TOP > 予想/馬券 > 3着内は重賞の連対経験が必要!?【第78回優駿牝馬(オークス)】予想まとめ
予想/馬券

3着内は重賞の連対経験が必要!?【第78回優駿牝馬(オークス)】予想まとめ

2017年5月21日(日)東京競馬場で行われるGI【第78回優駿牝馬(オークス)】は3歳牝馬クラシック三冠第2戦だ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu ・オークス/人気データ
1番人気 (3-3-1-3)
2番人気 (1-3-1-5)
3番人気 (2-0-1-7)
4番人気 (1-0-1-8)
5番人気 (2-1-2-5)
6番人気 (0-0-1-9)
7~9人 (2-1-3-24)
10人以下(0-1-0-87)

・オークス/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2007年/ 1640円・10450円(5-1-8)
2008年/24080円・61600円(4-13-5)
2009年/ 320円・ 1250円(1-2-4)
2010年/ 1870円・10180円(1/5-8)
2011年/42750円・45120円(7-8-2)
2012年/ 820円・ 6640円(3-2-9)
2013年/13880円・15610円(9-5-1)
2014年/ 380円・ 1530円(2-1-3)
2015年/ 1160円・ 4140円(3-1-6)
2016年/ 420円・ 2070円(1-2-5)

・オークス/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (1-1-0-0)
2.0~2.9倍 (1-2-0-1)
3.0~3.9倍 (1-1-2-2)
4.0~4.9台 (0-1-0-0)
5.0~6.9倍 (2-1-0-9)
7.0~9.9倍 (3-1-0-5)
10.0~14.9倍(1-0-2-11)
15.0~19.9倍(0-0-3-12)
20.0~29.9倍(1-0-3-15)
30.0~49.9倍(1-2-0-30)
50.0~99.9倍(0-0-0-31)
100倍以上  (0-0-0-32)
inyofu ・オークス/所属データ
(調教師)
美浦(3-5-4-76) 3.4% 9.1% 13.6%
栗東(8-4-6-72) 8.9% 13.3% 20.0%

(騎手)
美浦(3-6-5-82) 3.1% 9.4% 14.6%
栗東(8-3-5-58)10.8% 14.9% 21.6%
地方(0-0-0-1) 0.0% 0.0% 0.0%
外国(0-0-0-7) 0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ・オークス/枠データ
1枠(1-0-1-18)
2枠(3-1-1-14)
3枠(0-1-2-17)
4枠(1-1-0-18)
5枠(2-2-1-15)
6枠(0-0-2-18)
7枠(2-3-2-23)
8枠(2-1-1-25)

・オークス/馬番データ
1番 (0-0-0-10)
2番 (1-0-1-8)
3番 (2-1-1-5)
4番 (1-0-0-9)
5番 (0-0-2-8)
6番 (0-1-0-9)
7番 (1-1-0-8)
8番 (0-0-0-10)
9番 (1-1-0-8)
10番(1-1-1-7)
11番(0-0-0-10)
12番(0-0-2-8)
13番(0-2-0-8)
14番(1-1-2-6)
15番(1-0-0-9)
16番(0-0-0-9)
17番(1-0-1-8)
18番(1-1-0-8)

・オークス/脚質データ
逃げ(0-1-0-9)
先行(0-1-1-34)
差し(8-5-9-62)
追込(3-2-0-43)
inyofu ・オークス/前走データ
重賞(9-9-9-103)
├桜花賞(8-5-4-64)
├皐月賞(0-0-1-0)
├フローラS(1-4-4-32)
├NHKマイルC(0-0-0-2)
└フラワーC(0-0-0-4)

OP特別(2-0-1-33)
├スイートピーS(0-0-1-24)
└忘れな草賞(2-0-0-9)

500万下・未勝利(0-0-0-12)
inyofu ・オークス/前走着順別データ
前走G1
1着  (3-1-1-4)
2着  (1-3-2-2)
3着  (1-0-1-7)
4着  (1-0-0-5)
5着  (0-0-0-6)
6~9着(1-1-0-17)
10以下(1-0-1-25)

前走G2・G3
1着  (1-2-1-8)
2着  (0-1-2-6)
3着  (0-1-0-7)
4着  (0-0-0-4)
5着  (0-0-1-2)
6~9着(0-0-0-5)
10以下(0-0-0-5)

前走OP特別
1着  (2-0-0-16)
2着  (0-0-1-8)
3着  (0-0-0-1)
4着  (0-0-0-2)
5着  (0-0-0-2)
6~9着(0-0-0-2)
10以下(0-0-0-2)

・オークス/前走人気別データ
前走G1
1番人気 (3-2-1-1)
2番人気 (2-1-0-5)
3番人気 (0-0-0-7)
4番人気 (1-1-0-4)
5番人気 (1-0-1-5)
6~9人 (1-0-1-20)
10人以下(0-1-2-24)

前走G2・G3
1番人気 (1-1-2-5)
2番人気 (0-1-1-6)
3番人気 (0-2-0-3)
4番人気 (0-0-1-4)
5番人気 (0-0-0-0)
6~9人 (0-0-0-11)
10人以下(0-0-0-8)

前走OP特別
1番人気 (1-0-0-6)
2番人気 (1-0-0-8)
3番人気 (0-0-0-5)
4番人気 (0-0-0-1)
5番人気 (0-0-0-4)
6~9人 (0-0-1-8)
10人以下(0-0-0-1)
inyofu 連闘(0-0-0-0)
2週(0-0-0-11)
3週(0-0-1-25)
4週(1-4-4-33)
5週~9週(10-5-5-78)
10週~25週(0-0-0-1)
半年以上(0-0-0-0)
inyofu △10番人気以下
(0-1-0-87)
×単勝オッズ50.0倍以上
(0-0-0-63)
×前走から騎手乗り替わりの関西馬で当日4番人気以下
(0-0-0-23)
×前走500万下・未勝利
(0-0-0-12)
◎前走桜花賞で1番人気
(3-2-1-1)
×前走G2・G3で5番人気以下
(0-0-0-19)
×前走OP特別で3着以下
(0-0-0-9)
△前走OP特別で3番人気以下
(0-0-1-19)
△間隔3週以内
(0-0-1-36)
inyofu 年明け以降の重賞における実績が重要

過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、“同年のJRA重賞”において連対経験がある馬だった。一方、その経験がなかった馬は3着内率が5.6%にとどまっている上、2012年以降は連対例がない。重賞で優勝争いに絡んだ経験がない馬はもちろん、2歳時の重賞でしか好走経験がない馬も評価を下げるべきだろう。

東京2400m騎手&種牡馬別成績(2012年以降)

inyofu 戸崎圭太(18-13-11-46)20.5% 35.2% 47.7%
蛯名正義(16-11-5-57) 18.0% 30.3% 36.0%
内田博幸(12-9-8-62) 13.2% 23.1% 31.9%
北村宏司(11-7-9-60) 12.6% 20.7% 31.0%
田辺裕信(7-11-5-56)  8.9% 22.8% 29.1%

岩田康誠(6-3-0-25)  17.6% 26.5% 26.5%
横山典弘(5-3-4-50)  8.1% 12.9% 19.4%
ルメール(5-2-5-17)  17.2% 24.1% 41.4%
吉田豊 (4-4-5-68)  4.9% 9.9% 16.0%
M.デム(4-2-5-12)  17.4% 26.1% 47.8%

松岡正海(3-5-5-56)  4.3% 11.6% 18.8%
池添謙一(3-2-2-4)  27.3% 45.5% 63.6%
大野拓弥(2-3-2-38)  4.4% 11.1% 15.6%
武豊  (2-1-1-17)  9.5% 14.3% 19.0%
四位洋文(1-1-2-6)  10.0% 20.0% 40.0%

田中勝春(0-9-5-42)  0.0% 16.1% 25.0%
北村友一(0-0-1-2)   0.0% 0.0% 33.3%
和田竜二(0-0-0-7)   0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ディープインパクト(33-18-16-115)18.1% 28.0% 36.8%
ステイゴールド  (19-15-16-129)10.6% 19.0% 27.9%
ハーツクライ   (10-10-9-79)  9.3% 18.5% 26.9%
ハービンジャー  (7-2-3-34)  15.2% 19.6% 26.1%
ダイワメジャー  (3-0-2-25)  10.0% 10.0% 16.7%

ブラックタイド  (1-0-1-20)   4.5% 4.5% 9.1%
ディープブリランテ(0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%
Frankel      (0-0-0-0)   0.0% 0.0% 0.0%

瞬発力を存分に発揮できる ソウルスターリング

inyofu Frankel産駒。母の父Monsun。
デビュー4連勝はいづれも好位から抜け出す横綱相撲での圧巻のパフォーマンスで勝利。前走の桜花賞は時計の掛かる稍重で瞬発力を発揮できず、レーヌミノルに抜け出されリスグラシューにも交わされ3着。反応はもうひとつだった。瞬発力を存分に発揮できる東京コースへ変わり巻き返してくる可能性大。

評価したいのはメンタル面 アドマイヤミヤビ

inyofu 気になるのは前走の大敗でしょう。その前走の敗因は明らかに渋った馬場に合わなかったためです。3角から4角にかけて手応えはもうすでに最悪でした。
桜花賞の大敗後は元々、強くなかったかもと疑ってしまいましたが、この馬が勝利したクイーンステークスの内容は非常に秀逸。
またその時に倒した相手もNHKマイルカップの勝ち馬であるアエロリット、桜花賞の勝ち馬であるレーヌミノルとくればこの世代でも上位の力がある馬と考えても問題はないでしょう。
関東への輸送も2回こなしており、目立った問題もありませんでした。
何よりもこの馬を高く評価したいのはメンタル面です。3歳牝馬らしからぬ落ち着きを見せており、2400mへの延長は問題ないと判断しています。
この時期の牝馬を血統だけで「2400mもいける」と判断するのは危険かもしれませんが、メンタル面もこれに加われば何とかに金棒と言っていいでしょう。

オークスを見据えた使われ方 リスグラシュー

inyofu 俺の読者ならわかると思うけど、
文中にやたら「オークス」が連呼されているのがわかるだろう。
去年の時点でオークス候補NO.1だったわけだ。

陣営もそれを意識してるんだろーな。

だって、デビュー戦から直線の長いコースしか使われていない。
明らかにオークスを見据えた使われ方だよね。
秋華賞では一銭もいらない馬だと思っているんだが・・・

だって、ハーツクライだぜ?

ディープ産駒が高速馬場適性フルスロットルで挑む秋の京都。
不器用なハーツクライが勝てる舞台じゃねーじゃん。

ハーツクライ産駒は東京で狙ってればいい。
ハーツクライ産駒は東京で狙ってればいい。

これ大事なことだから2回言ったよ(笑)

結論を言うと、リスグラシューは重い印を打つ予定。

距離適性は能力で誤魔化せる レーヌミノル

inyofu 前走の桜花賞は正攻法の競馬で決してフロックではない勝利で完勝。
今回は桜花賞馬ながら距離延長のローテーションが嫌われそうだが、
この時期の牝馬なら距離適性は能力で誤魔化せる範囲で特に心配をする必要はない。

操作性の高さ フローレスマジック

inyofu この馬の最大の武器は操作性の高さです。
馬群の中で競馬をすることができ、さらには直線でその馬群を抜けてくる器用さがあります。確かにキレキレの末脚を活かしてというタイプではないかもしれませんが、堅実さはあります。
この馬に先着した馬はNHKマイルカップ勝利馬のアエロリット、今回のオークスにも出走するアドマイヤミヤビ、桜花賞2着のリスグラシューとなっています。
フローラステークスは少し特殊な馬場でしたが、そこでも3着に入っております。
このように戦ってきた相手は世代でもトップクラスの馬であり、どのような展開でも馬場でも馬券になるというのは操作性が高く、大崩れしないためでしょう。
全姉はラキシスです。ラキシスも1600mのような距離よりも2000mを超える距離で結果を残してきた馬です。この馬もその特性を持っているとすれば今回は無視できない存在になるでしょう。
加えて桜花賞には目もくれず、得意の左回りのオークスに最初から照準を合わせていたところに好感が持てます。この馬を無印にするのは少し危険かもしれませんね。

デキさえキープできるなら モズカッチャン

inyofu 前走は完全な前残り競馬になった中で唯一台頭してきた。

内目を突いてきたとは言え内容はかなり良かったし勢いも感じる。

フローレスマジックより人気がないというのも不当な気はするし

使い詰め、連続輸送という課題はもちろん秘めているのですが、

デキさえキープできるなら台頭の余地は秘めているかも。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

NHKマイルといい東京開催は人気薄がガッツリ絡んできますね・・・
ここ2戦対抗(○)の馬が馬券内に絡んでるのでそれも狙おうかと思ってます。

今回注目している過去のデータは
差し(8-5-9-62)
栗東(8-4-6-72)
桜花賞(8-5-4-64)
重賞連対経験(9-8-8-63)
この4つのデータに該当する馬から本命はアドマイヤミヤビにしました。

前走の桜花賞では馬場や出遅れも重なって、まったく競馬をせずに惨敗。
自慢の末脚は良馬場でこそ発揮できることが判明したので、馬場がよければ巻き返してくるはずです。
距離適正に関しては、オークス向きの血統なので気にしていません。
オークスでは上がりの速い馬が有利なので、デイリー杯で後のNHKマイルカップ優勝した アエロリットの上がりより、コンマ3秒上回って勝利したのも評価できます。
人気も今のところ3番人気と手頃(金曜時点)なので狙い目かなと・・・。

対抗はソウルスターリング

桜花賞まではパーフェクトの成績でしたが、断然の1番人気を裏切る形の3着。
敗因は重たすぎる馬場が合わなかったことや、短い間隔の中で2回関西圏に輸送したことなど色々考えられますが、 能力をすべて出し切っての力負けではないハズです。
ポテンシャルはこの世代のトップクラスであることは既に証明済みで今回のメンバーでも力上位。
東京コースはペルシアンナイトを破り勝利しており、心配はなさそうです。
前走で負けたことでプレッシャーも少しは緩和されそうで巻き返しの可能性は高いと思われます。

印は

◎アドマイヤミヤビ
○ソウルスターリング
▲リスグラシュー
☆フローレスマジック
△レーヌミノル
△モズカッチャン
△ホウオウパフューム
△ミスパンテール
△ハローユニコーン(馬体重次第で切ります)

馬券は◎→○▲☆の馬連3点

◎→○▲☆→○▲☆△△△△△3連複フォーメーション15点

それと前回&前々回の反省を踏まえて
○→▲☆の馬連2点も買います。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line