TOP > 予想/馬券 > 【日本ダービー】伏兵激走で高配当ゲット!?穴馬の条件はこれだ!
予想/馬券

【日本ダービー】伏兵激走で高配当ゲット!?穴馬の条件はこれだ!

ここ2年は比較的固い決着が続いているが、14年以前は毎年のように人気薄が馬券に絡み高配当が飛び出している日本ダービー。果たして今年の結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

1800m以上の重賞実績が大事!

過去5年の3着以内馬15頭中14頭は、1800m以上の重賞で勝利した経験のある馬だった。トーセンホマレボシやマイネルフロストが人気薄で3着に食い込んでいる。今年も重賞実績のある馬には要注意だ。
スプリングSの勝ち馬ウインブライト。皐月賞は17番枠も響き8着だったが、勝ち馬とは0秒5差とそれほど負けていない。ロスなく立ち回れれば、チャンスは十分ある1頭だ。

皐月賞上位人気馬に注目!

過去5年、皐月賞で4番人気以内だった馬は(4,3,1,11)で複勝率は42%と好成績。4着以下から巻き返した馬もいるため、前走の着順は度外視して狙ってみたい。
カデナは皐月賞で3番人気で9着だったが、速い流れが向かずちぐはぐな競馬だった。脚質的には広い東京の方が向きそうで、コース替わりは歓迎材料。今回は人気を落としそうだが、しっかり脚を溜めることができれば巻き返す場面もありそうだ。

先行馬に要注意!

Cコース1週目ということもあり、先行馬の活躍が目立つ近年のダービー。トーセンホマレボシやアポロソニックなど4角を1,2番手で通過した馬が最後まで粘って穴をあけてきた。今年も人気薄の先行馬には要注意だ。
皐月賞で見せ場十分の4着だったクリンチャー。有力馬に差し馬が多く、距離が400m伸びる今回も積極策を取りそう。スムーズに運べれば、侮れない1頭だ。

今年は例年に比べ各馬の能力に差が無く、枠順、展開次第で大きく着順も変わりそう。どの馬にもチャンスがありそうで、人気薄を積極的に狙う価値も十分ある。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line