TOP > 競走馬 > 「ハローユニコーン」直線で切れる末脚をみせる!【オークス】
競走馬

「ハローユニコーン」直線で切れる末脚をみせる!【オークス】

現在2連勝中と本格化を始めたハーツクライ産駒のハローユニコーンが優駿牝馬に出走する。未勝利を勝ち上がるのに数戦を要し、勝ち上がったあとも2戦は凡走が続いていたが、3月に500万下を勝つと次走の忘れな草賞も快勝し、見事にハーツクライ産駒特有の成長曲線を描いている。GⅠの大舞台で桜花賞組を相手に穴を空ける力走が期待できるか。そんなハローユニコーンについてまとめてみた。
ハローユニコーン

【エルフィンS】馬場を気にして5着に敗れる

スタートから行き脚をつけて3、4番手の位置からレースを進める。しかし直線では内の荒れた馬場を気にしてか満足に脚を伸ばし切ることはできずに5着に敗れた。
動画を見る
inyofu 5着 ハローユニコーン(武豊騎手) 「スムーズにレースは出来ましたが、直線前2頭に離されました。ボコボコした馬場を気にしていました」

【黄梅賞】クビ差交わして勝利!

今回から鞍上が田辺騎手に替わってのレース。ゲートでちゃかついてしまい、スタートから行き脚をつけられずに後方からの競馬を余儀なくされる。最終コーナーで外を回って前との差を詰めつつ直線へ。直線で脚を伸ばして必死に追い上げると、前の馬をゴール直前でクビ差交わして勝利した。
動画を見る
inyofu 1着 ハローユニコーン(田辺裕信騎手) 「ゲートがざわついていて、思ったより出ませんでした。折り合い、リズムを重視して、馬群から離されないように追走して、直線は頑張ってくれました。このペースとしてはいい位置ではなかったのですが、うまく対応してくれました」

【忘れな草賞】最後方から差し切る強い内容で1着!

この日もスタートが上手くいかずに最後方からの競馬に。道中は終始後方で脚をためながらコーナーに向かう。3、4コーナーで勢いをつけて直線に入ると、外から一気に脚を伸ばして前2頭をアタマ差差し切り見事接戦を制した。
動画を見る
inyofu 1着 ハローユニコーン(田辺裕信騎手) 「折り合いがどうかというところがあり、今回も前回同様ゲートは出していきませんでした。その分リラックスしていました。返し馬では少しテンションの高まるところもありましたが、スタートまでには落ち着きました。直線は待てる余裕がありました。距離は延びても大丈夫です」

【オークス】最終追い切り情報 びっしり追って出来は十分!

ハローユニコーンは18日、栗東CWコースで最終追い切りを行った。
inyofu 重要前哨戦の忘れな草賞を勝ったハローユニコーンは、CWコースで4ハロンからの追い切り。馬場の中ほどを通ったとはいえ、手加減せずに追われ活気に満ちた動きで51秒6-12秒9を計時した。
inyofu 「リフレッシュ放牧に出し、いい感じの仕上がりと動き。前回まで減り続けていた体重は心配だけど、現時点の状態はいい」。鮫島調教師は長距離輸送にやや不安を見せるが「2連勝がともにタフな馬場で、スローでも突き抜けた。落ち着いていれば末脚は切れる」と自慢の脚を信頼する。

気性が難しい所があるが、勝ち上がってからはそれが際での勝負強さにつながっているように見受けられる。桜花賞組の実績は当然最上位であるが、本格化一途のハローユニコーンも自慢の末脚を使える展開になれば十分太刀打ちが可能だろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line