TOP > 予想/馬券 > 宝塚記念より障害レースで稼ごう2014年【東京ジャンプステークス】予想まとめ
予想/馬券

宝塚記念より障害レースで稼ごう2014年【東京ジャンプステークス】予想まとめ

3110mとすべての障害重賞のなかで最も距離の短いレースになっている東京ジャンプステークス。宝塚記念に予想が流れる中で今回、数少ない予想記事をまとめてみた。
東京ジャンプステークス

過去のレース傾向

inyofu 脚質ではもっとも勝率が高いのは逃げ馬で、次いで先行馬と続く。差しまではなんとか馬券に絡めることもあるが、追い込み馬は常に不利で2009年以降は馬券になったことが無いので、競馬予想の際には後ろから行く馬や、出遅れ癖のある馬は割引が必要と言えるだろう。
inyofu 枠順では大きな差は見られないが、1・2枠は配置される馬が少ないことも響いて成績は悪い。ただし一定の人気に推された馬でも、内枠に配属されると馬券に絡めていない点から、データが少ないので判断の決め手に欠けるが内枠不利の可能性は十分にある。
inyofu 前走レースでは障害オープン戦から望む馬の分布が最も多く、勝鞍も多くなっている。特に同じ東京の障害コースで上位入賞してきた馬が好走しやすい傾向が強く出ているので、競馬予想の際の参考にすると良い。京都ハイジャンプや、中山グランドジャンプ経由で臨んで好走した馬もいるが、勝鞍は無く2着までという結果になっている

コース適正は必須

inyofu いちおう2009年以降の上位好走馬の共通条件を探ってみたので、参考にしてほしい。 真っ先にチェックしたいのは東京障害重賞実績だね。 2011年のマジェスティバイオ、2012年のデンコウオクトパスと、2年連続して、この東京ジャンプSと 秋の東京ハイジャンプを連覇した馬が現れたように、舞台巧者は徹底して走る傾向にある。 過去に春秋の東京障害重賞で好走した実績のある馬は、必ず押さえておくようにしたい。

実績上位 オースミムーン


inyofu 連対馬10頭中8頭が障害2勝または4連対以上。連対馬6頭に東京障害で連対歴あり。 ⑪オースミムーンは前走の中山グランドJで6着に敗れたものの、それまでは障害戦で8戦すべて連対と圧倒的な戦績を残していた。昨秋に東京部の重賞勝ちもあり、他に障害重賞勝ち馬がいない今回は負けられない。
inyofu 東京第8レース
11 オースミムーン
今の東京の馬場コンディションなら(とは言っても障害コースですから何ともですが)この馬の先行力で圧勝できるのではないでしょうか。逆転があるとすれば08ネオレボルーションだと思います。 この二頭から三連複を買いたいと思います。
前走の中山グランドジャンプ(GI)で障害戦の連対記録は8でストップしたが堅実な走りをする馬。実績から見ればここは上位だ。

↓オースミムーン成績↓

スピード勝負なら ハードダダンダン


inyofu ◎ハードダダンダンは年明け一度叩いてから中山・京都を避けて敢えてここを選んできたのは勝ちを意識しているのかなあと。ただ以前中京で斤量差があるとはいえオースミムーン相手にレコード勝ちしているくらいだから飛越をそう問われない条件でのスピード勝負に持ち込みたいのかなと。東京はその適性で考えると合っているので勝負気配と見て。
昨年の7月に障害OPでオースミムーンに0.7秒差つけて勝利。今回5ヶ月の休み明けだが、昨年の走りができるなら本命にしたいところだ。

↓ハードダダンダン成績↓

東京コースでも メイショウヨウドウ


inyofu メイショウヨウドウは京都ハイジャンプでスムーズに運べたとはいえ思った以上に踏ん張った印象。もともと距離はこれくらいがちょうどいいし東京コースでも実績のある馬なのでここは勝っておきたい条件。
京都巧者のイメージが強いが、中京の左回りにも対応しているところから、東京コースでも力を発揮してくれそうだ。

↓メイショウヨウドウ成績↓

Twitter陣の予想は!?


まとめた結果、予想の中心は、オースミムーン。実績から言ってここでも勝ち負けだろう。馬券的には固く収まりそうだ。しかし、障害は落馬の可能性もあり、大金投入は禁物だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line