TOP > 予想/馬券 > 【第70回鳴尾記念】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第70回鳴尾記念】最終追い切り情報&タイムまとめ

2017年6月3日(土)に行われる阪神競馬場のメインレース【第70回鳴尾記念】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 3枠3番 マイネルフロスト

inyofu 復調気配のマイネルフロストは坂路(4F74秒5)からWコースへ。単走も直線しっかり追われて5F68秒4〜1F13秒1。 高木師は「使って状態は上がっていて、動きは良かった。前走はブリンカー効果で、真面目に走ってくれた。相性のいい阪神で改めて」と14年毎日杯以来の重賞Vへ期待を込めた。

4枠4番 スズカデヴィアス

inyofu スズカデヴィアスはウッド単走で5ハロン70・4―38・5―11・6秒。ラスト4ハロン標からペースを上げ、最後は一杯に追われてしっかり伸びた。 村井助手「しっかり乗り込んで息はできています。今回はジョッキー(横山典)からオファーがあっての騎乗。力を引き出してくれる競馬を期待したい」

5枠5番 バンドワゴン

inyofu 開門から20分後の坂路で最終調整。蹄跡の残る荒れたチップを力強く蹴り上げ、単走で4F51秒6〜1F12秒4。馬なりのまま自己ベストに0秒2差まで迫る好時計を叩き出した。 石坂師は「あの時間帯で時計が出ていたからね。脚元も不安なく乗り込めているし状態はいいよ」と出来に太鼓判を押す。

6枠6番 デニムアンドルビー

inyofu デニムアンドルビー(牝7、角居)は栗東坂路を4ハロン53秒1-12秒3で単走した。 先週同コースで4ハロン51秒9と時計を出しており、岸本助手は「今日はサラッと」と予定通りの調整だ。馬場が合わなかった前走阪神牝馬S(12着)は参考外。「地力は十分。この距離も、阪神も合う」と復活勝利を期待する。

7枠7番 レッドソロモン

inyofu レッドソロモンは坂路で僚馬に1馬身先着。4ハロン54・0―38・9―12・2秒。残り1ハロンで鞍上がゴーサインを出すと力強く脚を伸ばした。 庄野調教師「いい動きだった。体にもメリハリが出てきたし、いい仕上がりで臨めそう。内回りに替わるのもプラス」

7枠8番 スマートレイアー

inyofu スマートレイアーは、M・デムーロ騎手を背に、坂路でクィーンズベスト(500万下)と併せ馬。1馬身ほど追走の形から外に出すと、首をリズムよく上下に動かして馬なりで併入。ラスト1ハロン12秒2(4ハロン53秒7)の鋭いフィニッシュを見せた。「馬なりでもラストまでいい動きだった。もう7歳だから競馬もわかっているし、どんな距離でも走る。楽しみ」と、4度目のコンビとなる鞍上は期待を込めた。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆ステイインシアトル・池江師 「脚元は大丈夫だし、攻めもいい感じだ」

◆スピリッツミノル・本田師 「デキは変わりない。本質的には中距離がいいタイプ」

◆ミュゼエイリアン・黒岩師 「リズムを崩さず走れていた。内回りの2000メートルならこなせる」

◆ラストインパクト・岸本助手 「いい動きで調子もよさそう。開幕週の馬場なので、ある程度の位置で運べれば」

最終追い切りタイム一覧

inyofu スズカデヴィアス 牡6 56 *横山典弘 31日栗C良:69.9-53.1-38.1-11.6:一杯

ステイインシアトル 牡6 56 *武豊 31日栗C良:67.8-51.9-38.1-11.6:馬也

スピリッツミノル 牡5 56 幸英明 31日栗C良:82.3-65.7-51.5-38.2-12.0:馬也

スマートレイアー 牝7 54 *M.デム 31日栗坂良:53.7-38.6-12.2:馬也

デニムアンドルビー 牝7 54 *福永祐一 31日栗坂良:53.1-38.0-12.3:馬也

バンドワゴン 牡6 56 ルメール 31日栗坂良:51.6-37.6-12.4:一杯

マイネルフロスト 牡6 56 丹内祐次 31日南w良:68.4-53.2-38.4-13.1:強め

ミュゼエイリアン セ5 56 *松山弘平 31日南w良:52.2-38.4-12.6:馬也

ラストインパクト 牡7 56 四位洋文 31日栗C良:68.8-52.7-38.0-11.9:馬也

レッドソロモン 牡5 56 *岩田康誠 31日栗坂良:54.0-38.9-12.2:強め

うまキュレが選ぶオススメ好調馬

◎バンドワゴン
 ステイインシアトル
 スズカデヴィアス
 デニムアンドルビー

特にバンドワゴンは今回少し間隔は空いたが、自己ベストに迫る素晴らしいタイム。坂路で51秒台をマークしてきた際は、高い確率で好走してくるので休み明けでも要注意だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line