TOP > 予想/馬券 > 【関屋記念】今週も新潟は大荒れ!?高配当の使者はこの馬だ!
予想/馬券

【関屋記念】今週も新潟は大荒れ!?高配当の使者はこの馬だ!

過去5年で4回は6番人気以下の伏兵が馬券に絡んでいる関屋記念。上位人気だけでは決まらない難解な重賞だが、果たして今年の結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

若い馬が活躍!

過去5年、3,4歳馬は複勝率40%・複勝回収率116%と好成績。比較的若い馬に注目したい。
4歳馬マイネルハニー。先行力を生かすタイプの馬だが、コーナー4つのコースでは(0,2,0,6)なのに対し、ワンターンのコースでは(3,1,2,1)と抜群の成績を残している。福島1800メートルから新潟1600メートルのコース替わりは魅力的で、距離さえこなせれば一発期待できる存在だ。

中京記念で負けた馬が巻き返す!?

過去5年、前走中京記念から好走した5頭は全て5着以下から巻き返した馬だった。同じ左回りのマイル戦だが関連性は低く、前走の着順が悪くても気にせず狙っていきたい。
前走の中京記念で5着のダノンリバティ。昨年も中京記念は5着だったが、次走の関屋記念では7番人気で2着に好走している。2走前の谷川岳Sではタイム差なしの2着に入っており、新潟コースは(1,2,0,0)と相性がいい。今年も好走を期待したい。

オープン特別、重賞実績が必要!

過去5年の3着以内馬15頭中13頭は、同年にJRAのオープン特別か重賞で連対経験のある馬だった。今年も該当馬は積極的に狙っていきたい。
2走前のマーガレットSを勝ち、次走のNHKマイルカップでは16番人気ながら5着に好走したオールザゴー。メンバー唯一の3歳馬だが、斤量53キロなら古馬相手のG3でも通用してもおかしくない。

先週のレパードSでは断然の1番人気だったエピカリスが3着に敗れ、3連単の配当は80万オーバー。芝とダートの違いはあるが、今週も新潟の重賞は波乱の結末が待ち受けてるかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line