TOP > 競走馬 > 「カラクレナイ」切れ味はメンバー屈指!直線競馬で復活の白星を挙げる!【アイビスSD】
競走馬

「カラクレナイ」切れ味はメンバー屈指!直線競馬で復活の白星を挙げる!【アイビスSD】

切れ味抜群の末脚が武器のカラクレナイがアイビスサマーダッシュに出走する。フィリーズレビューで豪快な大外一気を決めて3連勝を飾ると、桜花賞でも道悪をものともせずに後方から鋭く伸びて4着に入った。しかしその後は末脚が不発に終わる競馬が続き、今年に入ってからはシルクロードS4着、鞍馬S3着と復調気配は見せているものの、勝ち星には手が届いていない。初めての直線競馬で復活の白星を挙げられるか。そんなカラクレナイについてまとめてみた。
カラクレナイ

【2017年 フィリーズR】大外から突き抜け重賞初制覇!

まずまずのスタートから後方2番手まで控えて末脚を溜める。4コーナーで大外に回すと、直線で先に抜け出したレーヌミノルをゴール直前で差し切り重賞初制覇を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 カラクレナイ(M.デムーロ騎手) 「先週の調教で乗ったときは80%ぐらいの感じでしたが、良くなる感じで、今日は自信を持って乗りました。外枠でしたし、ペースも速そうなので後方でじっくり乗って、最後はいい脚で伸びてくれました。桜花賞も楽しみな馬です」

【鞍馬S】切れる末脚で3着!

5番枠からまずまずのスタートを切ると、後方に控えて末脚を溜める。直線で外に回すとメンバー2位の末脚を使って鋭く伸び、ティーハーフと0秒1差の3着に入った。
動画を見る
inyofu 3着 カラクレナイ(松若騎手) 「しっかり脚をためることが出来ました。一瞬の切れ味はすごいものがあります。もう少し追い出しを待っても良かったかもしれません」

【安土城S】スローペースで折り合いを欠く・・・

15番枠から好スタートを切り、中団からレースを進める。しかし前半600m35秒6のスローペースになったことで折り合いを欠き、直線でも伸びを欠いて8着に敗れた。
動画を見る
inyofu 8着 カラクレナイ(松若風馬騎手) 「ゲートが出すぎて中団につけましたが、ペースが落ち着いたので、その分力んでしまいました。直線ではスムーズに前が開きましたが、力んだ分伸びを欠いてしまいました。ペース次第でもっとやれるはずです」

【アイビスSD】直前情報!短縮で変わり身期待!

inyofu 中村騎手(レースは福永騎手)が跨がり、栗東CWコースで単走。前半はやや行きたがるような素振りを見せたが、歯切れのいいフットワークは好印象。直線まで何とか我慢させ、ラスト1Fを追われると切れ味たっぷりに末脚を伸ばし11秒5でフィニッシュした。
inyofu 「先週より行きたがっていたが、レースに向けて気持ちが競馬モードに入ってきたからだろう。それでも、以前に比べればまし。見た感じよりラストの時計は速いし、雰囲気もいい。今なら1400メートルより、この舞台のほうがいいんじゃないかな」と松下調教師。

アイビスSDの傾向!若い馬が好成績!

inyofu 過去10年の3着以内馬延べ30頭中22頭は、年齢が「5歳以下」だった。一方、「6歳以上」だった馬は3着内率9.1%と苦戦している。異なる世代の馬を比較する際は、若い馬を重視したいところだ。

今回は初めての1000m戦となるが、前走のようにペースが遅くなって折り合いを欠くより、速いペースにうまく対応して脚を溜める方がベストパフォーマンスを見せられそうだ。先行馬に厳しい展開になれば、昨年の牝馬クラシックでも光った豪脚で鮮やかに突き抜ける。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line