TOP > 予想/馬券 > 【第22回エルムステークス】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第22回エルムステークス】最終追い切り情報&タイムまとめ

2017年8月13日(日)に行われる札幌競馬場のメインレース【第22回エルムステークス】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 テイエムジンソク

inyofu 角馬場からダートコースに出ると、5ハロンからじわりと加速。直線を向いて右ステッキがビシビシと入り、鋭く加速してフィニッシュした。65秒9-12秒3。 馬から降りた武英技術調教師は「順調ですね。しまいはしっかりやった。やれたということは、いいと思ってもらっていいです」と満足そう。そして「前走(マリーンS=1着)は15-15の追い切りで、無理やり半分で使ったところがある。仕上げは今回の方がいい。断然きっちりできた」

ピオネロ

inyofu ピオネロは、ダートコースで単走。気合乗り満点で6ハロン81秒4、最後も一杯に追われて1ハロン12秒2の好反応を見せた。大渡助手は「ブリンカーを着けたことで、レースが近いことが分かったみたい。戦闘モードに入りました」と笑顔。

ロンドンタウン

inyofu ロンドンタウンは、函館Wコースで5F64秒9。見習い騎手を背に最後までビッシリ追った。牧田師は「いい動き」と満足げ。前走は崩れたが「疲れがたまっていたのかも。リフレッシュして仕上がりはいい」と反撃に燃える。

モンドクラッセ

inyofu モンドクラッセは9日、函館Wを5F70秒4-40秒9-13秒7で楽走。静かに最終リハを終えた。「6日に強いケイコ(同68秒5)を済ませている。きょうは調整程度。いい意味でいつも通りですよ」と末武助手は笑顔で好仕上がりを約束した。

コスモカナディアン

inyofu コスモカナディアンは丹内を背に函館Wコースでサクラアンプルール(6歳オープン)と意欲的な併せ馬。最後は先行した実力馬に届かなかったが、無理せず余力残しの手応えでフィニッシュした。 鞍上は「時計も出ているし、この馬なりに動いている。調子は良さそう」

ドリームキラリ

inyofu 1年ぶりに復帰する三浦騎手が、ドリームキラリの追い切りに騎乗した。ダートコースで同じエルムSに出走するリーゼントロックと併せ馬。直線は外に持ち出すと、5ハロン68秒6-12秒2を馬なりでマークして併入したが、一杯の相手に手応えで上回っていた。  三浦騎手は「この時期はいつも札幌にいたので、しっくりきますね」

その他出走馬追って一言

inyofu ◆サングラス・安藤助手 「精神面が大人になってきたし、久々でも力を出せそう」

◆タマモホルン・小久保師 「ちょうどよく仕上がっている。自分のレースができれば存在感を示していい」

◆ヨヨギマック・大林助手 「使って良くなる馬で、2度使って上昇。うまく流れに乗れば」

◆リッカルド・黛騎手 「動きは良かったし、前走よりいい状態。連覇を狙いたい」

◆リーゼントロック・高柳大師 「先週、札幌に来て順調。馬体も前走ぐらいで出られそう」

最終追い切りタイム一覧

inyofu オヤコダカ 牡5 56 石川倭 06日門別良:39.9-26.4-13.2:

クリノスターオー 牡7 56 幸英明       軽め

コスモカナディアン 牡4 56 *丹内祐次 09日函W重:66.7-53.0-39.0-12.7:強め

ショウナンアポロン 牡7 56 *横山和生 10日札ダ稍:69.4-53.5-38.3-12.1:馬也

タマモホルン 牡6 56 左海誠二       軽め

テイエムジンソク 牡5 56 古川吉洋 09日札ダ良:65.9-51.5-37.6-12.3:一杯

ドリームキラリ 牡5 56 *三浦皇成 09日札ダ良:68.6-53.4-39.5-12.2:馬也

ピオネロ 牡6 56 *ルメール 09日札ダ良:81.4-66.0-52.2-38.9-12.2:一杯

メイショウスミトモ 牡6 56 *四位洋文 10日函W重:71.6-54.9-40.2-12.3:強め

モンドクラッセ 牡6 56 *勝浦正樹 09日函W重:70.4-55.6-40.9-13.7:馬也

ラインハート 牝6 54 丸山元気 10日函W重:71.5-54.6-40.1-12.6:馬也

リーゼントロック 牡6 56 *坂井瑠星 09日札ダ良:68.4-53.2-39.3-12.2:一杯

リッカルド セ6 57 黛弘人 09日札ダ良:70.1-53.5-39.3-12.2:馬也

ロンドンタウン 牡4 57 *岩田康誠 09日函W重:64.9-51.3-38.1-12.6:一杯

最終追い切り映像

動画を見る

うまキュレが選ぶオススメ好調馬

◎テイエムジンソク
 ロンドンタウン
 モンドクラッセ
 ピオネロ

特にテイエムジンソクは2走前から北海道に滞在。今回は函館で2本追って、一週前は札幌に来て追い切り。最終もビッシリ追ったにもかかわらず疲れを感じさせない仕上がりで人気でも逆らわない方が良さそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line