TOP > 競走馬 > 「サクラアンプルール」得意の小回りコース!北の大地で今年も輝く!【函館記念】
競走馬

「サクラアンプルール」得意の小回りコース!北の大地で今年も輝く!【函館記念】

2017年の札幌記念の覇者サクラアンプルールが函館記念に出走する。中央再転入後に中山で3勝を挙げオープン入りを果たすと、昨年の中山記念では強豪揃いの好メンバーの中で2着と健闘した。そして札幌記念では4コーナーから仕掛けて早め先頭から押し切り重賞初制覇を飾った。今年は中山記念で4着、日経賞3着と好走を続けている。北の大地で重賞2勝目を挙げることができるのか。そんなサクラアンプルールについてまとめてみた。
サクラアンプルール

【札幌記念】豪快に差し切り重賞初制覇!

最内枠からまずまずのスタートを切り、中団のラチ沿いで脚を溜める。3コーナーから徐々に外へ進路を切り替え加速していくと、最後の直線では大外から一気に差し切り先頭に立ち、最後はナリタハリケーンの追い上げを振り切り重賞初制覇を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 サクラアンプルール(蛯名騎手) 「気持ち早めの仕掛けになって、遊びながら走っていたので、何とか持ってほしいと思っていました。前回は久しぶりでおとなしかったのですが、今日は返し馬でも気合が良く気配が一変していました。速い2頭が行くと思っていたので、後ろになりすぎず行き過ぎず、良い枠だったのでジワッと行ければと思いました。手応え十分で一気に加速したので、これなら凌いでくれると思いました。私も札幌は12年ぶりの滞在で、地元で勝てて嬉しいです」

【中山記念】流れに乗って4着に食い込む!

2番枠からのスタートで道中は縦長の展開で中団の5番手あたりを進む。3コーナーから徐々に前との差を詰めに行って、4コーナーでは内からスルスルと上がって直線へ。一瞬先頭を飲み込む勢いであったが、先行馬が粘りに粘って4着までが精一杯であった。
動画を見る
inyofu 4着 サクラアンプルール(蛯名正義騎手) 「自然に流れに乗れました。最後もうひと伸びしてくれれば届いたと思います。去年よりローテーションに余裕がありますし、次につながるいいレースでした」

【日経賞】好メンバー相手に3着と好走!

前走から700mの距離延長となった一戦。前半は後方に下げてじっくりと脚を溜めていく。2周目2コーナーからキセキが捲る展開にも慌てず我慢して、最終コーナーを勢いをつけて回って直線に向かうと、大外から鋭く伸びて3着に食い込んだ。
動画を見る
inyofu 3着 サクラアンプルール(田辺裕信騎手) 「外枠だったこともあり、今日は意識的にポジションを下げて脚を溜める競馬をしました。3コーナーから4コーナーで勝ち馬に競りかける流れになっていたら違った結果になったと思います」

【函館記念】追い切り 陣営も満足の仕上げ!

inyofu 日経賞3着以来のサクラアンプルールは函館Wコースで併せ馬。直線は内ジェットコルサ(500万下)に追いつけないかと思われたが、馬なりでラスト12秒6(5ハロン72秒4)と鋭く伸びて併入した。
inyofu 池上助手は「きょうはしまいだけ。持っていかれるくらい元気がいいし、反応は良かった。格好はつくと思う」と満足げ。

函館記念の傾向!単勝人気別の成績に注目

inyofu 伏兵馬の台頭がたびたび見られる函館記念。対象とした過去9回の単勝人気別の成績は特徴的で、単勝1番人気馬は優勝がなく、3着以内に入ったのは2頭だけ。優勝馬は全て2~5番人気なのだが、2~5番人気馬は2着がゼロとなっている。そして目立っているのは、単勝7、8番人気馬が2着3回、3着6回となっているところだ。

3月の日経賞以来の実戦となるが、春のレースを使った馬よりはリフレッシュした状態でレースを迎えられるだろう。懸念されるのは57.5kgのトップハンデではあるが、それだけ実力を評価されている証拠で、背負い慣れた57kgに僅かにプラスされるくらいなので大きく影響はしないはずである。後は前走に引き続き手綱を執る田辺裕信騎手がどのようなレースをするのか非常に楽しみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line