TOP > 予想/馬券 > 【2014年】CBC賞 ラジオNIKKEI賞 最終追い切りまとめ
予想/馬券

【2014年】CBC賞 ラジオNIKKEI賞 最終追い切りまとめ

サマースプリントシリーズ2戦目のCBC賞と、3歳クラシック限定のラジオNIKKEI賞、共にハンディキャップ競走の最終追い切りを、各有力馬まとめてみた。
時計

CBC賞最終追い切り動画

1枠1番 リアルヴィーナス

inyofu 1週前にしっかり追われたリアルヴィーナスは坂路単走で軽め。全体時計は4F55秒6と地味だが、ラスト1Fは12秒0でキビキビとした脚さばきだった。「あまりやり過ぎるとイライラするから、きょうはサッと。状態はキープできています」と安達師。行きたがる面があるだけに、「この馬のペースで走れる千二は合うね。左回りも駄目じゃないと思います」と前向きな言葉を並べた。

2枠3番 ルナフォンターナ

inyofu 1000万下、準オープン、オープン特別を3連勝と勢いに乗るルナフォンターナは栗東ウッドを単走で追われる最終追い。終いだけ重点に攻められ、ラスト1F12秒フラットの切れを披露した。短期放牧明けだが仕上がりは早いタイプ。ここで負荷をかけられたことで十分に仕上がっているだろう。

4枠7番 ベルカント

inyofu 桜花賞以来となるベルカントは武豊騎手を背に栗東坂路で最終追いを行った。抜群の手応えで軽快に駆け出すと12秒1-11秒6-11秒5という爆裂ラップを刻んで進み、ラストはさすがに止まり気味だったがそれでも馬なりのまま1ハロン12秒5でまとめてみせた。4F全体は49秒7で、これで2週連続の49秒台。ひと息入ったが、いきなり力を全開にできそうなデキにある。

4枠8番 エピセアローム

inyofu 阪神牝馬Sでの4着以来となるエピセアロームは浜中騎手が騎乗し、栗東坂路で単走。時計が出やすいコンディションだったとは言え4F49秒8-1F12秒4(馬なり)と、自己ベストの時計を余力十分にマークしている。休みなく走っているが、中間にハードな併せ馬を消化できていることもあって目下ピークの仕上がりにありそう。

5枠9番 スギノエンデバー

inyofu 先週日曜に坂路で1番時計(4F50秒1)を刻んだスギノエンデバーは坂路しまい重点で最終追い切りを消化。スムーズに加速して4F58秒0で駆け上がった。若松助手は「もともと調子の変動がない方だし、この中間も変わりないですよ」と報告。「しまいはいい脚を使えるし、出たなりのポジションで流れに乗っていければ」と期待していた。

6枠11番 トーホウアマポーラ

inyofu  トーホウアマポーラは坂路単走で4F53秒4なら及第点だ。「ハミをとってしっかり走れていました。先週は物足りなかったけど、週末にちょっと速いところをやって、変わってきましたね」と唐津助手。「左回りは調教でもハミをかんで行きたがるし、いいと思います。千二はベストだし、開幕週の馬場も合うので」と前向きだ。前走は2番人気で10着に沈んだが、巻き返しがあっていい。

Twitterの反応


ラジオNIKKEI賞最終追い切り動画

2枠3番 ウインフェニックス

inyofu NHKマイルC11着以来のウインフェニックスは、美浦Wコースで2歳のウインバローラスを2馬身追走。ラストは貫禄を見せ、外からきっちり半馬身先着した。 相変わらずの軽快なフットワークに、「福島のハンデ戦で混戦になるだろうから、そこから抜け出すイメージでやってもらった。しっかり追えたし、良かったね」と奥平調教師。 前走以外はすべて掲示板内の堅実派で、「適度に放牧を挟みながら使ってきたし、トモの力強さとか、ゲート面とか、諸々の部分で着実に成長してくれた。ここでも楽しみはあるよ」と、G獲りへ前向きだ。

2枠4番 クラリティシチー

inyofu スプリングSで3着があるクラリティシチーは美浦ウッドで厩舎の大先輩ダイワファルコンに胸を借りる最終スパーリングを敢行。3馬身ほど追走し脚色劣勢の“おいでおいで”状態だったが、しっかり食らいついて半馬身差まで詰め寄る上々の内容だった。ひと息入っていた前走からしっかり上積んで臨めそうだ。

4枠7番 ショウナンワダチ

inyofu 朝日杯FSで6着、ニュージーランドTで2着がありハンデ56キロとトップ評価されているショウナンワダチは北村宏騎手を背に美浦ウッドで3歳未勝利馬を追走。脚色で圧倒しつつ並びかけると、あっさり抜き去り5馬身の先着を果たしている。GI後だが中間もしっかり攻められており、デキ落ちはなくきわめて高いレベルでの好調を維持できていると見ていい。

5枠9番 ウインマーレライ

inyofu Wコースでいっぱいに追われたパートナーに、馬なりで楽々と1馬身先着。5F70秒7と時計は控えめだが、うなるような手応え。 高木師を直撃すると「先週しっかりやったので、きょうはテンションを上げないようにサラッと。毛ヅヤも良くなってきた」と納得の表情だ。高木厩舎の3歳と言えば毎日杯を勝ち、ダービーで3着に激走したマイネルフロストが大将格。それでも指揮官は「追い切りはフロストよりマーレライのが豪快。心肺機能が凄い」と評価。鞍上の松岡にも「(滞在中の)函館からわざわざ福島へ乗りに来るんだから、何とかしてほしい」と期待を寄せる。

6枠12番 ミヤビシャスパー

inyofu 前走白百合Sで4着だったミヤビジャスパーは栗東坂路で併せ馬。終い重点に攻められて古馬500万下との追い比べを制し、クビ差の先着を果たしている。1週前追いでもラストに鋭い伸びを見せており、休み明けを2回使われ状態は更にアップか。

7枠13番 ピオネロ

inyofu 2歳時に2勝を挙げ、今期はオープンで好走を続けてきたピオネロは栗東ウッドで単走。ラストでぐいぐい追われた割にはラスト1F12秒8と伸びは案外だが、2週連続でしっかり負荷を掛けられたことは評価していいだろう。気迫面は平行線も体調はいい。

Twitterの反応


うまキュレ班的に追い切りが良く見えたのは、CBC賞はエピセアローム、リアルヴィーナス、ベルカント。ラジオNIKKEI賞はショウナンワダチ、ウインマーレライ、クラリティシチー。あくまで、調教から読み解く評価なので参考程度にしてほしい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line