TOP > 競走馬 > 「アウトライアーズ」距離短縮はプラス!のびのび走る【NHKマイルC】
競走馬

「アウトライアーズ」距離短縮はプラス!のびのび走る【NHKマイルC】

新馬戦では2着も上がり3F32.9の鬼脚を繰り出し、注目を浴びる。続く未勝利戦を勝ち、百日草特別では後の重賞ウイナー2頭と小差の3着。ひいらぎ賞では一気にまくりを決めて勝利し、スプリングステークスではウインブライトに敗れてしまったものの2着は確保した。前走の皐月賞では脚は使ってはいたが、12着と大崩れしてしまった。距離短縮でチャンスをモノにしたいアウトライアーズについてまとめてみた。
アウトライアーズ

【ひいらぎ賞】驚異の鬼まくり!

前半はせかしていかずに後方で構え、4コーナーから一気に加速。直線の半ばで先頭に立つと、そのまま押し切り見事、単勝オッズ1.6倍の圧倒的1番人気に応えた。
動画を見る
inyofu 1着 アウトライアーズ(田辺裕信騎手) 「まだレースで狭いところに入ると少し力んだりするところがあります。気持ちの面も含めて、もう一回マイルを使ってもらいました。これから道中リラックスして走れて距離も延ばせるといいですね」

【スプリングS】勝負付けは済んだと思ったが...

3カ月ぶりの実戦となったが、スタートでは出遅れる事無く、道中は後方集団の一角で脚を溜めていく。4コーナーから有力各馬がポジションを上げていき、この馬も6番手辺りで直線に向かうと、内外の差かウインブライトにはわずかに及ばず2着。
動画を見る
inyofu 2着 アウトライアーズ(田辺騎手) 「距離が課題だと思っていました。前が流れていた分、良かったと思います。本来はもう少し切れる馬ですし、休み明けの分かもしれません。2着に入って賞金を加算出来て良かったです」

【皐月賞】レコード決着は厳しかったか...

揃ったスタートからスッと後方に下げていく。1000m通過は59.0とミドルペースでレースは進み、勝負所でじわじわと上がっていき、直線では大外から追い込むかと思われたが、そこまで伸びることはなく12着に終わった。
動画を見る
inyofu 田辺騎手(アウトライアーズ=12着)「G1のこれだけの勝負は馬にとって初めてで、時計勝負も初めてだった。そのあたりが出たのかも」

【NHKマイルC】追い切り 前走のダメージは無い!

inyofu アウトライアーズの1週前追い切りは南ウッド4ハロンから流して56・9―42・0―14・6秒。前走のダメージ皆無の気配で馬体のシルエットも前回(皐月賞=12着)と変わりない。
inyofu 小島茂調教師「落ち着きがあるから(皐月賞から)中2週でも踏み込んだ調整をしていいのかなって思います。あとはもう信じてやるだけ。体調の維持はできている」

皐月賞トライアルに出走していた馬に注目

inyofu 過去10年のNHKマイルCでは、皐月賞のトライアルレースに出走していた馬が2007年と2014年を除く8年で1頭ずつ連対している。今年も、皐月賞トライアルに出走していた馬を狙ってみる手はありそうだ。

クラシック出走は出来たものの、やはり距離が少し長かったという印象を抱く。ここ2戦のラストの脚は少し鈍っているように見えた。陣営もマイルには自信を持っており、東京の1600mであればこの馬の能力を最大限に発揮できる可能性が高まるであろう。大外から一気に突き抜ける末脚を期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line