TOP > 予想/馬券 > あの穴予想の団体が【CBC賞】で大穴を獲る!
予想/馬券

あの穴予想の団体が【CBC賞】で大穴を獲る!

夏競馬の開幕を告げるCBC賞。新装中京競馬場で行われるようになってから今年で3年目。2012年以降の中京芝1200mのデータを用いて大穴をしとめるために、今年イチオシ大予想TV 馬キュン!のイチオシ予想単複回収率200%を誇る穴予想でおなじみうまカレがデータをまとめてみた。大穴を獲る!
うまカレ

重ハンデを背負っている馬が強い!

斤量57.5キロ以上背負わされていた馬の成績は(2.1.1.1)という成績。

唯一圏外に敗れたサンダルフォンは追込み脚質だった馬で、開幕週ということだけあって届かなかったものだと考えられる。ある程度の位置取りを取れる馬で、重いハンデ=実績馬は人気がなくても狙ってみたい。

生粋のスプリンターを狙え!

サマースプリントシリーズとしてのレースだけあって、本格的にシリーズ制覇を狙いに来ているスプリンターを狙う。
過去2回のCBC賞では、前走高松宮記念で、ここまで1200m重賞を待った3頭が絡んでいるのに対し、前走1600mを使われていた馬が2頭絡んでいる。1200m重賞が3月末の高松宮記念から函館スプリントS、CBC賞までしばらく空くので、使うところがなく長い距離を使われていたスプリンターを探すと面白い。

絶対的外枠有利!!

過去2回のレースを見てもわかるように、2012年は8枠⇒8枠⇒6枠、2013年も8枠⇒7枠⇒3枠と決まっているように外枠の馬が独占している。
人気馬が比較的強い傾向にあるが、2012年で3番人気に支持されながらも9着に敗れたグランプリエンゼルも1枠1番であった。人気馬が内枠に入った消し!と言えるだろう。
inyofu おおまかなイメージとして掴んでおきたいが、ひとことで言えば「内枠不振」。1~3枠の馬は3着以内馬24頭中6頭(全体の25%)に過ぎず、そのうち4頭は3着止まりである。
1~6枠の成績は複勝率14.3%、複勝回収率も53%なのに対し、7,8枠は複勝率23.3%、複勝回収率94%とその成績は明らかになっている。

急坂をこなせる馬が狙い!

tp_183868672
前走で京都を使っていた馬は単複回収率31%なのに対し、同じく坂のある阪神を使っていた馬は98%と好成績を残している。

過去2回の結果を振り返ると堅い決着となっているのがわかる。今回はその結果から逆算することで、人気馬が好走できている所以や、人気馬でもこなかった馬の敗因から、求められる適性を調べてみた。今のところ荒れないレースが続いているが、そのイメージが定着し多くの人が人気馬につぎ込む今こそ穴党の出番かもしれない。外枠、前走坂コース、1200がベストの距離短縮馬という条件で大穴をしとめることができるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line