TOP > コラム > 穴馬券でマンションを買う!【2017年5月7日版】
コラム

穴馬券でマンションを買う!【2017年5月7日版】

穴馬券
まず一言言わせてくれ!!!



みんな、ごめん(;^_^A


いやさ!でもさ!

言ってることはあってたでしょ!?

「前行く馬でも34秒ぐらいの切るぐらいの足が必要」
「切れ味だけあればどこからでも突っ込んでこれる」

だけど、東京の開幕週…前が残りすぎだよぉ~。

馬場良すぎ!

前の馬が行った行ったで1着・3着で。

2着が最後方からの追い込み。

極端すぎるぅ~(-_-;)

ロジックは間違えてないんだよ、うん。

ただ、馬券が下手糞過ぎるだけで(汗

あぁ~、なんだか負け分を計算するのが怖い(;´Д`)

地方競馬で勝った分を中央に流しているだけのような…

ま、まぁそれも経済活動だと思えば、こんな俺でも世の役には立っている!!!

…。

…。

って最低限のところで自分を慰めてみるwww

さ、それじゃぁ明日の経済活動といってみるかね(←自虐でしかないw

明日のマンション馬券は、これだああああ!

■東京 11R 「NHKマイルカップ(3歳 G1 芝:1600m」

やっぱり明日はこれやっておかないとでしょう♪

東京マイルは皆も知っての通り、1800m~2000mぐらいのスタミナのある中距離馬が活躍しているほどタフなコース。

1600mがギリ…という馬ではこの府中のマイルはこなせない。

よって、ステップレースとしては最近では距離短縮組の成績が一番高いんだな。

そして枠順で言えば…スタートして3コーナーまで直線が続くワンターンコース。

3角まで500mもあるから、内外はフラット。

どちらかというと、数字的には揉まれずレースができる外目の枠の方が良いぐらいなもんだな。

あと、今の東京競馬場の芝の状態は…っていうと、速いねぇ~、走ってるねぇ~。

プリンシパルS(3歳OP 芝:2000m)の勝ち時計が1.58.3秒とめちゃ速っ!

そのひとつ前のメトロポリタンS(4歳以上OP 芝:2400m)が2.24.1秒とこれまた速いっ!

ただペース的には流れていたとはいえ、上位に入った馬の上り3ハロンはどちらのレースも35秒前後。

結構スタミナが必要なタフな馬場になってるよね。

最後に牝馬と牡馬との比較。

今年のクラシックは牝馬が強い!なんて言ってたけど、蓋を開けてみたらどっちらけ。

このNHKマイルCも牝馬が上位人気に入ってきてるが、それって…怪しいもんだって、俺は思って疑ってみてるよ。

それらを踏まえての俺の印は…こうなった!

本命◎③アウトライアーズ
前走は皐月賞で12着惨敗…ともみえるが、その着差は0.6秒と僅か。
思い出してみてよ、あの皐月賞。
大激戦でほとんどの馬が1秒以内に収まった激流のレースだったじゃないか。
勝ち時計はなんと1.57.8秒!
激流の中でのレースってのは、その馬の本質的なスピードを引き出すものだって、よく言うじゃないか。
この馬だって1.58.4秒で走ってるんだから、能力では引けを取る物じゃない。
距離短縮組の活躍にも合致するしね。
ヴィクトワールピサ産駒のスイートスポットは1600m~2200mぐらい。
この馬は母父にフレンチディピュティが入ってるから、おそらく2000m以下が今後の主戦場になってくると思われる。
タフなスタミナが問われる東京1600mは正にピッタリの舞台だと思うね。

対抗〇⑦ジョーストリクトリ
中山に代わってからのステップレースになったニュージーランドTはNHKマイルCと関連性が薄い!なんていわれてるけど、それでもそのG2レースの勝ち馬が前日の段階で8番人気って!?!?
さっきも言ったように、皐月賞の時計が速かったように4月の中山はスピードが出る馬場状態だったんだ。
そこで稍重ながら1.36.0秒で先行チョイ差しで0.2秒差は完勝と言っていいんじゃないかな。
それにさ、思い出しても見てよ。
この馬のお父さん:ジョーカプチーノもこのNHKマイルで10番人気という低評価を覆し、2番手からの抜け出しで優勝!
波乱の立役者になったわけだよ。
そのジョーカプチーノの前走もニュージーランドTで、そこで3着と好走してた。
歴史は繰り返されるっていうじゃない。
俺もロマン派って訳じゃないけど、ちょっと夢を追っちゃうよね♪

単穴▲⑯アエロリット
牝馬からはこの馬を推奨したいね。
まずマイルがベストの距離ってのは、成績を見てもわかるよね。
しかも、この馬自身は1勝馬の身でありながら、ここまで5戦して負けた着差は全て0.2秒差以内って、毎回自分の力はしっかりと出してる証拠。
こういう馬って持ち時計分はしっかり走ってくれるから計算しやすいんだよね。
今回と同じ舞台設定だった前々走のクイーンCでは1.33.3秒の2着。
普通に速い時計でもあるし、更に出遅れてのものだから価値は高まるよね。
今回は芝状態含めても1.33.0秒か、少し切るぐらいか。
連対圏突入の可能性は、高い。

連下△①モンドキャンノ
前走の負け方が気に食わないけど、それでもやっぱり朝日杯(G1)2着馬っていうのは、力がないとできない芸当。
まぁその前走は掛かって行っちゃってまさかの3番手追走。
これじゃこの馬の良さはでないよね。
休み明けを一つ叩いて今回が正念場。
調教見てもちゃんと折り合い重視の調整をさせてたから、今回はじっくり溜めて後ろからの競馬になるんだろうな。
父:キンサシャノキセキ×母父:サクラバクシンオーっていう血統背景からも1800mは長かったんだろうね。
マイル以下で真価発揮!


≫買い目≪
馬単BOX
①③⑦⑯×5000円=6万円

馬連
③⇒①⑦⑯×1万=3万円

さて、結果は如何に!?



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line