TOP > 競走馬 > 「シャケトラ」体に余裕!動ける体つきで不安なし【天皇賞・秋】
競走馬

「シャケトラ」体に余裕!動ける体つきで不安なし【天皇賞・秋】

3度目のGⅠ挑戦となるシャケトラ。天皇賞(春)ではスタートで出遅れ9着に敗れたが、前走の宝塚記念は積極的な競馬で4着に善戦し力のあるところを見せつけた。今回は久々の2000mや輸送など課題はあるが、ポテンシャルは高いシャケトラについてまとめてみた。
シャケトラ

【日経賞】末脚一気で重賞勝利

中段後方に控えレースを進めたシャケトラ。3角過ぎからポジションを押し上げ、最後の直線へ。ゴール手前で粘るミライヘノツバサを差し切り、先頭で入線した。
動画を見る
inyofu 1着 シャケトラ(田辺裕信騎手) 「1週前の調教で乗せてもらった時に良い馬だと思っていました。ゲートがもうひとつで、ポジションが後ろになりましたが、全馬を見ながら、人気馬を意識しながら、この馬のリズムを壊さないよう騎乗することが出来ました。距離も問題ないと思いますし、どんな競馬もできると思います。まだ伸びしろがあるので頑張りたいです」

【天皇賞・春】強気の競馬も9着・・・

最内枠からのスタートで後手を踏み、行きたがる様子も見せたが、すぐに折り合いが付き5番手につける。2周目3,4コーナーでペースが上がり、外に持ち出して差し切りを図ったが、直線で脚色が鈍り9着に敗れた。
動画を見る
inyofu 9着 シャケトラ(田辺騎手) 「馬場とメンバーを考えてポジションを取りに行きました。その分、最初は力んで走りましたが、すぐに折り合って流れに乗ってレースが出来ました。しかし、ペースが上がったところでモタついてしまいました。最後は力尽きた形です。ただ、それも勝ちを意識した分の結果ですし、まだまだ伸びしろのある馬だと思います」

【宝塚記念】積極的な競馬で4着に善戦

ルメール騎手とのコンビ復活で2度目のGⅠに出走したシャケトラ。この日は2番手でレースを進める積極的な競馬を試み、直線では一旦先頭に立つ。残り200m付近で力尽きたが、4着に善戦した。
動画を見る
inyofu 4着 シャケトラ(ルメール騎手) 「今日は2番手でしたが、リラックス出来ていませんでした。直線、頑張っていましたが、最後は止まってしまいました。もっとリラックス出来ていれば、また違ったと思います」

【天皇賞(秋)】直前情報 久々でも仕上がる!

inyofu シャケトラ(牡4、角居)は雨の芝コースで3頭併せ。スムーズな動きで5ハロン72秒7-12秒4を計時し、グローブシアター(古馬1000万)と併入、キングジュエリー(古馬500万)に頭差先着した。
inyofu 「悪い馬場でものめることなく走っていた。動ける体つき」と辻野助手。4カ月ぶりだが力を出せる状態に仕上がった。

シャケトラを管理する角居厩舎は先週の菊花賞をキセキで制し、勢いに乗っている。鞍上には早い段階からC.デムーロ騎手を確保しており、勝負気配の高さも伺える。若干距離が短い印象はあるが、能力の高さでカバーしてくれそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line