TOP > コラム > 成り上がり夫婦のドリーム馬券術【2017年7月1日版】
コラム

成り上がり夫婦のドリーム馬券術【2017年7月1日版】

成り上がり夫婦のドリーム馬券術
洋子「あのさ、守、あの塩爺って呼ばれてるオッサン、あの人とさ、今日から福島に二泊三日なんだけどさ、ね、どうなの?あの人、何してる人だっけ?」

「ええと、確か自分で会社をやってて、色んな事業やってる人だったと思うよ。でもさ、あのオッサンには気を付けてくれよな。ヤル気まんまんだから。」

洋子「え??そうなの?私と?」

「そうだよ、大好きなんだって、おまえの事が。オレがおまえの亭主だって知ってて、普通に口説いてくるような感じだからな。」

洋子「あららら、そうなんだ。じゃあ、良いこと思いついたわ。スペシャルオプションで儲けさせてもらうわ。」

「オ、オ、オプション????って何だよ?おまえ、まさかオレって夫がいるのに、変なことするんじゃないだろうな・・。」

洋子「しないと言ったらウソになるけど、大丈夫、ギリギリの線よ。そう、ギリギリガールズ。」

「それはさすがに、死語じゃないか・・。」

ということで、洋子が考えついたオプションというのは、特別券の事だ。

■洋子の水着姿を見られる券・・・3万
■洋子と露天風呂に入れる券・・・10万
■洋子とマッサージをし合う券・・10万
■洋子と同じ布団に寝られる券・・10万

このあたりを考えたが、守の強弁により、同じ布団はやめることとなった。

そして、待ち合わせの東京駅へ。
夏だというのに、ダンディなスーツ姿で、ボルサリーノをかぶった塩爺。
ヴィトンのスーツケース片手に、何故か葉巻をくわえている。
どこからどう見ても、マフィアっぽいのだった。

洋子「(心の声)あちゃ~~、よりによって、こんなくどいオッサンと二泊三日って・・・・辛いわ~。」

塩爺「あ、洋子ちゃん!こっちこっち。」

洋子「あ~ら、塩さん、今日も素敵ね~!ドキドキしちゃうわ。」

塩爺「そう?普段着だけどね。」

洋子「(心の声)んなわけねえだろ、このクソジジイが。」

塩爺「ほら、もうグリーン車のチケット買ってあるから、あとさ、これ見てよ。新幹線の中で飲もうと思って、洋子ちゃんの好きなシャンパン、買ってきたよ、ドンペリで良かったよね。」

洋子「あ~ら、すご~い。嬉しいわ。(心の声)違うだろ、私の好きなのは、ドンペリじゃなくサロンだっつーの。ま、いいか。」

そんな訳で、洋子と塩爺の二泊三日福島競馬&温泉ツアーが始まったのだった。

洋子「ねえねえ、塩さん、明日の福島競馬、自信あるレース教えてね!あたし、明日は、50万くらい勝ちたいわ。」

塩爺「おう、そこは任せとけって。でも、オレより洋子ちゃんの方が馬券上手いんじゃないの?」

洋子「そんな・・わたしシロートですから。」

そんな洋子の明日の勝負馬券は・・・


福島11レース!テレビュー福島賞!

◎10アレスバローズ

小回り得意なこの馬から狙うらしい。
馬券は・・・

複勝10番を、5万、馬連で、相手が、2,6,11,13,14 に、1万ずつ。
あと、10番軸一頭で相手5頭、10点、5000円ずつ。

これで勝負するとか。

それ以外は、塩爺に乗る方向らしいが、果たして・・・???



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line