TOP > レース > 1番人気が飛ぶ確率は高い? GIレース波乱ランキング
レース

1番人気が飛ぶ確率は高い? GIレース波乱ランキング

2017年・春のGIシーズンがスタートした。
6週連続で行われるGIレース、その口火を切ったのが2017年4月30日(日)に行われた天皇賞(春)。
当レースは1番人気馬が来ないというジンクスが囁かれていたが、今年は1番人気に支持されたキタサンブラックが、期待に応えて見事勝利をおさめた。

競馬は2017年天皇賞(春)のようにジンクスが破られることもあるし、堅いと見られた圧倒的な1番人気の馬が飛ぶこともある。
実際に1番人気馬はどのくらいの確率で勝っているのだろうか。
過去10年(2007年~2016年)の結果から、GIレースの1番人気馬が勝つ確率・飛ぶ確率を調べ、波乱傾向にあるGIレースもランキングにしてまとめてみた。
馬キュレ

GIレース1番人気馬の着順

GIレース波乱ランキング
過去10年(2007年~2016年)のGIレースで、単勝オッズ2.0倍以下と高い支持を集めて1番人気となった馬が勝ったレースは、半分にも満たない。さらに4回に1回は馬券にも絡んでいないことがわかった。

GIレース波乱ランキング
単勝オッズ1.5倍以下の1番人気馬に絞ると勝率はやや上がるが、5割を切っている。
ということは、GIレースで1.5倍以下の1番人気馬の単勝に同額をかけ続けた場合はマイナス収支となる。
4回に1回は馬券外なので、低オッズの複勝にかけるのも中々のリスクがある。

GIレース波乱ランキング
単勝オッズ2.1倍以上の1番人気馬も含めると、1着より4着以下になる確率の方が高い。


まだ記憶に新しい2017年4月9日(日)に行われた桜花賞では、
1番人気で3着に敗れたソウルスターリングの単勝(オッズ1.4倍)を3000万円以上購入した人が話題となっていた。


GIレースで1番人気になった馬の着順を表にした。
GIレース波乱ランキング
過去10年(2007年~2016年)のGIレースで、1番人気馬の着順がダントツに悪いのが天皇賞(春)。しかし2017年はキタサンブラックがレコード勝ちで1番人気に応えて強さが本物だと証明した。

GIレース波乱ランキング

GIレース波乱ランキング
過去10年(2007年~2016年)のGIレースで、1番人気馬の勝利数が最も多いのはNHKマイルC。
しかしNHKマイルCは、1番人気馬が勝つことも多いが、10番人気以下の馬が1着~3着にくることも多い。
以下の各波乱レースランキングでは上位にランクインしている。
GIレース波乱ランキング
GIレース波乱ランキング
GIレース波乱ランキング
GIレース波乱ランキング

GIレース払戻金高額ランキング

GIレース波乱ランキング
GIレース波乱ランキング
GIレース過去10年(2007年~2016年)の払戻金で、
ヴィクトリアマイルと秋華賞は、3連単1,000万円以上の超高額払戻金が1回。
NHKマイルCは、3連単100万円以上が3回、そのうちの1回は9,739,870円だった。
各GIレースの払戻金最高額が出た時の馬場は「晴・良」が多く、道悪=波乱というわけではないようだ。

2017年春のGIシーズンが幕を開け、5月7日(日)にNHKマイルC、翌週の5月14日(日)にヴィクトリアマイルと、 5月前半に払戻金高額ランキング上位のレースが立て続けに行われる。
2017年は荒れるのか、もしくは先に行われた天皇賞(春)に続いて人気サイドで決まるのか。
今から予想するのが楽しみだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line