TOP > 地方競馬 > 【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2017年7/10(月)~2017年7/16(日)
地方競馬

【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2017年7/10(月)~2017年7/16(日)

先週1週間の地方競馬ニュースをチェック!
【地方競馬・週刊うまとめニュース!】2017年7/10(月)~2017年7/16(日)版。
先週はこちらの9ヵ所で開催されました。
帯広(月、土日)、門別(火〜木)、盛岡(月、土日)、大井(月〜金)、金沢(火、日)、笠松(水〜金)、園田(水〜金)、高知(日)、佐賀(日)
馬キュレ

2017年7/10(月)~7/16(日)の3連単最高払戻金額は?

先週の最高配当額は7月11日(火)大井競馬場での2,766,060円であった。
7月11日に行われた6R『C2三 四』で1〜3着が10、9、8番人気で決着し、3連単の払い戻しが2,766,060円となった。

ヒガシウィルウィンが制す!【ジャパンダートダービー】

inyofu 2日、大井競馬場で行われた第19回ジャパンダートダービー(GI・3歳・ダ2000m・1着賞金4500万円)は、先団の後ろでレースを進めた本田正重騎手騎乗の5番人気ヒガシウィルウィン(牡3、船橋・佐藤賢二厩舎)が、直線で脚を伸ばして、内を突いて一旦は先頭に立った4番人気サンライズソア(牡3、栗東・河内洋厩舎)をゴール前で捕らえ、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分5秒8(良)。
怪我で乗れなかった森泰斗騎手も応援していたヒガシウィルウィンがジャパンダートダービーを制して、2010年のマグニフィカ以来、7年ぶりの地方馬での勝利馬となった。これで東京ダービーと合わせて2冠となった。

田中淳司調教師が800勝達成

inyofu 13日、門別10Rで服部茂史騎手騎乗のバリスモア(牡3)が1着となり、管理する田中淳司調教師(北海道)が地方通算800勝目を挙げた。現役調教師としては7人目の達成。
田中淳司調教師は2007年の初勝利以来、10年目での800勝達成となった。

木村健騎手、復帰

inyofu 普段より馬の上でも下りてからもパワフルな木村騎手なだけに心配されたが、今週の開催より復帰。遠征となった今日の重賞・サマーカップ(笠松)ではインディウム(牡5、兵庫・田中範雄厩舎)に騎乗し、同じ兵庫のトランヴェールと白熱の一騎打ちの末、2着だった。

「並んだ時はいけるかな!? と思ったんですが、相手は手前を替えたらピュンッと伸びましたね」

 悔しそうに話す表情はこれまでと変わらなかった。
7月5日発走直前に極度の腹痛と吐血で騎乗取り止めをした木村健騎手が12日に復帰。13日には重賞で2着になるなど以前と変わらぬ活躍を見せた。

ミツバが勝利!【マーキュリーC】

inyofu 17日、盛岡競馬場で行われた第21回マーキュリーC(GIII・3歳上・ダ2000m・1着賞金2300万円)は、先団の後ろでレースを進めた松山弘平騎手騎乗の1番人気ミツバ(牡5、栗東・加用正厩舎)が、直線で内の2番人気ピオネロ(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)との追い比べをクビ差制して優勝した。勝ちタイムは2分2秒1(稍重)。
動画を見る
1番人気ミツバが期待に応えてマーキュリーCを制し、嬉しい重賞初勝利であった。

先週の地方競馬のニュース。最高配当金は大井競馬場で200万馬券が出た。木村健騎手の復帰にはほっと胸をなでおろした人も多いのではないだろうか。またマーキュリーCは人気に応えてミツバが重賞初勝利で制している。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line