TOP > エンタメ・雑学 > 2017年4月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2017年4月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2017年4月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
天皇賞(春)を制したのはキタサンブラックだった今週の競馬界。戸崎圭太騎手700勝にネオリアリズム勝利、青葉賞の結果など一週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

戸崎圭太騎手700勝!

inyofu 4月29日、東京競馬第6R・4歳上500万下でブラックプラチナム(牡4)が1着となり、騎乗していた戸崎圭太騎手(36、美浦・田島)は中央競馬史上57人目、現役では25人目となるJRA通算700勝を達成した。初騎乗となった2005年6月26日から約11年10カ月、5039戦目での記録となっている。
4月29日ブラックプラチナム騎乗で700勝を達成した戸崎圭太騎手。昨年はリーディングをとったが今年もまだまだトップを狙える位置にいる。是非今年も勝利を量産してもらいたい。

ネオリアリズムが勝利!【クイーンエリザベスII世C】

inyofu 4月30日(現地時間)、香港のシャティン競馬場で開催されたクイーンエリザベスII世C(GI、芝2000m)は、序盤中団に構えた2番人気ネオリアリズム(牡6、美浦・堀)が3コーナー付近より一気に進出を開始し先頭へ。直線に向いても脚色は鈍らず、そのまま1着でゴールイン。悲願のGI初制覇を遂げるとともに、海外GI初勝利となった。勝ちタイムは2分4秒59で、鞍上はJ.モレイラ騎手。クビ差の2着は直線外めより際どく詰め寄った3番人気パキスタンスター、2着に半馬身差の3着は中団から差を詰めた1番人気ワーザーが入っている。(人気はJRA独自のオッズによる)
悲願のG1初勝利を海外で果たしたネオリアリズム。日本でもさらなる活躍を期待したいものである。

ダービーへ!アドミラブル勝利【青葉賞】

inyofu 4月29日、東京競馬場で開催された第11R・青葉賞(GII、芝2400m)は、1番人気アドミラブル(牡3、栗東・音無)が、道中最後方待機からじわじわとポジションを上げ、直線では早めに抜け出すとそのまま後続を寄せ付けず快勝を収めた。勝ちタイムは2分23秒6(良)で、鞍上はM.デムーロ騎手。2馬身半差の2着は後方から伸びてきた4番人気ベストアプローチ、2着に1馬身1/4差の3着争いは際どくなったが中団から鋭く伸びた8番人気アドマイヤウイナーがこれを制した。この結果によりアドミラブル、ベストアプローチの2頭が日本ダービーの優先出走権を得ている。
動画を見る
日本ダービーへのトライアルレース青葉賞でアドミラブルが優勝、ベストアプローチが2着となり日本ダービーの出走権を得た。本番での活躍が今から楽しみである。

今週のリーディング情報

inyofu 1位 M.デムーロ騎手(今週3勝)【62.37.30.24.23.67】(→)
2位 C.ルメール騎手(今週5勝)【51.39.39.24.23.103】(→)
3位 戸崎圭太騎手 (今週5勝)【48.46.31.27.24.149】(↑)※前週4位
4位 田辺裕信騎手 (今週1勝)【47.34.20.20.22.166】(↓)※前週3位
5位 内田博幸騎手 (今週2勝)【37.21.30.33.29.175】(→)
6位 和田竜二騎手 (今週2勝)【32.24.26.30.34.178】(→)
7位 武豊騎手   (今週4勝)【30.31.27.21.19.82】(↑)※前週9位
8位 吉田隼人騎手 (今週4勝)【30.13.19.18.20.145】(↑)※前週11位以下
9位 川田将雅騎手 (今週1勝)【29.34.19.15.9.73】(↓)※前週7位
10位 福永祐一騎手 (今週2勝)【29.24.21.14.22.103】(↓)※前週8位

C.ルメール騎手が先週の7勝に引き続き、今週も最多タイとなる5勝を上乗せ。天皇賞・春でのサトノダイヤモンド3着敗退は痛恨でしたが、それでもジワジワと首位M.デムーロ騎手との差を縮めています。なお、その天皇賞・春をレコードで制した武豊騎手が7位の位置にジャンプアップ。また、本年これまでトップ3の座を保持し続けていた田辺騎手がまさかの4位転落。僅かながらにも戸崎騎手が単独3位の座に浮上しました。日本人騎手の動向にも目が離せない展開となっています。
今週もデムーロ騎手は単独トップではあるがルメール騎手がじわじわと追い上げてきている。また3着に戸崎圭太騎手が上がってきており、リーディングはここからさらに盛り上がっていくことであろう。

2017年4月第4週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】今週は戸崎圭太騎手が700勝を挙げ、リーディングでも3位にあがるという活躍が目立った。またネオリアリズムがクイーンエリザベス2世カップで勝利したことも話題になった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line