TOP > エンタメ・雑学 > 歴史ゲームだけじゃない!コーエーが誇る競馬ゲーム
エンタメ・雑学

歴史ゲームだけじゃない!コーエーが誇る競馬ゲーム

コーエー(現・コーエーテクモゲームス)が作るゲームといえば、三國志や戦国無双を思い浮かべる方が多いだろう。
しかし、コーエーから数々の名作競馬ゲームが発売されていることをあなたはご存じだろうか?
今回は、コーエー競馬ゲームの数々をご紹介。
騎馬

オーナーブリーダーとなって競馬界の人々と交流!『ウイニングポスト』

inyofu ゲームの特徴はゲームを通じて知り合うホースマンや知人との交流に重点をおいている点、競走馬の調教に直接関与しないことを基本とする点、時の流れの概念により種牡馬やホースマンがプレイ中に随時引退・デビューする点などにある。
inyofu 優秀な競走馬を所有して馬主・生産者としての名声を得ることが最大の目標とされる。そのために優秀な競走馬の生産や購買に努めることになる。なおゲームクリアの概念は一応存在するものの、実質的にはゲーム内イベントのひとつに過ぎず、ゲーム内において必ず達成しなければならない目標は存在しない。したがってプレイヤーは自由なスタイルのプレイを楽しむことができ、『2』を除きプレーヤーが望む限り際限なく(厳密には西暦9999年まで)プレイすることが可能である。

立体的に描かれた競走馬の動きにも注目してみよう!

ユニコーンにも騎乗出来る!?『ジーワンジョッキー』

inyofu ストーリーモードでは競走馬に騎乗して勝ち星を積み重ね、1年目は新人賞を目指し、その後は騎手大賞を目指す。『ジーワンジョッキー4』(以下『4』)では、新馬育成モードや騎手ランクイベント等が発生する。ゲームの終了条件は設定されておらず、いつまでもプレイすることが可能となっている。
inyofu 実在の競走馬のみならず『三国志』に登場した赤兎馬「セキトバ」、的盧「テキロ」(唯一の障害馬)や『北斗の拳』の黒王号を思わせる「コクリュウオウ」、『さんまのナンでもダービー』に登場した「ナリタブラリアン」の他、アムール虎「アムール」、シマウマの「サバンナ」、空想上の生き物「インブリウム」、古代ギリシアの昔から伝承されてきた空想上の生物「ユニコ」なども条件を満たす事で騎乗できる。

Wiiバージョンでは白熱の二人対戦プレイも出来る!盛り上がること間違いなし!

ジーワンジョッキーとギャロップレーサーが奇跡の合体『Champion Jockey』

inyofu 世界へ羽ばたけ!ストーリーモード! プレイヤーはジョッキーとしてデビューした後は、騎乗依頼をこなしながら勝利数を上げていき、№1ジョッキーを目指します。途中、移籍システムを使い日本、欧州どちらの騎手生活も体験することが可能。また、レースで活躍し、馬主や調教師の信頼を得ることで自ら馬を育成することもできます。
inyofu 騎乗スタイルを自由に選べる!ライドセレクトシステム 操作方法は馬の個性を際立たせるアビリティや、派手な演出でレースを盛り上げるカジュアル志向の「GRスタイル」とリアルな騎手動作を再現した本格志向の「GIJスタイル」、そして操作難易度や演出を自由に組み合わせることができる「Customスタイル」の3つの騎乗スタイルを搭載。

今度のテーマは調教師『ホースブレーカー』

inyofu リアリティあふれる調教を再現 これまでの競馬SLGでは一要素にすぎなかった調教を、よりリアルに再現。馬の個性や体調を把握して、1頭1頭の馬の調教方針を決めていく──。
inyofu 調教師のすべてを体験 馬主、調教師、生産者、厩務員....微妙なバランスの上に成り立っている人間関係を、調教師の立場で体験。
1頭1頭の馬を細かく管理、調教できるので、じっくり型のプレイヤーにオススメ!

コーエーテクモゲームスの競馬ゲームでは、データ相互交換が可能である点がセールスポイントの一つである。
例えば『ウイニングポストシリーズ』や『ホースブレーカー』で育てた所有馬を『ジーワンジョッキー』で登場させ、
騎乗することができたり、『ジーワンジョッキー』で育てたプレイヤー騎手を『ウイニングポストシリーズ』で
登場させることができる。
あなたもコーエーテクモゲームスが作り出した、もうひとつの競馬界に身を投じてみてはいかがだろうか?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line