TOP > 競走馬 > 「ブラックムーン」トップハンデも克服だ!末脚爆発で昨年の雪辱を晴らす!【中京記念】
競走馬

「ブラックムーン」トップハンデも克服だ!末脚爆発で昨年の雪辱を晴らす!【中京記念】

今年の京都金杯を鮮やかな末脚で差し切り勝ちを収めたアドマイヤムーン産駒のブラックムーンが中京記念に出走する。2017年までは重賞でもコンスタントに結果を残すものの、ワンパンチ不足という印象があったが、京都金杯では外目から豪快に差し切ってそのイメージを覆した。ここ2走は展開が向かずに残念な結果に終わってしまったが、昨年は1番人気に支持されている舞台でもう1度結果を出したい。そんなブラックムーンについてまとめてみた。
ブラックムーン

【京都金杯】天才とのタッグで重賞初制覇!

武豊騎手を鞍上に迎えて挑んだ京都金杯。いつものように後方に下げて脚を溜めていくが、3,4コーナーの中間地点からポジションを上げていってそのままの勢いで直線に向かうと、外目から長く良い脚を使って先頭に立つとそのまま押し切って、見事重賞初制覇となった。
動画を見る
inyofu 1着 ブラックムーン(武豊騎手) 「良い馬に乗せてもらってチャンスだと思っていました。末脚の良い馬なので、そこを最大限に生かそうと思ったので、うまくいきました。乗りやすい馬で、ゴーサインを出したら良い脚を使ってくれました。切れますね。ペースが遅かったので、早いかなと思いましたが、動いて勢いをつけて行きました。この馬は強いです。今年もブラックの年にしたいです」

【マイラーズC】展開が向かず9着...

レース前半はいつものように抑えて、後方からの競馬でじっくりと脚を溜めていく。前半800mが45秒8と適度に流れて、大外に回して直線に向かうが前との差はなかなか縮まらず、9着まで追い上げるのが精一杯であった。
動画を見る
inyofu 9着 ブラックムーン(秋山真一郎騎手) 「枠がもう少し内だったら良かったかもしれません。前が進まずさらに外を回る展開になって苦しくなってしまいました」

【安田記念】末脚不発に終わる...

いつものレーススタイルで終始最後方からじっくりと脚を溜めていく。前半800m45秒5とミドルペースで流れ、最後方のまま直線に入ったが、そこからはいつもの伸びはなく最下位でレースを終えた。
動画を見る
inyofu 秋山騎手(ブラックムーン=16着)「時計も上がりも速かった」

【中京記念】追い切り ラストの反応は上々!

inyofu ブラックムーンは幸を背にウッド5ハロンから3頭併せ。最後方を進んで直線は外に出して最先着(67・7―38・5―11・6秒)。攻め馬は目立たないタイプだが、今回のラストの反応は上々だった。
inyofu 幸騎手「格下馬にもアオられることがあるけど、今朝はしっかり動けた。いい決め手があるので最終週の馬場は合う」

中京記念の傾向!ハンデの重い馬が優勢

inyofu ハンデキャップで争われる中京記念、そこで過去6年の負担重量別成績をまとめると、優勝馬延べ6頭中5頭はハンデが57キログラム以上だった(残る1頭は55キログラム)。ハンデが「54.5キログラム以下」だった馬は2着が最高と苦戦しており、好走率を見ても、ハンデが重くなるほど数値が高くなっている。重いハンデを課せられた実績馬は、高く評価した方がよさそうだ。

ここ2走はレコード決着のレースでこの馬には分が悪かった。例年の中京のこの時期の馬場は最終週で芝が荒れ出すので、この馬の持ち味が生きる馬場になるだろう。57.5kgのトップハンデタイも実績を評価された結果で、先週の函館記念でもトップハンデの馬が2着と流れは来ている。後はこの馬の実力さえ発揮できれば、おのずと結果はついてくるはずである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line