TOP > 予想/馬券 > 2014年宝塚記念出走回避!【マイネルラクリマ】
予想/馬券

2014年宝塚記念出走回避!【マイネルラクリマ】

前走GIII【エプソムカップ】で2着と好走し、GI【宝塚記念】に挑む予定だった【マイネルラクリマ】。しかし、6月25日に出走回避を発表した。もし【マイネルラクリマ】が宝塚記念に出走していたら、制覇の可能性はあったのか?今までのレースや血統を振り返り、考える!
マイネルラクリマ

【マイネルラクリマ】の血統!

inyofu 父チーフベアハート。母父サンデーサイレンス。
父はノーザンダンサー系。持続力勝負には強い。
産駒はマイネルキッツなど高齢まで活躍。
牝系も優秀。重馬場も巧い。
【マイネルラクリマ】は血統的に持続力勝負に強く、高齢まで活躍出来る。今年で6歳になる【マイネルラクリマ】だが、年齢による衰えは無さそうだ。宝塚記念の2200メートルという距離は、2000メートルの重賞制覇経験もある【マイネルラクリマ】にとって苦にはならない距離であろう。

【マイネルラクリマ】GI挑戦の歴史!

【マイネルラクリマ】のGI挑戦は3回。今までの最高順位は6位だが、【宝塚記念】に出走していたら記録更新したかもしれない。

【マイネルラクリマ】重賞制覇の歴史!

【マイネルラクリマ】は今までにGIIIを2回制覇している。スポニチ賞京都金杯では3番人気からの1着、七夕賞では1番人気で1着と人気に応えた。

【マイネルラクリマ】の前走!GIII【エプソムカップ】

【マイネルラクリマ】が宝塚記念回避!

inyofu 宝塚記念に登録のあったマイネルラクリマ(牡6、上原)は回避し、連覇のかかる七夕賞(G3、芝2000メートル、7月13日=福島)に向かう。

6月25日にGI【宝塚記念】出走回避を発表した【マイネルラクリマ】。前走GIII【エプソムカップ】で2着と好走しただけに出走回避は残念であるが、連覇のかかるGIII【七夕賞】に向かう意向だ。もしベストコンディションで出走していたら、【ジェンティルドンナ】や【ゴールドシップ】などの有力馬に対抗することも出来たであろう。しかし、中1週のローテーションではコンディションを整えるのは難しかったようだ。【マイネルラクリマ】の次のGI挑戦に期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line