TOP > 予想/馬券 > 【第53回函館記念】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第53回函館記念】最終追い切り情報&タイムまとめ

2017年7月16日(日)に行われる函館競馬場のメインレース【第53回函館記念】
今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
time is money

最終追い切り情報 サクラアンプルール

inyofu サクラアンプルールは道中5馬身前を走るコスモメイプル(3歳未勝利)を抜き去る勢いだったが、半馬身遅れ。5F68秒6〜1F12秒5(馬なり)で最後は流した形。池上助手は「Wコースは狭いので(ゴール後の)1コーナーをトップスピードで入りたくなかった。楽に追いついたし、出来はまずまず」と合格点。

サトノアレス

inyofu サトノアレス(牡3、藤沢和)は函館芝コースで柴山騎手(レースはルメール騎手)を背に追われた。 3馬身前を行く2頭出しの僚馬スーパームーン(牡8)に直線半ばで馬体を並べ、5ハロン70秒6-12秒6で併入。手綱は最後まで動かないままだったが、確かな脚取りが出来の良さを伝えた。藤沢和師も「中1週なのでこれで十分。使って良くなっている」と納得の表情だ。

ステイインシアトル

inyofu ステイインシアトル(牡6、池江)は、函館のウッドコースで藤岡康騎手(レースは武豊騎手)を背に追い切られた。 5ハロン66秒4-12秒6をマーク。スピード感は十分だった。橋口助手は「乗ってくれたジョッキーも動きや反応がとてもいいと言ってくれた。前走より動きも良く見えたし、それでいてうるさくない。さらに良くなっている感じがする」と話した。

ツクバアズマオー

inyofu ツクバアズマオーはWコースで単走。5F65秒3〜1F12秒2(馬なり)でスピード感満点に流した。竹村厩務員は「これで十分。時計は速かったけど、無理に追ってないからね。昨夏の函館記念(3着)と比べて変わらない出来」と休み明けでも態勢は整った。

マイネルミラノ

inyofu 函館Wコースに飛び出した。アルチレイロ(500万下)が馬場の内を通って先行したが、ミラノは終始外ラチ沿いを進んで直線でも外へ。強風の中、5ハロン67秒7、1ハロン12秒2で力強く伸びて僚馬を1馬身引き離し、絶好調をアピールだ。「しまい動かしてほしいとの指示。反応は良かったし、勝った昨年と同じくらいの雰囲気です」満足いく最終追い切りに丹内騎手の笑みがこぼれる。

ルミナスウォリアー

inyofu 函館Wコースで5ハロン67秒8、1ハロン12秒9をマーク。いつも調教では地味な馬が、抜群の行きっぷりを見せ、一杯に追われた外ダンスアラウンド(3歳未勝利)に馬なりで併入した。 引き揚げてきた柴山騎手はやや驚きの表情を浮かべ、「先週、動く相手と一杯に追って併せたことで、動きがグンと良くなった。以前は動きが目立たなかったけど、やる気満々で持ったまま相手に並びかけたね」

その他出走馬追って一言

inyofu ◆アングライフェン・北村友騎手 「折り合い重視で感触を確かめる程度。タフな馬で使われながら良くなるタイプ。中1週はむしろプラスに働くと思います」

◆ケイティープライド・鮫島駿騎手 「硬さもとれて、いい状態だと思います。ハンデ差を生かして一発を狙います」

◆ダンツプリウス・榊原洋厩務員 「中1週だが、滞在なのでしっかりやった。切れる脚がないので、洋芝は合う」

◆パリカラノテガミ・松岡騎手 「2コーナーで引っかけられて(他馬に絡まれて)、併せるつもりだったけど直線はしまいを流すだけになった。デキは悪くない」

◆ヤマカツライデン・池添騎手 「最後までしっかり動かすようにしました。大型馬ですし、これで変わってくれると思う。自分のスタイル(逃げ)でどれだけ粘れるか」

◆レッドソロモン・久保智助手 「ブリンカーに慣れてきたので、あえて外してみました。速い脚はないですし、前めの競馬で。あとはゲートを出てくれれば」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アングライフェン 牡5 55 *北村友一 12日函芝良:56.0-41.1-13.4:馬也

カムフィー 牡8 54 *勝浦正樹 12日函W良:69.1-53.8-39.7-12.5:強め

ケイティープライド 牡7 52 鮫島克駿 12日函W良:69.2-54.0-39.3-12.0:一杯

サクラアンプルール 牡6 56 *蛯名正義 12日函W良:68.6-53.6-39.6-12.5:馬也

サトノアレス 牡3 54 ルメール 13日函芝良:70.6-53.6-39.4-12.6:馬也

スーパームーン 牡8 55 *四位洋文 13日函芝良:71.1-54.2-39.9-12.6:馬也

ステイインシアトル 牡6 57 武豊 13日函W良:66.4-51.6-38.0-12.6:馬也

タマモベストプレイ 牡7 56.5 吉田隼人 13日函W良:69.5-53.5-38.9-12.3:強め

ダンツプリウス 牡4 56 丸山元気 12日函W良:70.0-52.9-38.6-12.3:一杯

ツクバアズマオー 牡6 57 吉田豊 12日函W良:65.3-50.9-37.3-12.2:馬也

ナリタハリケーン 牡8 54 藤岡康太 12日函W良:59.2-42.1-12.7:馬也

パリカラノテガミ 牡6 53 *松岡正海 12日函W良:63.4-50.1-37.8-13.1:馬也

マイネルミラノ 牡7 58 丹内祐次 12日函W良:67.7-52.7-38.6-12.2:強め

ヤマカツライデン 牡5 55 *池添謙一 12日函W良:65.4-50.8-37.3-12.5:一杯

ルミナスウォリアー 牡6 55 柴山雄一 12日函W良:67.8-53.1-39.2-12.9:馬也

レッドソロモン 牡5 56 岩田康誠 12日函W良:67.1-52.5-38.2-12.4:馬也

最終追い切り映像

動画を見る

うまキュレが選ぶオススメ好調馬

◎ツクバアズマオー
 マイネルミラノ
 ステイインシアトル
 サトノアレス
 サクラアンプルール

特にツクバアズマオーは、早めに函館入りして乗り込み量も十分、最終追い切りは軽めの調整だったが、持ったままで自己ベストを楽々更新するなど文句なしの状態だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line