TOP > 予想/馬券 > 単勝2.9倍以内は複勝率90%【第58回宝塚記念】予想まとめ
予想/馬券

単勝2.9倍以内は複勝率90%【第58回宝塚記念】予想まとめ

2017年6月25日(日)阪神競馬場で行われるGI【第58回宝塚記念】は上半期のGIを締めくくるグランプリだ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu ・宝塚記念/人気データ
1番人気 (2-4-2-2)
2番人気 (2-2-1-5)
3番人気 (1-1-2-6)
4番人気 (0-0-1-9)
5番人気 (1-1-0-8)
6番人気 (2-0-1-7)
7~9人 (2-1-1-26)
10人以下(0-1-2-58)

・宝塚記念/馬連・3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
2007年/ 1460円・ 2720円(3-2-4)
2008年/ 1080円・10660円(5-1-11)
2009年/ 2630円・ 720円(2-3-1)
2010年/ 5150円・ 7920円(8-1-3)
2011年/ 1660円・ 2020円(6-1-3)
2012年/ 1010円・ 3230円(1-2-6)
2013年/ 5150円・ 2910円(2-5-1)
2014年/ 8990円・57870円(1-9-8)
2015年/12900円・157770円(6-10-11)
2016年/ 2440円・ 2800円(8-1-2)

・宝塚記念/単勝オッズ
1.0~1.9倍 (0-1-1-1)
2.0~2.9倍 (2-3-1-0)
3.0~3.9倍 (1-0-0-4)
4.0~4.9台 (0-2-0-1)
5.0~6.9倍 (1-0-4-3)
7.0~9.9倍 (1-1-1-11)
10.0~14.9倍(3-0-0-9)
15.0~19.9倍(0-0-0-9)
20.0~29.9倍(1-0-0-13)
30.0~49.9倍(1-2-2-19)
50.0~99.9倍(0-1-1-22)
100倍以上  (0-0-0-29)
inyofu ・宝塚記念/馬齢データ
3歳 (0-0-0-3) 0.0% 0.0% 0.0%
4歳 (4-3-6-37) 8.0% 14.0% 26.0%
5歳 (4-5-2-31) 9.5% 21.4% 26.2%
6歳 (2-2-2-22) 7.1% 14.3% 21.4%
7歳上(0-0-0-28) 0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ・宝塚記念/枠データ
1枠(1-0-4-11)
2枠(0-1-2-13)
3枠(1-1-2-14)
4枠(0-4-0-14)
5枠(0-3-0-16)
6枠(3-0-0-17)
7枠(0-0-1-20)
8枠(5-1-1-16)

・宝塚記念/馬番データ
1番 (0-0-2-8)
2番 (1-1-2-6)
3番 (0-0-2-8)
4番 (0-1-1-8)
5番 (0-1-1-8)
6番 (1-1-0-8)
7番 (0-1-0-9)
8番 (0-3-0-7)
9番 (2-1-0-7)
10番(1-0-0-9)
11番(2-0-2-6)
12番(0-0-0-9)
13番(0-0-0-8)
14番(0-0-0-8)
15番(0-0-0-5)
16番(2-0-0-4)
17番(1-1-0-1)
18番(0-0-0-2)

・宝塚記念/脚質データ
逃げ(1-0-2-7)
先行(4-7-3-28)
差し(4-1-4-44)
追込(1-2-1-42)
inyofu ・宝塚記念/前走データ
天皇賞春(4-3-2-32)
鳴尾記念(1-2-1-9)
目黒記念(1-0-1-17)
大阪杯(0-0-0-5)
ヴィクトリアマイル
エプソムC(0-0-0-2)
海外(1-2-1-11)
OP特別(1-0-0-2)
条件戦(0-0-0-3)

・宝塚記念/前走着順別データ
1着  (3-4-4-24)
2着  (1-3-4-12)
3着  (3-1-0-14)
4着  (0-1-0-11)
5着  (1-0-0-9)
6~9着(1-0-2-28)
10以下(1-1-0-22)

・宝塚記念/前走人気別データ
1番人気 (3-3-3-18)
2番人気 (3-3-2-18)
3番人気 (2-1-1-15)
4番人気 (0-0-1-11)
5番人気 (1-0-0-7)
6~9人 (0-1-1-13)
10人以下(0-0-1-27)
inyofu ・宝塚記念/間隔データ
連闘(0-0-0-1)
2週(0-0-0-3)
3週(1-2-2-18)
4週(3-1-3-32)
5週~9週(6-6-4-46)
10週~25週(0-1-1-18)
半年以上(0-0-0-3)
inyofu ○単勝オッズ2.9倍以内
(2-4-2-1)
×7歳以上
(0-0-0-28)
△前走6着以下
(0-0-1-35)※前走G1除く
×前走5番人気以下
(0-0-0-24)※前走G1除く
△間隔10週以上 (0-1-1-21)
inyofu 実績と距離適性が重要

過去10年の連対馬20頭は、いずれも「JRAの2000~2200mのGI かGII」において優勝経験のある馬だった。該当馬は連対率29.4%、3着内率38.2%と好走率も優秀だ。まずは宝塚記念と近い距離のGIかGII を制した経験がある馬に注目すべきだろう。

阪神2200m騎手&種牡馬別成績(2012年以降)

inyofu 武豊  (9-7-2-14) 28.1% 50.0% 56.3%
川田将雅(7-5-4-19) 20.0% 34.3% 45.7%
岩田康誠(4-4-4-25) 10.8% 21.6% 32.4%
福永祐一(4-1-4-22) 12.9% 16.1% 29.0%
M.デム(3-2-5-11) 14.3% 23.8% 47.6%

和田竜二(3-1-5-30) 7.7% 10.3% 23.1%
浜中俊 (2-6-6-28) 4.8% 19.0% 33.3%
ルメール(2-0-1-7) 20.0% 20.0% 30.0%
松山弘平(1-6-2-20) 3.4% 24.1% 31.0%
幸英明 (1-0-2-40) 2.3% 2.3% 7.0%

横山典弘(1-0-0-3) 25.0% 25.0% 25.0%
inyofu キングカメハメハ (10-5-11-48)13.5% 20.3% 35.1%
ディープインパクト(9-7-5-56) 11.7% 20.8% 27.3%
マンハッタンカフェ(7-5-4-21) 18.9% 32.4% 43.2%
ステイゴールド  (5-1-4-29) 12.8% 15.4% 25.6%
ハーツクライ   (3-5-5-48)  4.9% 13.1% 21.3%

ディープスカイ  (2-0-0-4)  33.3% 33.3% 33.3%
ブラックタイド  (0-0-4-6)  0.0% 0.0% 40.0%
Marju       (0-0-0-1)  0.0% 0.0% 0.0%
スクリーンヒーロー(0-0-0-2)  0.0% 0.0% 0.0%

自分のペースでレースを進めるだけ キタサンブラック

inyofu 今や中距離以上で、この馬を負かす日本馬はごく僅か。
前につけさえすれば、あとは自分のペースでレースを進めるだけ。
4角からスパートすれば、いい脚を長く使い、それがゴールまで続く。
ジャパンC、有馬記念、大阪杯、春の天皇賞の対戦成績が、すべてを物語っている。 不動の本命!

スタミナ勝負になれば好勝負 サトノクラウン

inyofu Marju産駒。母の父Rossini。
3走前G1香港ヴァーズ(芝2400m)で世界の強豪を退け海外G1制覇達成。帰国後初戦京都記念京都記念を連覇。大阪杯は距離と内回りコースが合わず敗退する。スタミナをいかせる2200mの距離がベスト。時計のかかる馬場でのスタミナ勝負になるとスタミナとパワーが前面の押し出され強い競馬が可能になる。梅雨時期の宝塚記念馬場が重くなってのスタミナ勝負になれば好勝負必至になる。

非根幹距離の相性は抜群 ゴールドアクター

inyofu 日経賞は叩き台でボロ負け。天皇賞・春は出遅れてジエンド。
ここ2戦はマトモな競馬を出来ていないしガラリ一変もあるかも。
グランプリレースと非根幹距離の相性は抜群ですし、
正直人気無くて舐められるようならここで買いたい。

最大のチャンスかも シュヴァルグラン

inyofu これまで天皇賞春で2着、3着、ジャパンカップで3着とG1級の能力を示しているが、
どうにも勝ち味に遅いタイプで、大舞台では今一歩。しかし、そんなタイプの馬が勝つのが
この宝塚記念と、歴史が証明しており、この馬にとっては最大のチャンスかもしれない。

コース変わりで一変する可能性 シャケトラ

inyofu マンハッタンカフェ産駒。母の父Singspiel。
日経賞で重賞初制覇を決め、天皇賞(春)では1枠1番の絶好枠順から出遅れスタート直後に脚を使い直線は伸びきれず9着に敗退したが上位陣よりも長距離を走ったダメージは少ない点はプラス。境港特別で阪神2200mを勝利、一瞬の加速力があり直線の短い内回りで機動力を発揮できる。外回りから内回りへのコース変わりで一変する可能性あり。

みんなの予想は


うまキュレ班の予想

前回のユニコーンステークスや函館スプリントステークスも、やっぱ○の馬が来て軸馬が沈むパターンあります。
正直またかと思ってましたが、今回は宝塚記念しっかり当てて上半期笑顔で終わりたいです。

今回重要視したいデータは、
単勝オッズ2.9倍以内(2-4-2-1)
4,5歳(8-8-8-68)
2000~2200mのGIかGIIで優勝経験(10-10-6-42)
この3点から本命(軸)はキタサンブラックです。

もう何度も言っていますが、馬券から飛ぶまで買い続けるのが得策だと思います。
逃げても絶妙なペースで逃げられる武豊騎手、また逃げれなくても大阪杯のような番手の競馬もできます。
昨年の宝塚記念は3着に敗れておりますが、かなりのハイペースで逃げての3着です。
先行勢が大崩れの中で3着に粘り切った走りと、今回のメンバーを見たら素直に軸でしょう。
ただし雨も降ったり、前走レコードの反動から今回が最も危険な1戦なのは間違いありません。

対抗はゴールドアクター

阪神コースは初めてではありますが一昨年の有馬記念を制した馬です。
昨年もジャパンカップ4着、有馬記念3着と素質上位は間違いないでしょう。
コース違えど2200mは2勝2着1回と非根幹距離巧者と言っていいでしょう。
また偶然なのか14頭以下の少頭数レースなら6勝負けなしなのも買い材料です。

単穴はシャケトラ

前走は天皇賞(春)は初めて馬券外も3200mへの挑戦ということで距離が原因と考えていいでしょう。
今回は走り慣れた距離に戻って、鞍上もルメール騎手に。デキさえ戻っていれば、前走のような結果にはならないかと。

印は

◎キタサンブラック
○ゴールドアクター
▲シャケトラ
☆ミッキークイーン

オッズ見ながら強弱つけて◎→○▲☆のワイド3点

以上です。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line