TOP > 競走馬 > 【2014年ラジオNIKKEI賞】買わなきゃ損!?買わなきゃハドソンヤード!
競走馬

【2014年ラジオNIKKEI賞】買わなきゃ損!?買わなきゃハドソンヤード!

2連勝中で調子を上げてきた【ハドソンヤード】が重賞初挑戦!果たして優勝はあり得るか、【ハドソンヤード】という競走馬の実態に迫る!
競走馬

【ハドソンヤード】の血統!

inyofu 気になるのはハドソンヤード。
マンハッタンカフェ産駒も福島コースが得意な方ではないけれど、母母父ノーザンテーストは小回り適性高い。
母父エルコンドルパサーもキングマンボ×サドラーズウェルズでこのレースに必要なパワーとスタミナを保持。
inyofu 前走のパフォーマンスも素晴らしく、前に付けながら上がり上位で突き放した。 ラップも最初と最後以外全て11秒台で、緩まないペースでの好走はこのコースへの適性有り。 ただし51kgの恩恵があったので、その辺りが53kgになってどうなるかだけれど、少なくとも小回りに替わるのは良さそう。
【ハドソンヤード】は父【マンハッタンカフェ 】×母【ドリームスケイプ】の組み合わせ。【ラジオNIKKEI賞】に出走する他の競走馬に比べると実績は今ひとつだが、血統的にコース適正は高い。

【ハドソンヤード】の勝ちレース!

デビュー戦9着、2戦目4着と勝ちきれなかった【ハドソンヤード】だが、3戦目、4戦目と連勝し、【ラジオNIKKEI賞】に挑戦することとなった。

ラジオNIKKEI賞【ハドソンヤード】の予想オッズ!

inyofu 人気 馬名 予想オッズ
1 クラリティシチー 2.5
2 ショウナンワダチ 4.9
3 ピオネロ 5.1
4 ミヤビジャスパー 8.3
5 ウインマーレライ 12.0
6 ウインフェニックス 12.6
7 イタリアンネオ 15.3
8 ラリングクライ 18.3
9 ワードイズボンド 35.4
10 オウケンブラック 52.8
11 メドウヒルズ 64.3
12 ブレイヴリー 65.5
13 ハドソンヤード 66.9
14 カウニスクッカ 83.4
15 イダス 85.6
16 トシザキミ 135.4
17 パワースラッガー 138.8
18 レッドグルック 175.7
19 ラディウス 181.5
20 ベストドリーム 214.5
21 アートフェスタ 250.3
【ハドソンヤード】の予想オッズは、13番人気の66.9倍。現時点では人気薄だが、勝利したレースは4番人気と5番人気なので、人気だけで測れないなにかがこの馬にはある!かもしれない。

【ハドソンヤード】の前評判は!?

inyofu マンハッタンカフェ産駒のハドソンヤード(牡3・西園正都)も、“遅れてきた大物”という雰囲気を漂わせる好素材だ。デビューが今年3月30日の未勝利(中京・芝1600m)と遅れ、結果は勝ち馬から1秒2も離された9着に完敗。しかし、2戦目の未勝利(新潟・芝1800m)では0秒3差の4着とレースぶりが大幅に良化し、3戦目の未勝利(新潟・芝2000m)で初勝利をマークすると、続く前走の500万下(阪神・芝1800m)も連勝。勇躍、重賞のここに駒を進めてきた。初勝利が2番手からの抜け出し、2勝目が逃げ切りで、先行力が最大のセールスポイント。小回りの福島・芝1800mは好条件と言えるだろう。
inyofu 《栗東》ハドソンヤード(西園、牡)は坂路で併せ馬。3歳未勝利馬を手応えで圧倒して、2馬身先着した。時計は4ハロン53秒5-13秒5。「馬なりでサーッとやった。本当に具合がいい。来週はビシッとやって万全に仕上げる。芝ではまだ底をみせていないので楽しみ」。西園調教師は大きな期待を抱く。

2014年7月6日に福島競馬場で行われる芝1800メートルのGIIIレース、第63回【ラジオNIKKEI賞】に出走予定の【ハドソンヤード】。他の競走馬に比べると実績はまだまだだが、決して侮れない実力を持っており、番狂わせを期待している競馬ファンも多い。血統的には優秀なので、1番人気馬【クラリティシチー】を抑え、重賞初制覇からの飛躍の年となるか注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line