TOP > エンタメ・雑学 > 2017年4月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2017年4月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2017年4月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
フローラステークスを制したのはモズカッチャン、マイラーズカップがイスラボニータだった今週の競馬界。  など一週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

オジュウチョウサン骨折!

inyofu 4月15日に行われた中山グランドジャンプ(J・GI、芝4250m)の覇者であるオジュウチョウサン(牡6、美浦・和田郎)につき、右第1指骨剥離骨折を発症したことがJRAの発表で明らかとなった。なお、明日20日にも美浦トレーニングセンターの競走馬診療所において手術を実施する予定とのことだが、今後の進退については未定となっている。
先日中山グランドジャンプを制したばかりのオジュウチョウサンに故障が発覚した。今後については未定ということであるができることなら戻ってきてまた素晴らしい走りを見せてもらいたい。

新人騎手全員が初勝利を達成!

inyofu 4月22日、京都競馬第4R・3歳未勝利でユキノタイガ(牡3)が1着となり、騎乗していた富田暁騎手(20、栗東・木原)は本年3月4日の初騎乗以来43戦目でJRA初勝利を挙げた。
inyofu 4月23日、福島競馬第6R・3歳未勝利でノーブルプルート(牝3)が1着となり、騎乗していた武藤雅騎手(19、美浦・水野)は本年3月4日の初騎乗以来59戦目でJRA初勝利を挙げた。
先週まだ初勝利をしていなかった富田暁騎手、武藤雅騎手の両名がついに勝利を挙げてこれで今年デビューした新人騎手が全て初勝利を達成した。これからも活躍していってもらいたい。

秋山真一郎騎手が福島リーディングに

inyofu ■同じく23日、1回福島競馬の全日程が終了し、6勝を挙げた秋山真一郎騎手(38、栗東・フリー)が開催リーディング騎手に輝いた。同騎手がJRAを通じて発表したコメントと順位は以下の通り。

<秋山騎手のコメント> 「“ローカルジョッキー”として様々な競馬場で騎乗していますが、福島競馬場はファンの声援が熱く、とてもありがたいです。そのおかげもあり、福島リーディングを獲ることができました。夏の福島にもまた来ます」
秋山真一郎騎手が1回福島競馬、開催リーディング騎手になった。ベテラン騎手の貫禄を見せてこれからも多くの勝利を重ねてもらいたい。

今週のリーディング情報

inyofu 1位 M.デムーロ騎手(今週5勝)【59.36.27.24.21.62】 (→)
2位 C.ルメール騎手(今週7勝)【46.37.36.21.23.97】 (↑)※前週4位
3位 田辺裕信騎手 (今週3勝)【46.34.20.17.19.154】(↓)※前週2位
4位 戸崎圭太騎手 (今週4勝)【43.46.30.24.21.139】(↓)※前週3位
5位 内田博幸騎手 (今週1勝)【35.17.28.31.28.165】(→)
6位 和田竜二騎手 (今週2勝)【30.24.23.28.32.167】(→)
7位 川田将雅騎手 (今週2勝)【28.31.18.14.8.62】 (→)
8位 福永祐一騎手 (今週2勝)【27.19.20.13.20.93】 (↑)※前週9位
9位 武豊騎手   (今週3勝)【26.28.23.20.19.79】 (↑)※前週11位以下
10位 岩田康誠騎手 (今週0勝)【26.15.24.20.18.152】(↓)※前週8位

首位M.デムーロ騎手は土日で5勝を上乗せし、早くも60勝台に王手。絡まれることのない一人旅状態が続いています。が、今週はライバル・C.ルメール騎手がマイラーズCでGI馬イスラボニータを約2年7ケ月ぶりの勝利に導くなど、最多の7勝をあげ単独2位の座に浮上。次週の乗り鞍にはサトノダイヤモンド(天皇賞・春出走)などがスタンバイしており、さらなる勝ち星を積み上げられそう。デムーロ騎手との差を縮めることができるか注目です。
今週もデムーロ騎手は単独トップをひた走っているが、ルメール騎手が7勝を挙げて2位に浮上している。外国人騎手の二人は今年も大活躍である。

2017年4月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】今週は秋山真一郎騎手が福島の開催リーディングになる、ついに新人騎手全員が初勝利を挙げるなど嬉しいニュースがきた。一方オジュウチョウサンが故障という悲しいニュースも飛び込んできており、無事を祈るばかりである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line