TOP > 競走馬 > 「サトノクロニクル」小回りでも大丈夫!コンディションもベスト【ラジオNIKKEI賞】
競走馬

「サトノクロニクル」小回りでも大丈夫!コンディションもベスト【ラジオNIKKEI賞】

ここまで5戦オール連対のサトノクロニクルが重賞初制覇を狙い、ラジオNIKKEI賞に出走する。2走前の京都新聞杯で2着に敗れ、惜しくもダービー出走を逃したが、前走の白百合ステークスをきっちり勝利。トップハンデの57キロだが、ここを勝利し秋に向けて弾みを付けたい。そんなサトノクロニクルについてまとめてみた。
サトノクロニクル

【水仙賞】上がり最速で追い込むもわずかに届かず2着

道中は6、7番手につけたサトノクロニクル。13秒台のラップが4度刻まれるスローペースのなか、メンバー唯一の上がり33秒台の脚で直線追い込むも、逃げたイブキをとらえきれず2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 サトノクロニクル(S・フォーリー騎手) 「思ったほど馬が前に行かず、うながすと行きたがるので抑えていきました。追うと3、4完歩でトップスピードになりましたが、開幕初日だけに逃げた馬にやられてしまいました。位置が少し後ろすぎたかもしれません」

【京都新聞杯】直線抜け出すもゴール前わずかに交わされ2着

日本ダービー出走へ向けて、1着が求められた京都新聞杯。1番人気に支持されたサトノクロニクルは好位追走から直線、馬群を裁き先頭に躍り出る。しかし、ゴール前あとわずかのところで外から追い込んできたプラチナムバレットに交わされ2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 サトノクロニクル(川田将雅騎手) 「外から他馬に来られて、3コーナー過ぎで動かざるを得なくなりました。最後は盛り返しているだけに、申し訳ない気持ちです」

【白百合S】ダービー除外の無念を晴らすV!

単勝1.8倍と断然の人気に支持されたサトノクロニクル。この日は直線で外から脚を伸ばし、内ラチ沿いで粘るクリノヤマトオーをきっちり捕えハナ差の勝利。2勝目を挙げた。
動画を見る
inyofu 1着 サトノクロニクル(川田将雅騎手) 「ゆっくりめの競馬をしてほしいとの話でした。何とか届いてくれて良かったです。今日のレースがいい経験になってくれればと思います」

【ラジオNIKKEI賞】直前情報 併走相手交わせずも動きはまずまず

inyofu 出世レース・白百合S優勝馬サトノクロニクルは川田を背にウッドで同厩マウントゴールド(古馬1000万下)と併せ馬。僚馬を1馬身先行させて、4ハロン標識から徐々にペースアップ。
inyofu ラスト11・6秒の切れ味で前へ襲いかかったが、雨馬場の影響か相手をかわし切れず併入でのフィニッシュとなった(53・8―39・0秒)。
inyofu  池江調教師「動きはよかった。まだそれほど暑くなっていないし、小回りコースも大丈夫。秋に向けてという意味でも、ここはしっかり勝っておきたい」

実績馬が優勢!

過去4年の連対馬8頭はすべてJRAの重賞かオープン特別で掲示板に載った経験のある馬だった。近2走でこの条件を満たしているサトノクロニクルは、連対資格があるといえる。

日本ダービーは賞金順19番目で出走を逃したサトノクロニクル。春は不完全燃焼に終わっただけに、ここは何としても勝利して、きっちり賞金を加算しておきたい。重賞未勝利ながらハンデ57キロは多少背負わされた感じではあるが、負けられない戦いとなりそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line