TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~福島編~【2017年7月16日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~福島編~【2017年7月16日版】

抱きしめて!ミスターP
引き続き、覆面馬主・データの8号です!

では、函館と中京に続いて福島!

新馬戦の5Rから!
ここは⑨ムーランナヴァンに注目!

まず、この馬に注目した理由。
ひとつ目は父が新種牡馬エイシンフラッシュ。
ふたつ目は母父ディープインパクト。
みっつ目はドイツ血脈。

これですね!

エイシンフラッシュの産駒は、もう何頭か勝ち上がっていますが、エルコンドルパサー、キングカメハメハと同様に、競走馬として日本で成功。そして、キングカメハメハはもちろん、早世しながらGI馬を出したエルコンドルパサーと同様に種牡馬としても成功しているキングマンボ系のミスターP。同系にキングカメハメハ、ロードカナロアなど強力なライバルはいますが、大きな可能性を秘めた種牡馬なのは間違いナシ!

次に、母父ディープインパクト。土曜中京の新馬で母父ディープインパクトがワンツーの決着。母父としても優秀な産駒を送り出しそうなディープインパクトですが、これらの繁殖牝馬との相性の良さを発揮できれば、エイシンフラッシュの種牡馬としての可能性は一気に大きくなるはず。この辺りがどうなるのか?

最後に、ドイツ血統。エイシンフラッシュの母父は93年のジャパンCに出走していたプラティニ。その父はズルムーで、この血脈はドイツ血統を語る上で欠かせないドイツ土着のダークロナルド系の流れ。そして、ムーランナヴァンの母シュベトレーゼの母父アカテナンゴは、その父ズルムーで、同じくダークロナルド系の流れ。つまりズルムーの4×4。

また、日本に導入されたノヴェリストの父モンズーンの母父もズルムー。ダークロナルド直系の勢いはドイツ国内でも無くなりつつありますが、この辺りを考えると今後はこれまで以上に目に入ってくる血統になるはず。ノーザンファームが意図して作った配合でしょうが、産駒にどう現れるのか。気になります。

それに、ムーランナヴァン自身の動きは、水準以上で、初戦から勝ち負けを期待できるレベルなんだとか。
楽しみですね!

相手は、同じミスターPから⑭ウーマンレジェンド。

それから、②ヘッドストリーム、④ノームコア、⑫マイティテソーロまで。

3連複1頭軸流し!

以上、福島でした!


抱きしめて!ミスターP~中京編~
抱きしめて!ミスターP~函館編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line