TOP > 競走馬 > 金子真人ホールディングス所属の活躍している名馬たち
競走馬

金子真人ホールディングス所属の活躍している名馬たち

金子真人ホールディングス所属の活躍している名馬たち
競馬ファンなら知らない人はいない名馬ディープインパクトの馬主である金子真人氏の所有馬を紹介。
名馬

金子真人氏とは?

inyofu 金子 真人(かねこ まこと、1945年3月15日 - )は、電子機器設計・製造関連ソフトウェア開発を主とする株式会社図研の代表取締役社長。ハワイの会員制ゴルフ場「キングカメハメハ・ゴルフ・クラブ」のオーナーでもある。 競走馬の馬主としても知られ、七冠馬ディープインパクトをはじめ、牝馬三冠馬アパパネなど数々のスターホースを所有している。
セレクトセール(日本競走馬協会が主催する日本最大の競走馬のセリ市)にも来場する金子氏は、目玉といわれる馬がいなくなった後でも、最後まできっちりとセールに参加していたらしい。本質的に馬が好きなんだということが伝わってくるオーナーだ。そんな金子氏が所有していた名馬たちをご紹介。

ディープインパクト

金子氏の代表する馬であり、現役引退後も数々の産駒を世に輩出している歴史に名を刻むであろう名馬。

キングカメハメハ

NHKマイルC、日本ダービーを制した変則2冠馬。種牡馬としても超一流の名馬である。

アパパネ

史上3頭目の牝馬三冠馬であり、金子氏の中央レース五大クラシック競走の完全制覇達成を叶えた馬である。

クロフネ

カネヒキリ


これだけの名馬ばかりを探し当てるのに運などはもちろん通用しないだろう。
確かなる金子氏の相馬眼が未来の名馬たちを捉えているのだ。
これからもまだ見ぬ名馬たちが金子氏の元から出馬するに違いない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line