TOP > 騎手 > ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)まとめ【佐賀戦】
騎手

ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)まとめ【佐賀戦】

2017年に新設されたヤングジョッキーズシリーズ(YJS)のトライアルラウンドが4月26日(水)から始まった。年末の12月27日(水)に大井競馬場、28日(木)に中山競馬場で開催されるファイナルラウンド出場に向けて、JRAと地方競馬の若手騎手たちがしのぎを削っている。
今回は7月17日(祝・月)に佐賀競馬場で開催されるトライアルラウンドで騎乗する騎手についてまとめてみた。
ヤングジョッキーズシリーズ
※ヤングジョッキーズシリーズとは?こちら

騎手ランキング&騎乗スケジュール【西日本地区】

2017年7月17日の佐賀戦では、西日本地区の若手騎手たちが勝敗を競い合う。兵庫の永井孝典騎手と長谷部駿弥騎手、JRAの加藤祥太騎手と坂井瑠星騎手は、本シリーズにおいて佐賀戦が初騎乗となる。

◆騎手ランキング&騎乗スケジュール【西日本地区】
馬キュレ
馬キュレ
この中からファイナルラウンドに出場できるのは、地方・西日本地区の上位3名と、JRAの最上位1名、JRAの最上位をのぞいたJRA・西日本地区の上位3名である。

2017年7月17日 騎乗騎手【地方 西日本地区】

◆長谷部 駿弥(はせべ じゅんや)2017年デビュー 兵庫(左)
◆永井 孝典(ながい たかのり)2017年デビュー 兵庫(右)
【アピールポイント 長谷部駿弥騎手】
inyofu 性格は真面目で負けず嫌いです。この性格を活かして、技術向上できるよう頑張ります。
【アピールポイント 永井孝典騎手】
inyofu 負けず嫌いな性格なので、先輩騎手に勝てるよう日々努力し常に研究心を忘れず技術向上を目指します。

◆田村 直也(たむら なおや)2016年デビュー 兵庫
【31歳の新人ジョッキー誕生秘話 田村直也騎手】
inyofu 「ずっと騎手になりたくて、中学3年から高校2年までJRAの競馬学校を3回受けました。でも、身長(161cm)が高いわけではないんですが骨太で減量が苦しかったんです。給食はみんなにあげて、僕は食べずに机に伏して寝ていました。3回とも1次試験で不合格。高校を中退しました。その後、新聞配達をしながら乗馬クラブに通っていたのですが、そこでの知り合いから園田競馬場で厩務員の仕事を紹介してもらいました。厩務員として働きはじめてすぐの頃、一発試験のことを知り、また騎手を目指しはじめたんです」

◆山口 以和(やまぐち もちかず)2015年デビュー 佐賀
【珍しい名前の由来 山口以和騎手】
inyofu 以和(もちかず)というお名前はかなり珍しいと思うのですが、どんな由来があるんですか?

両親が付けてくれたんですけど、よく「珍しい」って言われます。聖徳太子が作った十七条の憲法の第一条に、『一に曰く、和を以て貴しと為し、忤ること無きを宗とせよ』ということが書いてあって、原文だと『以和為貴』となるんですよ。そこから来ているみたいですね。

◆塚本 雄大(つかもと ゆうだい)2015年デビュー 高知
【騎手を目指したきっかけ 塚本雄大騎手】
inyofu 騎手を目指したのは、お兄さん(船橋・塚本弘隆騎手、2014年5月5日初騎乗)の影響ですか?

兄と僕は騎手を目指したのが一緒くらいだったんです。僕が小学6年のときに、母から「身長が小さいから、騎手っていう職業があるよ」って言われて。

◆松木 大地(まつき だいち)2015年デビュー 高知
【YJS名古屋 第2戦1着インタビュー 松木大地騎手】
inyofu レース前からビデオを見て、力が抜けているのは分かっていました。揉まれないようにと思いましたが、それでも揉まれました。これ以上揉まれたら走る気をなくすと思って外へ出したら、力を出してくれました。レースに勝ってなお、自分の未熟さが分かりました。シリーズはこれをきっかけに頑張りたい。

2017年7月17日騎乗騎手【JRA 西日本地区(JRA栗東所属)】

◆川又 賢治(かわまた けんじ)2017年デビュー(左)
◆富田 暁(とみた あかつき)2017年デビュー(右)
【印象に残ってるレース 川又賢治&富田暁騎手】
inyofu 川又 グランセブルスの桃山S(1600万、ダート1900メートル、4月23日、京都=2着)がすごかった。準オープンで上がり3ハロン(36秒3)は最速。新幹線に乗ってるみたいだった。富田は?

富田 2勝目のチェリーボンボン(3歳未勝利、ダート1800メートル、5月13日=京都)かな。前回の競馬(3着)で、早めに動くレースができればって手応えはつかんでいた。そのイメージ通りに乗れたし、ある意味、初勝利以上にうれしかった。

◆坂井 瑠星(さかい りゅうせい)2016年デビュー
【2016年度「中央競馬関西放送記者クラブ賞」(関西所属騎手新人賞)受賞 坂井瑠星騎手】
inyofu 2016年度の中央競馬関西放送記者クラブ賞(関西所属騎手新人賞)は坂井瑠星(19=矢作)に決定。同騎手は今年25勝を挙げるとともに騎乗停止がなかったことが評価された。  坂井騎手「矢作先生をはじめ、馬主の方、関係者のみなさんに感謝しています。まだ自分としては満足のいく成績とは言えませんが、この賞をきっかけに来年はさらに精進したいと思います」

◆三津谷 隼人(みつや はやと)2015年デビュー
【父は安田厩舎の調教助手 三津谷隼人騎手】
inyofu 三津谷騎手のお父さんは安田厩舎の調教助手をされている三津谷直樹さんで「普通に競馬の話をしますよ。外から見てる目と、レースでこっちから見てる目で話せるのでありがたいです」とキッパリ。

◆加藤 祥太(かとう しょうた)2015年デビュー
【2015年度「中央競馬関西放送記者クラブ賞」(関西所属騎手新人賞)受賞 加藤祥太騎手】
inyofu 中央競馬関西放送記者クラブ賞(関西所属騎手新人賞)は加藤祥太(18)に決定。同騎手は本年、30勝を挙げるとともに騎乗停止がなかったことが評価された。

加藤騎手「この成績に満足せず、もっと良い結果が出せるように頑張りたい」

◆森 裕太朗(もり ゆうたろう)2015年デビュー
【成績が凄いと話題 森裕太朗騎手 】


佐賀戦ではYJS初参戦となる騎手が4名いる。その内の一人である兵庫の永井孝典騎手は、今年デビューしてすでに10勝を挙げ奮闘している(2017年7月11日時点)。
JRAの加藤祥太騎手は、前回の名古屋戦で騎乗予定だったが騎乗馬が出走取消となったため今回が初参戦となる。日頃時間があればレース動画で研究を重ねているそうで、雨の中ファン一人ひとりのサインにこたえる姿など人柄も興味を引く騎手だ。
YJSトライアルも中盤を迎え、若手騎手それぞれの想いがどう弾けるか注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line