TOP > 騎手 > ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)まとめ【金沢戦】
騎手

ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)まとめ【金沢戦】

2017年に新設されたヤングジョッキーズシリーズ(YJS)のトライアルラウンドが4月26日(水)から始まった。年末の12月27日(水)に大井競馬場、28日(木)に中山競馬場で開催されるファイナルラウンド出場に向けて、JRAと地方競馬の若手騎手たちがしのぎを削っている。
今回は8月22日(火)に金沢競馬場で開催されるトライアルラウンドで騎乗する騎手についてまとめてみた。
馬キュレ
※ヤングジョッキーズシリーズとは?こちら

騎手ランキング&騎乗スケジュール【西日本地区】

2017年8月22日(火)の金沢戦では、西日本地区の若手騎手たちが勝敗を競い合う。今回、YJSトライアルにおいて金沢戦が最後の騎乗予定である騎手が7名おり(地方:渡邊竜也、栗原大河、塚本雄大)(JRA:荻野極、小崎綾也、富田暁、加藤祥太)、この7名は金沢戦で個人の成績(合計獲得ポイント)が確定する。

◆騎手ランキング&騎乗スケジュール【西日本地区】
馬キュレ
馬キュレ
この中からファイナルラウンドに出場できるのは、地方・西日本地区の上位3名と、JRAの最上位1名、JRAの最上位をのぞいたJRA・西日本地区の上位3名。

2017年8月22日(火)騎乗騎手【地方 西日本地区】

◆地方 西日本地区1位 (8/15盛岡戦終了時点)
渡邊 竜也(わたなべ たつや)2017年デビュー 笠松
たくさん乗って上手くなりたい!騎乗数を求めて笠松に所属。

◆地方 西日本地区2位 (8/15盛岡戦終了時点)
加藤 聡一(かとう そういち)2016年デビュー 愛知 (左)
日本プロスポーツ大賞新人賞、NARグランプリ2016優秀新人騎手賞をダブル受賞
2017年8月15日 (火)に「くろゆり賞」7番人気で重賞初制覇!

◆地方 西日本地区3位 (8/15盛岡戦終了時点)
栗原 大河(くりはら たいが)2015年デビュー 金沢
2017年8月1日(火)に「MRO金賞」9番人気で重賞初制覇!

◆地方 西日本地区6位 (8/15盛岡戦終了時点)
山口 以和(やまぐち もちかず)2015年デビュー 佐賀
新人がいなかった佐賀競馬でデビュー、初勝利は同期の中で一番乗り。

◆地方 西日本地区7位 (8/15盛岡戦終了時点)
塚本 雄大(つかもと ゆうだい)2015年デビュー 高知 (左)
アピールポイント「ゲートには自信があるので、前々からの競馬にこだわって乗っていきます。」

◆地方 西日本地区 (8/15盛岡戦終了時点)
9位:永井 孝典(ながい たかのり)2017年デビュー 兵庫(右)
10位:長谷部 駿弥(はせべ じゅんや)2017年デビュー 兵庫(左)
負傷療養中の柴田勇真騎手に替わって騎乗することになった新人騎手2人。ここでポイントを稼いでランキングを上げたいところ。

2017年8月22日(火)騎乗騎手【JRA 西日本地区(JRA栗東所属)】

◆JRA 西日本地区位 (8/15盛岡戦終了時点)
岩崎 翼(いわさき つばさ)2013年デビュー
叔父に和田竜二騎手を持つ競馬一家に育ったサラブレッド。

◆JRA 西日本地区位 (8/15盛岡戦終了時点)
荻野 極(おぎの きわむ)2016年デビュー
下準備を怠らず、東京、京都、福島ではコース初騎乗日に勝利を挙げる。

◆JRA 西日本地区位 (8/15盛岡戦終了時点)
小崎 綾也(こざき りょうや)2014年デビュー
オーストラリアへ長期武者修行に、8月24日渡航予定。

◆JRA 西日本地区位 (8/15盛岡戦終了時点)
富田 暁(とみた あかつき)2017年デビュー
「5年以内にはGIタイトルが欲しい」。座右の銘は「不自由を常と思えば不足なし」。

◆JRA 西日本地区位 (8/15盛岡戦終了時点)
坂井 瑠星(さかい りゅうせい)2016年デビュー
大井の坂井英光騎手の長男、2016年度「関西所属騎手新人賞」受賞

◆JRA 西日本地区10位 (8/15盛岡戦終了時点)
加藤 祥太(かとう しょうた)2015年デビュー
2015年度「関西所属騎手新人賞」受賞

YJSトライアルラウンド・リポート動画【西日本地区】

◆2017年7月17日(祝月)【佐賀戦】
※関連記事:ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)まとめ【佐賀戦】

◆2017年6月8日(木)【名古屋戦】
※関連記事:ヤングジョッキーズシリーズ(YJS)まとめ【名古屋戦】

◆2017年5月10日(水)【笠松戦】

◆2017年5月10日(水)【高知戦】


シリーズも終盤に差し掛かり、先週の盛岡戦では北海道・岩手ブロックから岩手の鈴木祐騎手のファイナルラウンド進出が決まった。今回の金沢戦では7名の騎手の成績(合計獲得ポイント)が確定する。YJSトライアルラウンド最後の騎乗となる騎手はここで何としても結果を残したいところ。
地方の西日本地区で現在トップにいるのは今年デビューした渡邊竜也騎手で、金沢戦が最後の騎乗予定。このまま新人騎手が順調にファイナルラウンド進出権を獲得するのか、先輩たちが意地を見せるのか、注目したい一戦だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line