TOP > 競走馬 > 「ジョーストリクトリ」スピードがあり操縦性もいい!【NHKマイルC】
競走馬

「ジョーストリクトリ」スピードがあり操縦性もいい!【NHKマイルC】

12番人気ながらもニュージーランドTを制したジョーストリクトリがNHKマイルカップに出走する。新馬勝ち後、重賞戦線では好成績を残せていなかったが、重賞好走馬が多く出走したニュージーランドトロフィーで人気馬を抑えて見事重賞初制覇を果たした。今回は現在GⅠで好調を維持する武豊騎手を再び鞍上に迎えて3歳マイル王の座を狙う。そんなジョーストリクトリについてまとめてみた。
ジョーストリクトリ

【なずな賞】ゴール前差し切り、人気に応えて勝利!

スタートは出遅れ気味に出たが、押して前から5頭目の位置につけてレースを進める。3、4コーナーで徐々に前との差を詰めて直線に入ると、外から脚を伸ばして先に抜け出したデスティニーソングに迫る。最後は1/2馬身差差し切り、見事1番人気に応えて勝利した。
動画を見る
inyofu 1着 ジョーストリクトリ(松山弘平騎手) 「二の脚が速く、いい位置を取れましたし、いい形でレースが出来ました。追ってからも良かったですし、強い競馬でした」

【ファルコンS】伸びきれず6着に敗れる

まずまずのスタートを切ると先行集団につけてレースを進める。コーナーで内々を回るも、スピードに乗れずに直線へ。直線ではじわじわと伸びて前の馬に迫っていくものの、勝ったコウソクストレートのような脚は使えず、0.4秒差の6着に敗れた。
動画を見る
inyofu 武豊騎手(ジョーストリクトリ=6着)「この枠で内、内を回したが、器用さがないからね。じりじりとは伸びたけど」

【ニュージーランドT】低評価を覆し重賞初制覇!

重賞では不甲斐ない成績が続いていたため、12番人気と低評価であったレース。レースは、スタートから行き脚良く先団につける。直線では荒れ気味の内を通って先頭に立ち、鞍上のシュタルケ騎手の鞭にもよく応え、最後は迫る2着以下の馬たちを11/4馬身差抑えて重賞初制覇を果たした。
動画を見る
inyofu 1着 ジョーストリクトリ(A・シュタルケ騎手) 「ペースもそんなに速くなく、スタートして5・6番手にスッとつけられました。インに進路を取ってそこでジッとしていましたが、手応えも良く、追い出してからもよく反応してくれました。こういう馬場も合っています。今日はパーフェクトなレースでしたので次につながると思います」

【NHKマイルC】最終追い切り情報 軽快な伸びを見せる!

ジョーストリクトリは3日、栗東チップウッドコースで最終追い切りを行った。
inyofu 黒岩悠騎手(レースは武豊騎手)がまたがり、序盤を1ハロン15秒程度のラップでゆったり進めた。単走だったが、直線では他厩舎の馬と併せるような形になって、しまいをサッと伸ばして軽快な伸びを見せて、フィニッシュした。
inyofu 清水久調教師は「使い込んできているので、1週前もそれほどビシッとやる必要はなかったです。今日も、いい動き。他厩舎と併せる形になりましたが、しまいの伸びも、時計もいい感じでした。操縦性が良く、性格もいいので期待していた馬。いい状態で臨めるし、いい流れもあるので、楽しみにしています」と、先週の天皇賞・春を勝ったキタサンブラックに続く武豊騎手とのコンビで、2週連続のG1制覇を期待した。

ファルコンステークスではなずな賞で競り勝ったデスティニーソングにも遅れを取るようなちぐはぐな競馬になってしまったジョーストリクトリだが、距離が伸びた前走のマイル戦のニュージーランドトロフィーを勝ったように、今回も実績馬相手に一発を期待したいところだ。また、2週連続で鞍上武豊騎手に、調教師は清水久詞というコンビがGⅠ制覇することになるかにも注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line