TOP > 競走馬 > 【POG】三冠馬似?タッチングスピーチ
競走馬

【POG】三冠馬似?タッチングスピーチ

牝馬路線で毎年結果を残し続けているディープインパクト産駒たち。 タッチングスピーチの母は欧州で活躍した馬で、既に兄が2勝している。評判もよく、今年の牝馬路線の筆頭格となれるか!?
競走馬

三冠牝馬ジェンティルドンナと共通点が多い??

その理由は…。
inyofu 英国G1馬の母、サンデーレーシング&石坂厩舎…、ジェンティルドンナと共通点の多いタッチングスピーチ(牝2、母リッスン)にひかれた。柔らかい身のこなしと賢そうな顔つき。
inyofu 本年度のディープ牝馬で最も注目を集めている本馬。オーラ漂う馬体と雰囲気から多くの関係者からモノが違うと評される素質馬。

馬体面も非常に評価が高い!

馬体面の評価が高く、関係者からも期待されている。
inyofu タッチングスピーチ(牝2、母リッスン)にひかれた。柔らかい身のこなしと賢そうな顔つき。4月2日時点で456キロの馬体重も牝馬にしてはしっかりしているし、まだまだ成長する余地を残している。「跳びが大きく、力強さもある。無事にいけばすごく走ると思います」とノーザンファーム早来の日下厩舎長。1歳上の半姉アスコルティは父デインヒルダンサー×母父サドラーズウェルズ(ともにアイルランドの名種牡馬)という字面だけ見れば、高速決着には向かない血統だが、圧倒的なスピードですでに2勝を挙げている。期待は大きい。
ファンの評価も高く、期待されている。
グリーンチャンネルでも注目馬として紹介されていたようです。
大物感は確かにあるかも!?

2013年に2歳デビューしたお姉ちゃんはすでに2勝している!

POGで勝つには兄弟が勝ち上がっている馬を狙いたい。

アスコルティ プロフィール
新馬戦の勝ちっぷりに、大物感アリ!

これは妹のタッチングスピーチも期待できそう!


父は特に牝馬クラシックに活躍馬を送り続けているディープインパクト。そして、母は欧州で活躍したリッスン。血統面、馬体面がともに評価が高く、ディープインパクト産駒牝馬で筆頭格になりそうな一頭と言ってもいいだろう。そして、牝馬三冠を達成したジェンティルドンナとも共通点が多く、同様の活躍を期待してしまう。楽しみな牝馬の一頭である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line