TOP > エンタメ・雑学 > 2017年7月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2017年7月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2017年7月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
ラジオNIKKEI賞を制したのがセダブリランテス、CBC賞を制したのがシャイニングレイだった今週の競馬界。など一週間の競馬ニュースまるわかり。
馬キュレ

サトノアラジンは天皇賞・秋へ!

inyofu これは、本日29日管理する池江調教師が明らかにしたもので、休養中であるノーザンファームしがらきから戻ってきたのち、どこか1度前哨戦を使って、本番に挑む見込み。なお、その後のマイルCSや香港遠征などのプランは、天皇賞後の結果や状態次第になるようだ。
優先出走権を持つ今秋のブリーダーズCマイル挑戦は見送り天皇賞・秋への挑戦を池江調教師が明かした。秋のG1シーズンに向けて期待は高まる一方である。

柴田大知騎手が400勝!

inyofu 7月1日、福島競馬第1R・2歳未勝利でコスモイグナーツ(牡2)が1着となり、騎乗していた柴田大知騎手(40、美浦・フリー)は現役で39人目となるJRA通算400勝を達成した。初騎乗となった1996年3月2日から約21年4カ月、8077戦目での記録となっている。
400勝を達成した柴田大知騎手。今後もさらに多くの勝利を積み重ねていってもらいたい。

田辺騎手落馬で日曜乗り替わりに

inyofu ■同じく1日、福島第11R・テレビユー福島賞における最後の直線走路でマルヨバクシン(牝5)が疾病を発症し、騎手が落馬。競走を中止した。これにより、騎乗していた田辺裕信騎手(33、美浦・フリー)は負傷のため最終第12R・3歳上500万下で乗り替わりとなり、明日の騎乗も取り止め、乗り替わりとなった。同騎手は頭部外傷、脳震盪の疑い、および左足関節外果骨折の疑いと診断。マルヨバクシンは右第1指関節開放性脱臼のため、予後不良となっている。
福島第11R・テレビユー福島賞でマルヨバクシンの疫病によって田辺騎手が落馬し骨折の疑い。早く無事な姿を見せてもらえるよう祈りたい。

シャイニングレイ勝利!【CBC賞】

inyofu 7月2日、中京競馬場で開催された第11R・CBC賞(GIII、芝1200m)は、後方外めで脚を溜めた2番人気シャイニングレイ(牡5、栗東・高野)が、直線大外から鋭く伸びライバル勢をごぼう抜き。約2年半ぶりの重賞制覇を成し遂げた。勝ちタイムは1分8秒0(良)で、鞍上は北村友騎手。ハナ差の2着は2番手追走から、直線あわや押し切るかの粘りを見せた13番人気セカンドテーブル、2着に1馬身3/4差の3着は逃げた8番人気アクティブミノルが入った。なお、1番人気に推されたメラグラーナは直線思ったほどの伸び脚が見られず10着に敗退している。

▽配当
単勝7 570円
馬連7-14 1万8380円
馬単7-14 2万8240円
3連複4-7-14 8万9500円
3連単7-14-4 41万7490円
(7.シャイニングレイ、14.セカンドテーブル、4.アクティブミノル)

セダブリランテス勝利!【ラジオNIKKEI賞】

inyofu 7月2日、福島競馬場で開催された第11R・ラジオNIKKEI賞(GIII、芝1800m)は、好位追走の2番人気セダブリランテス(牡3、美浦・手塚)が、直線馬場の三分どころより鋭く脚を伸ばすと、ゴール前での2、3着馬との激しい追い比べを僅かに制し、1着でゴールに飛び込んだ。勝ちタイムは1分46秒6(良)で、鞍上はこれが自身の初重賞制覇となった石川騎手。クビ差の2着は逃げた8番人気ウインガナドル、2着にクビ差の3着は大外をまくって進出してきた9番人気ロードリベラルが入っている。なお、1番人気サトノクロニクルは勝負どころでの手応えが悪く6着に敗退となった。

▽配当
単勝11 440円
馬連7-11 4580円
馬単11-7 6810円
3連複1-7-11 3万4600円
3連単11-7-1 15万6510円
(11.セダブリランテス、7.ウインガナドル、1.ロードリベラル)
2番人気セダブリランテスがゴール前での激しい追い比べを制して勝利!2着が8番人気ウインガナドル、3着は9番人気ロードリベラルが入賞。1番人気サトノクロニクルは6着に終わっている。

今週のリーディング情報

inyofu ■リーディングジョッキー
1位 戸崎圭太騎手 (今週4勝)【86.71.46.43.40.203】(→)
2位 M.デムーロ騎手(今週2勝)【84.56.42.33.31.104】(→)
3位 C.ルメール騎手(今週2勝)【77.67.56.37.29.148】(→)
4位 田辺裕信騎手 (今週1勝)【59.43.31.29.32.209】(→)
5位 福永祐一騎手 (今週5勝)【59.37.42.31.33.160】(→)
6位 内田博幸騎手 (今週3勝)【56.44.49.49.43.256】(→)
7位 和田竜二騎手 (今週4勝)【52.41.38.48.52.268】(→)
8位 武豊騎手   (今週1勝)【45.45.36.38.30.144】(→)
9位 吉田隼人騎手 (今週2勝)【44.19.31.28.25.224】(→)
10位 川田将雅騎手 (今週2勝)【42.50.38.23.19.116】(→)

今週は順位変動こそありませんが、戸崎騎手が土曜に4勝を積み上げ、追うデムーロ騎手との差を僅かながらにも広げました。福永騎手は今週最多の5勝をマークし、勝利数で田辺騎手に肩を並べています。その田辺騎手は落馬の影響で日曜の騎乗はなし。今後まとまった期間の離脱は避けられない状況だけに、次週以降大きく順位が動いてくるのではないでしょうか。
戸崎騎手が先週に続いて今週もトップをキープ。2位のデムーロ騎手との差は2勝とわずかながら開いている。また4位の田辺騎手の落馬が心配であるが、それによって順位変動が今後起こりそうである。

2017年7月第1週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
リーディングは今週も戸崎騎手がトップ!柴田大知騎手は400勝達成した。ラジオNIKKEI賞、CBC賞のどちらも1番人気が振るわず配当が上がる結果となった。そして田辺騎手の落馬の影響での怪我が心配である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line