TOP > 競走馬 > 「ハローユニコーン」調子戻る!この相手でも十分やれる!【秋華賞】
競走馬

「ハローユニコーン」調子戻る!この相手でも十分やれる!【秋華賞】

忘れな草賞を制したハローユニコーンが秋華賞に出走する。未勝利を勝ち上がるのに数戦を要し、勝ち上がったあとも2戦は凡走が続いていたが、3月に500万下を勝つと次走の忘れな草賞も快勝し、見事にハーツクライ産駒特有の成長曲線を描いている。その後は目立った成績は残せていないが、前走からどこまで変わることが出来るのか、そんなハローユニコーンについてまとめてみた。
ハローユニコーン

【忘れな草賞】最後方から差し切る強い内容で1着!

この日もスタートが上手くいかずに最後方からの競馬に。道中は終始後方で脚をためながらコーナーに向かう。3、4コーナーで勢いをつけて直線に入ると、外から一気に脚を伸ばして前2頭をアタマ差差し切り見事接戦を制した。
動画を見る
inyofu 1着 ハローユニコーン(田辺裕信騎手) 「折り合いがどうかというところがあり、今回も前回同様ゲートは出していきませんでした。その分リラックスしていました。返し馬では少しテンションの高まるところもありましたが、スタートまでには落ち着きました。直線は待てる余裕がありました。距離は延びても大丈夫です」

【オークス】見せ場を作りだすことはできず...

スタートから無理をせずに後方に下げていき、最後方でレースを進める。直線では馬群の後ろから懸命に追われるが、ジリジリとしか伸びず14着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 柴山騎手(ハローユニコーン=14着)「急きょの騎乗だったが、ちょっとテンションが高かった。ジワジワきてはいたが、坂を上がって止まってしまった」

【ローズS】まだ完調には程遠く..

レースの前半はスッと下げて後方待機の競馬。1000m通過は58.6と少し早い流れで展開が向くかと思われたが、直線ではなかなか伸びることはなく、後方馬群に沈む形でレースを終えた。
動画を見る
inyofu 田辺騎手(ハローユニコーン=17着)「休み明けで動けませんでした」

【秋華賞】追い切り 叩いてグンと上向き!

inyofu モズカッチャンに注目が集まる鮫島勢だが、出来の良さならハローユニコーンも負けていない。鮫島師は「みんな、ハローの話をあまり聞かないけど、動きは抜群に良かったよ」と満面の笑みだ。
inyofu 最終追いはCWコース併走で最後だけ気合をつけられ、4F51秒4~1F12秒0。「オークスは(レース中に)左膝を痛めてたし、前走は急仕上げ。どっちも参考外だよ。叩いてグンと上向きだし、ひと雨あればなおいいね」と週末の雨予報を喜んだ。

前走は大変残念な結果に終わってしまったが、この馬の実力はこの程度では無い。展開がハマれば上がり上位の脚を使うことができるのは春の2連勝の内容からも証明済みで、父ハーツクライの成長曲線をどこまで受け継いでいるのか、どこまで成長しているのか、レースにて証明してもらいたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line