TOP > 競走馬 > 「ストロングタイタン」夏が合う!暑いほうが整う【小倉記念】
競走馬

「ストロングタイタン」夏が合う!暑いほうが整う【小倉記念】

小倉でデビュー戦を勝利したが、その後2戦は未勝利。8ヶ月の休養明けから急激に成長し、3連勝でオープンクラス入りし今年の初めには中山金杯に挑戦し2番人気に支持された程の活躍ぶりを見せた。しかし、賞金加算出来ず降級したが、降級初戦をモノにし見事オープンクラスに返り咲いたストロングタイタンについてまとめてみた。
馬キュレ

【中山金杯】苦しい競馬を強いられ人気に応えられず...

連勝の勢いを買われて2番人気に支持される。揃ったスタートから先行集団を前に見るように5番手を追走。勝負所で押していくが、外に持ち出せないまま直線コースでも馬群に押し込められてしまい、追えずじまいで9着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 川田騎手(ストロングタイタン=9着)「遅くない流れの中で早めに来られて苦しくなった。これがいい経験になってくれれば」

【小倉大賞典】1番人気に応えられず...

前半は先行集団を前を見るように内目の6,7番手をキープ。勝負所ではいい感じで上がっていったが、4コーナー手前で勢いを殺される不利で直線へ。馬群を縫って追いすがるも気持ちよく逃げるマルターズアポジーを捕まえることは出来なかった。
動画を見る
inyofu 北村友騎手(ストロングタイタン=5着)「勝負どころをスムーズに回って来られませんでした」

【マレーシアC】オープンに返り咲き!

道中は好位の外3,4番手を進み、いつでも動ける体制を取る。前2頭が飛ばす展開になったが、必要に追い掛ける訳でもなく残り200mで先頭に立つと、ストーンウェアとの叩き合いを制して勝利した。
動画を見る
inyofu 1着 ストロングタイタン(川田将雅騎手) 「上手なレースをしてくれました。能力も上ですからね。直線は着差を詰められましたが、落鉄していましたからね。とにかく勝ち上がってくれて良かったです」

【小倉記念】追い切り ゴール前の伸びは秀逸!

inyofu ストロングタイタンは主戦・川田を背に坂路で単走。前半はゆったりと進み、中間地点過ぎからスムーズに加速していく。最後に鞍上が少し気合をつけた程度ながら、ゴール前の伸びは秀逸。ラスト11・9秒(4ハロン53・6秒)で急勾配を登りきった。
inyofu 川田騎手「前走(マレーシアC=1着)は道中の手応えほど伸びなかったが、落鉄していた。原因ははっきりしています。間隔もそれほど空いていないので強い稽古をしたわけではないが、すごくいい状態なのは感じます。いろいろな面が整うので、この季節が合うようですね」

近走で上位人気に支持されていた馬が優勢

inyofu 過去10年の出走馬について、過去3走以内の最高単勝人気別に成績をまとめると、最高単勝人気「1~4番人気」の各組は連対率が20%以上になっている。一方、「5番人気以下」の各組は同7%未満にとどまっており、「4番人気」と「5番人気」の間に好走率で大きな隔たりがある。過去3走で単勝4番人気以内に支持された経験があるかどうかが一つのポイントと言えそうだ。

小倉コースは4戦3勝と大得意にしている舞台である。2度の重賞挑戦は人気に応えることは出来なかったが、勝負所での不運により引き起こされたものであり、これが実力ではない。スムーズに行けば重賞は通過点、その先の秋のGIで大活躍できる器を持っているので、今回のパフォーマンスに期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line