TOP > 競走馬 > 【2014年CBC賞】あのロードカナロアにも勝った最強牝馬が挑む! エピセアローム
競走馬

【2014年CBC賞】あのロードカナロアにも勝った最強牝馬が挑む! エピセアローム

2012年のセントウルSではGI6勝を挙げた、あの最強スプリンターロードカナロアにも勝ったことがあるエピセアローム。しっかり力を出し切れれば勝算は十分にあるだろう。果たして当レースで重賞3勝目を挙げることはできるのか。
競走馬

近走は衰えも…?!


エピセアロームの競走馬データはこちら
当馬が3歳時であった2012年のセントウルSでは先にも述べたように、ロードカナロアにも勝っている。しかし近走はやや不調気味であるようだ。年齢的な衰えが心配されるが、実際のところはどうなのか。今からじっくり見ていきたい。

ロードカナロアに勝利! 2012年セントウルS

http://youtu.be/T_Lut4meZuA
エピセアロームが強敵ロードカナロアを破り大金星を挙げた。レースでは好位の中団インコースから運ぶと、直線を向き追い込んだ。ゴール寸前でロードカナロアを交わしアタマ差勝利した。相手関係を考えると非常に内容の濃いレースであった。

GI勝利へあとわずか… 2012年スプリンターズS

http://youtu.be/yz26VMPQnEg
エピセアロームがGⅠ初挑戦ながら4着と大健闘した。レースでは後方から進めると直線ではこの馬の持ち味の末脚を使い猛烈に追い込んだ。しかし届かず、4着に敗れた。それでも最後の脚は非常に評価できるものであり、GⅠを獲れる可能性を感じさせるレースであった。

惜しくも敗れる… 2014年阪急杯&阪神牝馬

http://youtu.be/iMgVkA9kXog
http://youtu.be/DiOddDbveMY
6歳になった今年。エピセアロームが善戦を続けているものの、未だ勝ち星はない。しかしこの両レースでも共に掲示板を確保しており、内容的には悪くない。年齢的な衰えというものはさほど気にする必要はないだろう。

動きは抜群! 一週間前追い切り

inyofu エピセアローム(牝5、石坂)は浜中騎手を背に坂路で単走。4ハロン49秒8-36秒7-24秒4-12秒4と抜群のタイムをマークした。時計のでやすい馬場だったとはいえ、ラストまでしっかりした動きを披露。
エピセアロームがCBC賞に向けてじっくり仕上げられているようだ。単走でありながら、ラストまでしっかり好タイムを刻み、良い動きを見せた。このことからも年齢的な衰えを心配する必要はないだろう。

鞍上浜中も及第点! 衰えはない!

エピセアロームに関して鞍上浜中も好評価を下した。浜中騎手が言うのだから、エピセアロームの衰えというものは考えなくてよいだろう。レースに向け態勢は整った。

6歳になったエピセアローム。しかし今まで述べてきたように年齢的な衰えはないだろう。近走でも惜しい競馬が続いていて、追い切りでもしっかりとした動きを見せているため心配は無用だ。もともと素質が高い馬であり、あのロードカナロアにも勝つ実力がある当馬。いくら休み明けと言えども、GIIIのCBC賞では負けられない。あのGⅠ4着の悔しさを秋以降晴らすためにもここは負けられない。エピセアロームのGⅠロードが今始まる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line