えていての3着なので使われての上積み効果が期待できる。

臨戦過程が非常に良い ホウオウパフューム

inyofu これまで戦ってきた相手関係からは強調できるものはありませんが、芝2000mは2戦2勝。未勝利戦ながらも、この舞台でも勝利していますので、距離、舞台適正というところでは不安はなさそうですね。あとは相手強化となる今回どれだけ走ってくれるかですね。臨戦過程が非常に良いので、ここは押さえておきたい1頭と考えています。

巻き返しは可能 ディーパワンサ

inyofu 新馬~中京2歳ステークスを連勝し早くから期待された馬だったが、ここ3戦連続馬券圏内に入れず停滞している感がある。 しかし牡馬相手のデイリー杯2歳ステークス、GⅠ阪神ジュベナイルフィリーズはともに4着と実績としては胸を張れるものだし、休み明けだった前走フラワーカップも圧勝してファンディーナを除けば差のない競馬をしている。 前に付ける先行力もあるので流れひとつで巻き返しは可能と見た。

有利な馬場になっていれば タガノアスワド

inyofu 皐月賞でも人気を集めたファンディーナが圧勝したレースの2着馬です。
つばき賞は確かにファンディーナの強さが目立つレースでしたがこの馬の強さも少し目立っていたと思います。
あまり逃げ馬が好走できるレースではないのですが、今回のメンバーレベルは決して高くないので、通用してしまう可能性は有りますね。 東京は開幕週です。逃げ馬に有利な馬場になっていれば…。

前走フラワーカップより速い レッドミラベル

inyofu 個人的に能力を感じるレッドミラベルと続きますがこの馬の前走、
未勝利戦ですけど普通に強かったデスよ。
開催時期が1ヶ月違うのでがっつり当てにはできなんデスけど、
タイムだけならフラワーカップより0.8秒速いわけですよねー。
今回はミルコ騎手から乗り替わるのが一番のポイントかなと思うけど、
東京舞台は経験済みだし、予想オッズでは結構いい感じについてますしいいかも。

大穴候補 ザクイーン

inyofu 人気薄の大穴候補を1頭挙げるとすればザクイーン。
日経賞(G2)を勝ったシャケトラの半妹で、
母サマーハはオイロパ賞(独G1)やバーデン大賞(独G1)を制した
マムールの4分の3妹。
父ヴィクトワールピサは昨年の2着馬パールコードの父でもある。
配合的にも申し分ない。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

前回の皐月賞は大荒れでした
厳しいペースになるとは思ってましたが本命のファンディーナは7着
未経験な事はこのレースで色々ありましたが完全に力負けでしたね
優勝したアルアインは前走毎日杯組という事で消そうと思ってましたが
唯一負けたシンザン記念は不利を受けてのものだったので普通に強いと思ってました。
でもまさか頭で来るとは想像していませんでした。それより驚いたのがダンビュライト
前走の弥生賞を見る限りこのメンバーではきついと思ってましたので即消し要員でしたが
ルーラーシップ産駒は過去5年このコースで(3-1-2-7)複勝率46.2%なんですよね。。。
わかってはいましたが、さすがにそこまで手が回りませんでした。
4連続馬券はならず・・・・一度でいいからこんな馬券とってみたいですね。

さぁ仕切り直しです
来週から6週連続GIが開催されますので、ここを当てて弾みをつけたいです
今回のフローラステークスで上記のデータから注目したいのが

前走1着(6-3-3-41)
前走3番人気以内(9-5-4-58)
3枠(2-3-4-10)

この3つの好走傾向から本命に選んだのはホウオウパフューム

1月の寒竹賞は牡馬相手の2000mでした
過去に牝馬で当レースを制したシーザリオ、バウンスシャッセともに次走でフラワーカップを快勝。
タフな中山2000で牡馬相手に勝つということ並大抵のことではないと思われます。
調教も8割くらいの余裕残しで出走とオークスを目標にここ一本に絞ったという陣営の本気度も評価したいです。
ただ今回休み明けもあって頭で来るイメージがないので、軸馬としての◎です

対抗はフローレスマジック

ここ2走を見る限り戦ってきたメンバーを考えると最上位
前走は、後に桜花賞馬に輝いたレーヌミノルに先着。前々走のアルテミスステークスでは、
後に桜花賞2着のリスグラシューから0.1秒差の2着と好走していますので
単純な力を考えれば、ここは外せない1頭になりますね
こちらが本命でしたが
臨戦過程から前走1600m組は成績があまりよくないので評価を下げました

単穴はタガノアスワド

19日のレースまとめでも取り上げたましたが、前走つばき賞では
ファンディーナに0.3秒ちぎられた2着に敗れたものの、
3着馬以下をドスローで7馬身ちぎった辺りは非凡なものを感じます。
先行できるスピードもあり、開幕週の馬場なら押し切りもありそうです
加えて重馬場の中京2000mを逃げ切るスタミナとパワーも兼ね備えています。

穴はザクイーン

1番人気のデビュー戦、2戦目と大きく期待を裏切り、
ひと息入った前々走は復調気配を見せていました。
そして前走牡馬相手に2馬身差の完勝とようやく目覚めた印象です
勝ちタイム1分47秒9が非常に優秀ですし今回も前走同様
好枠をゲットしたので一発あってもおかしくありません。

印は

◎ホウオウパフューム
○フローレスマジック
▲タガノアスワド
☆ザクイーン
△ディーパワンサ
△レッドミラベル
△ヒルズトレジャー
△ヤマカツグレース

馬券は◎→○馬連1点と◎→▲☆のワイド2点

◎→○▲☆→○▲☆△△△△の3連複フォーメーション15点

以上です

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line