TOP > 競走馬 > 「サクラアンプルール」滞在競馬の効果が出る!切れ味鋭い末脚見せる【函館記念】
競走馬

「サクラアンプルール」滞在競馬の効果が出る!切れ味鋭い末脚見せる【函館記念】

切れ味鋭い末脚が武器のサクラアンプルールが函館記念に出走する。中央で挙げた3勝はすべて中山という小回り巧者は、今年の中山記念でアンビシャスやリアルスティールなどのトップクラス相手にも持ち前の末脚を繰り出し2着に食い込んだ。函館は2年ぶりとなるが、芝のレースは初めて。北の大地でも切れる末脚を見せられるか。そんなサクラアンプルールについてまとめてみた。
サクラアンプルール

【美浦S】あっさりと抜け出し押し切り勝ち!

8番枠からまずまずのスタートを切り、中団よりやや前目でレースを進める。道中は内で脚を溜め、最後の直線でスムーズに馬群をさばいて残り200mで早めに抜け出すと、カレンリスベットの追い上げをクビ差退けて勝利した。
動画を見る
inyofu 1着 サクラアンプルール(金成貴史調教師) 「馬の状態も結果的にはよく、うまく乗ってもらって4コーナーでは勝ったなと思いました。最後の反応も良かったです。次走は未定ですが、またいい状態で出してあげたいと思います」

【中山記念】切れのある末脚で2着!

スタートしてすぐにスッと控え、道中は後方から3番手で末脚を溜める。前半1000m61秒4のスローペースとなったが、終始内をうまく立ち回り、最後の直線ではメンバー最速の末脚でするすると伸び2着に食い込んだ。
動画を見る
inyofu 2着 サクラアンプルール(横山典弘騎手) 「上手に走ってくれました。この相手にここまでやれるのですから馬が成長しています。奥手なので、まだこれからです」

【大阪杯】キタサン徹底マークも勝負処でついて行けず・・・

キタサンブラックの1つ外隣の6番枠から好スタートを決めると、好位を確保したいキタサンをブロックするような形で3番手につける。向正面でもキタサンを見るような形でレースを進めたが、3コーナーで手応えが怪しくなり、4コーナーでは馬群に沈み13着に敗れた。
動画を見る
inyofu ▼13着サクラアンプルール(横山典)今日は機嫌が悪かった。

【函館記念】直前情報!涼しい北海道で馬体が回復!

inyofu サクラアンプルールは美浦トレセンで調整して7日に函館競馬場へ入厩している。「体は少し減っていたけど、こちらの涼しい気候がいいのか少しずつ戻ってきた。ハンデ56キロは見込まれたけど、流れが速くなりそうなのはいい。はまったときの破壊力はすごいですから」と池上助手。

函館記念の傾向!近年は内枠有利

inyofu 2010年以降過去7年の3着以内馬21頭中16頭は「1~4枠」の馬だった。一方、「5~8枠」だった馬は3着内率8.9%と苦戦している。2009年以前は「5~8枠」の馬の好走も少なくなかったが、近年は「1~4枠」に入った馬が優勢だ。

これまで夏場のレースでは結果を残せていないが、函館であれば気候的にもコースの相性的にも彼に向きそうだ。夏競馬で能力の高い走りを見せて、再びGⅠ戦線を目指す。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line