TOP > コラム > 一発逆転!7号影武者のヤバイ穴馬券術【2017年5月28日版】
コラム

一発逆転!7号影武者のヤバイ穴馬券術【2017年5月28日版】

一発逆転!7号影武者のヤバイ穴馬券術
good eveningうまキュレ!アナ馬券で金(キン)を狙うアナキンこと7号影武者です。

今週はいよいよ日本ダービー!実は私7号影武者、ダービーで破産しかけたというヤバイエピソードを持っているのです。そこで今回は、当時の様子を小説風に書いてみたいと思います。

⇒前編はこちら

「貯金のすべてを、今年のダービーにつぎ込もう」

人間というのは、実にズルい生き物だと思う。仮にこの賭けが上手くいったとする。その場合“震災”の体験があったからこそ得られた結果だったとの結論が導き出されてしまう。二度と起きてほしくない悲しい出来事・・・それが僕の背中を押すものだとしたら、僕は今後、背中を押してほしいがゆえに不幸を願う人間になってしまうのだろうか?

心に同居する天使と悪魔。

葛藤のさなか、天使が囁く。

「負けたらJRAに寄付したと思えばいいし、勝ったら半分を義援金にすればいいと思うよ」

僕は腹を決めた。

ATMからありったけの現金を引き出し、財布がズシリと重たくなった。そうこうしているうちにレースの時間が刻一刻と迫る。迷っている時間はない。気が変わらないうちにマークシートで唯一塗りつぶしていなかった1点あたりの金額とその単位を埋める。

馬券はお金に化けるのか、それとも紙屑と化すのか――

運命のゲートが開いた。

視界をさえぎる雨を切り裂くように走る18頭のサラブレッド。僕の◎オルフェーヴルは後方でじっくりと構え、その機を窺う。

「よしよし、今日の馬場なら後ろからでいいぞ」

ダービーデーに施行される青嵐賞。東京芝2400mで行われるこのレースは、ダービーを見据えるうえで見逃せない最重要レースだ。ちなみにそのときの青嵐賞は、道中最後方を進んだピエナファンタストという馬が勝利。不良まで悪化した馬場は容赦なくスタミナを奪う。ならば道中は脚を溜め、直線勝負に賭けるのが懸命な判断だ。

先団では、トーセンラーがインから進出を開始。同馬は宮城県にある山本トレセンで被災。生涯一度のクラシックを万全な状態で迎えられたかと言われれば答えは「NO」だろう。「太陽神」の名前通り、キラキラとした日差しを浴びるなか施行されるパンパンの良馬場でこその馬。「運の強い馬が勝つ」と言われるダービー。のちのGI馬も、このときばかりは運に見放されてしまっていたのかもしれない。

4コーナーを過ぎ、最後の直線へ。積極果敢な逃げを打ったオールアズワンが先頭をキープするなか、後続がドッと押し寄せる。ショウナンパルフェか?ナカヤマナイトか?それともベルシャザールか?

「来た!来た!来た!」

泥だらけになりながら馬群を割るオルフェーヴル。外からはウインバリアシオンが目を見張る末脚で追い詰める。

「交わされてしまうのか!?」

僕の不安を察したのだろうか、ギアをさらに上げたオルフェーヴルはグンと加速。最後まで交わされることなく、真っ先にゴール板を駆け抜けた。

「勝った・・・」

ここで言う“勝った”はダブルミーニングだ。オルフェーヴル&池添謙一の勝利と、僕の馬券における勝利。気持ちが張り詰めていたのだろう、レースを観ていただけだというのに、払戻に向かう足取りは経験したことのない重さだった。

「まあいい、勝負に勝ったんだ、今日は自分で自分を褒めてあげよう」

今の今まで書いていなかったが、当時僕が貯金していた額なんてたかが知れている。ましてや僕は、自他共に認める浪費癖の持ち主。1点あたりの額は、一応〇十万円とだけ記しておく。

オルフェーヴル→ウインバリアシオンの馬単は45.4倍。大勝負のリターンとしては十分すぎるほどだ。しかし次の瞬間、

「この投票券は、的中しておりません」

(コノトウヒョウケンハ、テキチュウシテオリマセン・・・?)

歓喜の瞬間を待ちわび列に並ぶファンから冷たい視線が突き刺さる。買い間違えには細心の注意を払っているはずだ。買い目・金額は何度も何度も確認した。“ダービーあるある”とも言えるレース番号間違いも最初に【10】の箇所を塗りつぶすことで回避できたはずだ。

・・・僕の馬券が不的中だった理由は、上の文から察してほしい。

果たして、今年のダービーは一体どの馬が勝つのだろうか?
昨年に続いて、新たなダービージョッキーが誕生するのだろうか?

貯金すべてを突っ込む勝負はもうやらないと思うが、あの日の思い出とともにダービーの発走を心待ちにしたい。

~終わり~


さて、ここからはアナ馬券で金(キン)を狙う7号影武者の一発逆転アナキン予想タイムです!

明日の一発逆転最終レース、ターゲットは東京12Rの目黒記念!ダービーデー恒例のこのレース、過去5年での1着馬人気が1→4→8→11→3と波乱の香りがプンプン漂います。2014年の蛯名騎手のように、ダービーの悔しさを最終で・・・というパターンにも気を配りたいところ。

【穴馬候補】
・5枠10番トルークマクト
(東京で3勝とコース実績は十分。広いコースの良馬場なら末脚は確実)

・4枠7番ウムブルフ
(東京では2.2.1着と連対を外していない馬。メインでデムーロがやらかせば、なお怖い)

・2枠4番カフジプリンス
(休み明けで太め残りの前走は叩き台と判断。節目の勝利達成で波に乗る鞍上にも期待)

【予想印】
◎10 トルークマクト
〇7 ウムブルフ
▲4 カフジプリンス
☆2 ヴォルシェーブ
注11 マイネルサージュ
△18 クリプトグラム
△1 モンドインテロ
△3 サラトガスピリット
△12 フェイムゲーム

【買い目】
・3連単フォーメーション
1着10.7.4
2着10.7.4.2.11
3着10.7.4.2.11.18.1.3.12

計8400円

ということで、一発逆転!7号影武者のヤバイ穴馬券術、来週もお楽しみに!

⇒こちらも楽しみ覆面馬主の予想『競馬のカリスマ』




◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line