TOP > コラム > 穴馬券でマンションを買う!【2017年5月6日版】
コラム

穴馬券でマンションを買う!【2017年5月6日版】

穴馬券
天皇賞(春)はキタサンブラックが勝ったね。

ってか…


つぅえええええええ!!!!

何だあの馬!?

直線ではもう後続は届かないだろうな…っていう迫力のある追いっぷり!

ディープインパクトのレコードまで大幅に更新しちゃったし、あの走りはなんかナタの切れ味!って感じでシンボリルドルフとかそういうレベルの馬になっちまったのかもしれないな。

凱旋門賞…本気で獲れるかもしれないね。

オルフェーブルの時よりも、エルコンドルパサーの時よりも、ディープインパクトの時よりも、現実味のあるワクワク感があるのはこのキタサンブラックの方かも。

だってさ、前後半のラップを調べてみたのよ。

ヤマカツライデンが逃げたことによって前半1000mが58秒台とかいう、アホみたいな時計になってるけど、実際のキタサンブラックの前後半1600mのラップってだいたい1.36.3秒-1.36.2秒ぐらいっていう、もう競馬ゲームみたいに正確なラップ!

こんなに綺麗に前後半のラップをまとめられる馬って、競馬を他の馬とやるんじゃなくて、自分とやってるって感じなんだよね。

だからこういうレースで勝てる馬ってのが、本当に強い馬。

この馬に引っ張られて10着のファタモルガーナですら、ディープのレコードタイムを2秒も短縮してるからね(笑)

距離的にオールマイティってことでキタサンブラックに軍配があがったけど、2000m級だったらサトノダイヤモンドの逆転の目も…まだ捨てられないとみてるよ、俺は。

シュヴァルグランはバッキバキのステイヤーだろうから、ここで勝負付けは済んだとみていいかな。

シャケトラはキャリアの浅さが出たって感じかなぁ~。

やっぱりこの馬も中距離ヒッターって感じだよね。

狙いは天皇賞(秋)かJCか。

その前の宝塚記念ってなると、キタサンブラックもサトノダイヤモンドも凱旋門賞で不在ってのが条件だけど、いい勝負になるだろうね。

ただ、キタサンブラックの場合は種牡馬になった時が大変だろうね。

これだけ競馬サークル内ではディープインパクト産駒にあふれてる訳でしょ。

それと同じ血統を持つ(兄)ブラックタイドってなると、種付する馬がそれほど多くは無いんじゃないか?ってね。

それと、もう一つの不安は「オグリキャップ状態」なんじゃないか?ってこと。

突然変異的に生まれてきた天才ホース…って気がしてるんだよなぁ、俺には。

それよりも何よりも、まずは人馬共に怪我もせずに健康に凱旋門賞を走って帰ってきてほしいよね。

馬も、北島サブちゃんも(笑)

サブちゃん大丈夫か!?健康状態…(汗)

インタビューでぷるっぷる震えてチワワ状態だったけど…ほんと、元気で居てね、サブちゃん(;・∀・)

さて、そんじゃそろそろ明日のマンション馬券でも発掘しましょうかね!

■東京 8R 「4歳以上1000万下 芝:1400m」

これは俺が得意とする条件の一つ!

『府中の1400切れ味ひとつ!』

俺の格言としてこの言葉を作ったんだけど、長いことやってると気付くことがあるんだよね。

あれ?東京コースの1400mって、切れ味だけ良い馬を買ってれば当たるんじゃね?

そう、この距離は1200mみたいに一息では行き切れず、最後は坂のある長い直線が待っている。

必ず息を入れなくては足が上がるので、絶対に中盤が緩む。

そうすると全馬にチャンスが到来するわけだが、その中で「切れ味」という武器がある馬が、どんな展開になっても必ずぶっこんでくるんだよ。

実際に前に行く馬で馬券圏内に入ってくる馬もいるが、それも上りは34秒を切るぐらいの脚を使っているのがほとんど。

逆に言えば、持ち時計もない。コース適正も薄い。そういう人気の薄い馬でさえ、末のキレる脚があれば馬券圏内に突入してくるんだ。

俺はこの条件のレースでこれまでいくつの馬券を取らせてもらってきたことか…

そんな俺が選んだ本命馬はこれ!

本命◎⑪グレイトチャーター
サクラバクシンオー産駒でスピード勝負にはドンと来いのタイプ。
そしてなにより、末脚のキレが武器。
ここ6走中4走で上りナンバーワンの鬼脚を披露。
末脚を磨くほどに成績を上げてきた馬で、なによりも最後方からの追い込み競馬でのものじゃなく、ある程度中段からでもこの足が使える自在性がいいね!
前走も3着に敗れはしたが、4角では6番手追走で上りは33.9秒といい競馬をしていて、負けて強し!
東京コース【0.0.0.3】と成績が出てないが、見てみれば全部4着。
タイミング次第の問題ってことだろうね。
逆に言えばそれが理由で人気を嫌われるならしめたものだね。

対抗〇⑩インストアイベント
この馬も33秒台の末脚を武器に成績を上げてきている馬。
ベストの1400mなら大崩れは少ない。
今回は恐らく1.21秒中頃の時計の決着になるだろうから、この馬にはちょうどいいペース。

単穴▲④タケデンタイガー
4走前の東京1400mが13番人気で9着。
これだけ見ると全然ダメじゃん!ってなりそうだが、着差はなんと0.4秒差ほどしかない、大接戦。
何か一つでもボタンの掛け違えがあれば大波乱の主役になっていたかもしれないんだ。
実際その時も上り勝負になってこの馬自信33.1秒っていう鬼脚で突っ込んできてる。
今回こそは穴を開けてくれるかな?


≫買い目≪
単勝
⑪×3万円

複勝
⑪×7万円

馬連
⑪⇒④⑩×5万=10万円

さて、結果は如何に!?



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line