TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~小倉編~【2017年8月6日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~小倉編~【2017年8月6日版】

抱きしめて!ミスターP
小倉に気になるレースがある。

日曜は新潟で3歳ダート重賞のレパードS。エピカリス、ハルクンノテソーロ、タガノディグオなど。現在の3歳ダートの一線級が揃う。

しかし、小倉10Rの天草特別も注目だろう。
古馬も出走するダ1700mだが、アディラート、シロニイ、ダンサクドゥーロ、ハイパーノヴァなど、今後の活躍が見込まれる3歳馬も多数出走する。

なかでも、アディラート、シロニイはレパードSに出走しても人気になったと思う。

アディラートは、キングマンボ系のルーラーシップが父。母父マンハッタンカフェ、母母父ストームキャット。ルーラーシップはエアグルーヴの仔だが、父キングカメハメハはダートも対応可能な種牡馬。マンハッタンカフェはダートGI馬のグレープブランデーを出した。ストームキャットは言わずもがな北米の一流種牡馬。特に母系はダートで走りそうな血が詰まっている。

シロニイは、父キングマンボ、母父サンデーサイレンス。どちらもあらゆるタイプの産駒を輩出する説明不要の大種牡馬。母母父トップサイダーは北米出身の快速ダート馬。産駒のアサティスからはウイングアロー、スマートボーイ、ボンネビルレコードなどダートの活躍馬が多数。また、同じく産駒のデュラブからはトーシンブリザード、シンコウウインディなど、こちらもダートの活躍馬が多数出ている。さらに3代母の父はサウスヴィグラスの母父でもある北米チャンピオンスプリンターのスタードナスクラ。母系はダート大歓迎の血がズラリ。

どちらもダートなら強いと思うが、白毛の見た目で過剰に人気するシロニイより、実力通りの人気になりそうな①アディラートを軸に馬連流し。

相手は、④シロニイ、⑥タガノアンピール、⑧ダンサクドゥーロ、⑨ヒルノデンハーグ、⑩ハイパーノヴァ。

各2万


抱きしめて!ミスターP~新潟編~
抱きしめて!ミスターP~札幌編~



◆【競馬のカリスマ】OPEN!◆
karisuma


無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line