TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~小倉編~【2017年8月5日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~小倉編~【2017年8月5日版】

抱きしめて!ミスターP
【新連載】新たな書き手を迎え新しいミスターPが始まります!

三度目の、はじめまして。
札幌と新潟に続いて、今回からミスタープロスペクター系のコラムを担当する【柳田】です。

ちなみに札幌編で書いた自己紹介にスペシャルウィークが好きと書いた。
99年の秋の天皇賞。前走凡走のスペシャルウィークが大外一気で復活。あの末脚に興奮した記憶は鮮明に残る。

しかし、馬券予想をする上で「後方一気の馬」はリスクが大きい。「好位抜け出し」こそ王道だと思う。
小倉からは王道の競馬をしてきた馬を狙う。

ところで「うまキュレ」の運営会社はスペシャルウィークの調教師だった白井寿昭先生のオフィシャルサイトも運営。その中で先生は種牡馬マンハッタンカフェについて興味深いことを書いていた。まだの人は読むといいと思う。

さて、小倉で狙うは、そのマンハッタンカフェを母父に持つサウスザスナイパー(10R・指宿特別)。

サウスザスナイパーの父はミスタープロスペクター系のサウスヴィグラス。その父エンドスウィープはアドマイヤムーンやスイープトウショウなど芝の大物も出した。

ただ、そもそもフォーティナイナー系はダートに強いミスタープロスペクター系の王道イメージ。

そして、サウスヴィグラスがダート短距離で大活躍した要因。それは父に加え、母父に北米のダート短距離で活躍したスタードナスクラ。この血がサウスヴィグラスに父プラスαのスピードを与えた。

今回、サウスザスナイパーに注目する理由。
それは父サウスヴィグラスに加え、サウスザスナイパーの母系にもスタードナスクラの血が入っていること。同馬の3×4のクロス。サウスヴィグラスの成功パターンを、父にサウスヴィグラスを迎える形でスタードナスクラの影響を濃くしているようにみえる血統背景。そこに興味を持った。

ちなみに、サウスザスナイパーは、母母父もミスタープロスペクター系のジェイドロバリー。母父もダートGI馬のグレープブランデーを出したマンハッタンカフェ。ダート向きの血脈が大量に詰め込まれている。

サウスザスナイパーを軸に馬連流し。
相手は、④サウスオブボーダー、⑥ムイトオブリガード、⑦ミザイ、⑪スズカフューラー、⑫ラインフィール。

各2万

初回なので、3場とも当たってほしい。


抱きしめて!ミスターP~新潟編~
抱きしめて!ミスターP~札幌編~

白井寿昭オフィシャルサイト



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line