TOP > 競走馬 > 【2015年キーンランドC】ブリンカーの効果あり! 良芝で走れたら最高トーホウアマポーラ
競走馬

【2015年キーンランドC】ブリンカーの効果あり! 良芝で走れたら最高トーホウアマポーラ

トーホウアマポーラは昨年のCBC賞を制して以降、大敗が続いてリズムに乗り切れていない。半弟のトーホウジャッカルは先週の札幌記念では大敗。姉弟揃って不調であるが、ここで完全復活して弟を励ますのが姉の役目か!?この馬についてまとめてみた。
馬キュレ

トーホウアマポーラの血統!ミルレーサー≒ガナファシル2×4が配合的な要点!

inyofu トーホウアマポーラは『フジキセキ×アンブライドルズソング』。これはアカンサス(福島牝馬S-3着)と同じ組み合わせ。ミルレーサー≒ガナファシル2×4が配合的な要点だ。母はレイズアネイティヴ5×4に加えてヌレイエフが入り、緩急のあるレースよりも持続力が活きるレースのほうが合っている。距離短縮は好材料だろう。

【2014年CBC賞】見事な好位差し切り勝ち!初重賞制覇!

inyofu 1着 トーホウアマポーラ(福永騎手) 「流れがスローなら前めで、と考えていましたが、流れていたのでいいところで脚をためて、よく差し切ってくれました。直線もスムースに捌けましたしね。最後も甘くなることなく、しっかり伸びました。騎手時代同期の高橋亮調教師の初勝利もこの馬で、初重賞もこの馬でした。いい結果を出せて良かったです」
inyofu (高橋亮調教師) 「左回りで勝つことが出来、収穫の多いレース。ハンデに恵まれたこともありますが、騎手がうまく乗ってくれました。今後は、重量のこともありますが、サマースプリントシリーズとGI双方を見ながら考えていきたいと思います」
昇級初戦の阪神牝馬Sで10着に大敗し、3か月間ぶりの実戦となったCBC賞。序盤は中団の内に位置取り、最後は上手く外に持ち出されると、粘るエピセアロームを半馬身捕えきり、見事初重賞制覇となった。

【2015年高松宮記念】GIの壁は厚かった...

inyofu 9着トーホウアマポーラ(福永)イメージ通りの競馬はできたけど、気負って走っていて残り100メートルで止まった。
稍重発表以上の悪い馬場とハイレベルなメンバー。道中は馬場の外を進んでおり、最終コーナーでの手応えも良かったのだが、そこからいまいち伸びず9着。GIの壁の厚さを思い知ることとなった。

【2015年CBC賞】連覇を狙い積極的なレースをするも...7着。

http://youtu.be/4YpthlgBfj8
inyofu 7着トーホウアマポーラ(幸)4コーナーで脚を取られてノメった。
5分のスタートからポジションを上げて前目の位置に。この馬の持ち味を一番活かせる形に持っていったが、水分をたっぷり含んだ重馬場、ハイペースに巻き込まれ直線では伸び脚を欠く形となった。

【キーンランドC】1週前追い切り!叩いて上昇!未知数の洋芝も期待!

inyofu トーホウアマポーラは休養明けの前走CBC賞で7着。苦手な重馬場だったが、しぶとく粘って0秒5差と復調の兆しを見せた。火曜朝は角馬場からWコースへ。
inyofu 喜多助手は「栗東で速い時計を3本やって馬は仕上がっている。前走は初めてのブリンカーの効果もあった。いい状態を維持できている」と手応え。「芝は走ってみないと分からないが、良馬場が絶対条件」と好天を願った。

近走パッとしない走りが続いているが、初の洋芝で新たな1面が出ることを期待したい。そして弟トーホウジャッカルを励ますためにもここは(5,4,1,5)と最も得意としている1200mで重賞制覇を決めてほしい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line