TOP > 競走馬 > 「フェルメッツァ」体調も良くなってきている!福島は相性がいい【七夕賞】
競走馬

「フェルメッツァ」体調も良くなってきている!福島は相性がいい【七夕賞】

前走の福島民報杯で、今回の七夕賞と同じ福島2000mで2着に入ったフェルメッツァ。器用な面を持ち合わせているだけに、小回りコースはピッタリのこの馬。6歳にして重賞初制覇となるだろうか?そんなフェルメッツァについてまとめてみた。
フェルメッツァ

【初富士S】しぶとく脚を伸ばし1着

オルレアンローズが後続を離し気味に逃げる中、5,6番手を追走したフェルメッツァ。直線に入るとグングン脚を伸ばし、最後は粘るマイネオーラムをハナ差捕え1着でゴールした。
動画を見る
inyofu 1着 フェルメッツァ(石橋脩騎手) 「内枠が当たったので、ゲートには気をつけていました。ある程度位置を取って行きたかったので、主張して行きました。ペースが上がった3~4コーナーで置いていかれ気味になりましたが、エンジンが掛かればと思っていました。今日は外から他の馬に来られたのも良かったと思います。最後に勝負根性を出してくれました」

【日経賞】強豪相手に見せ場を作れず12着

アーリントンC以来の重賞挑戦となった日経賞。中山2500mでは有利とされる最内枠に加え、鞍上には戸崎騎手を迎えていたが、メンバーレベルが高く、後方追走のまま見せ場を作れず12着に敗れた。
動画を見る

【福島民報杯】しっかり脚を伸ばすが、マイネルミラノを捕らえられず2着

道中は4,5番手を追走し、最後の直線へ。懸命に脚を伸ばしたが、スムーズに逃げたマイネルミラノを交わすことができず2着。敗れはしたが、小回りコースへの適性の高さを見せた。
動画を見る
inyofu 2着 フェルメッツァ(秋山真一郎騎手) 「スムーズなレースでしたが...。残念です」

【七夕賞】直前情報 仕上げに抜かりなし!

inyofu 栗東坂路でオメガハートソングと併せて、ラストの追い比べでは半馬身遅れたが、脚取りはしっかり。けいこで派手な動きをするタイプではないので、仕上げに抜かりはなさそう。
inyofu 松永幹調教師「そんなに動くほうではないから、ラスト1F12秒台なら申し分ない。ここ目標に順調。ただ、ハンデ55キロは少し厳しいかな」

前走の福島民報杯で3着のサンデーウィザードが次走の新潟大賞典を制していることから、2着だったフェルメッツァも今回重賞勝利のチャンスは十分にあるといえる。ハンデ55キロは見込まれた感があるが、デキの良さをキープしていればここでも見逃せない存在だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line