TOP > 競走馬 > 「ヒットザターゲット」内に潜り込み瞬発力を発揮させる!【ジャパンC】
競走馬

「ヒットザターゲット」内に潜り込み瞬発力を発揮させる!【ジャパンC】

中距離戦線で存在感を発揮し続けているヒットザターゲットがジャパンカップに出走する。これまでの重賞4勝はいずれも単勝5番人気以下、しかも2勝が二桁人気での勝利とダークホースとしてファンから注目されており、今年も目黒記念3着、前走の京都大賞典5着と衰えは見せていない。神出鬼没の古豪が初のGⅠタイトルを狙う。そんなヒットザターゲットについてまとめてみた。
ヒットザターゲット
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【2015年 ジャパンC】直線スペースなく...13着に敗退

札幌記念から休み明けでの参戦となったこの一戦。いつものように後方で控えたが、直線では馬群が密集してしまい内を突いたが何度も前が壁となる形に。いいところなく13着に敗れた。
動画を見る
以下はレース後の鞍上小牧太騎手のコメント
inyofu 「スタートは及第点でしたが、枠順ですね。直線で行くところがなくて、走り切れませんでした」

【目黒記念】連覇狙うも3着

昨年は11番人気ながら差しきり勝利を手にした相性のいいレース。中団からレースを進めて昨年同様直線勝負に持ち込む。直線で内が開き、そこをつくも休み明けの影響か伸びきれず3着となった。
動画を見る
以下はレース後の小牧騎手のコメント
inyofu 3着 ヒットザターゲット(小牧騎手) 「今日は休み明けの分、切れませんでした。少しモタモタしていました。ですが、逆に行きっぷりが良く、いい位置につけられました」

【京都大賞典】スムーズな競馬で5着

10頭立ての9番枠スタートだったが、最初の直線で馬群が縦長になるのを見ると、鞍上小牧騎手はすぐに内ラチ沿いを確保する。道中は中団よりやや後ろで末脚をためると、最後の直線では外に出しながらじりじりと追い上げ5着に入った。
動画を見る
inyofu 5着 ヒットザターゲット(小牧太騎手) 「いい手応えで回ってこられました。このぐらいの距離は合っています。まだまだやれるでしょう」

直前情報!8歳でも元気な走り!

inyofu ヒットザターゲットの1週前追い切りは坂路で一杯に追われて4ハロン53・4―38・9―12・7秒。これといった良化材料はないが、年齢の割に元気いっぱい。
清生助手のコメントはこちら↓
inyofu 「前走(京都大賞典=5着)はスローな流れだったことを考えれば、もう1列前で競馬がしたかった。この中間も稽古はしっかり動いているし、力は出せる状態です」
最終追い切り
inyofu ヒットザターゲットは開門直後の坂路で4F53秒5の時計を出した。しまい重点でラスト2Fは12秒5―12秒7。

このまま無事にジャパンカップに出走すれば、重賞初制覇となった2012年の新潟大賞典から32戦連続重賞出走、ジャパンカップは4年連続4回目の出走となる。これほどまでに息の長い活躍を見せているのは、やはり陣営の努力の賜物だろう。勢いのある年下が相手だが、経験の差で存在感をアピールする。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line